海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

’17年3月に、栃木県高体連登山部主催の登山講習会で、雪崩事故が発生。
県下の各校から教諭・生徒51人が参加し、歩行訓練中に雪崩が発生した。
生徒7名・教諭1名の8名が死亡、怪我人40名の事故だった。

宇都宮地裁が5月30日に、3被告に禁錮2年の判決を下した。
詳しい経緯は⇒
那須雪崩事故・判決・禁錮2年
img_3176f7426939e56149f9156e25559805288097
小生は、民事訴訟での県・高体連の敗北から、当然3被告は控訴しないものと思っていた。

だが今月12日に、当時講習会長だった猪瀬修一・副会長の菅又久雄・渡辺浩典の3被告が、
地裁の判決を不服として、東京高裁に控訴した。

何と恥晒しな・・・無罪だと主張したいらしい・・・
刑事事件で有罪確定なら、教諭は“即 解雇・退職金パー”なので、必死の様だ・・・

高裁で、無罪に為ると思ってるのか? 呆れてしまう~
仮に高裁で執行猶予が付いても、
教諭は“即 解雇・退職金パー”は変わらない。
“務所”に入るか? 入らずに済むか? だけの違いだ・・・それ程のプライドか?

過失を認め・遺族に謝罪・慰霊祭に参加してたら、懲役+執行猶予に為ったものを・・・

ただに裁判を長引かせて、遺族の感情を逆撫でするだけだ。
遺族とて、刑に服せば、感情が修まる とも思えないのだが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな関連記事を見つけた。

栃木県高体連、登山専門部が活動休止 指導教員減で継続困難 那須雪崩事故後に業務限定

4/23 11:30

栃木県教育委員会が入るビル

 栃木県高校体育連盟(高体連)登山専門部が活動を休止していることが22日までに、同連盟への取材で分かった。休止は今月からで、部員の減少や専門性を有する教員の不足などが要因。大田原高山岳部の生徒7人と教諭1人が死亡した2017年3月の那須雪崩事故後、登山専門部は21年に県高体連主催の登山大会を開催しないことにし、全国大会などへの出場校選考などに業務を限定。今後は県高体連事務局が役割を引き継ぎ、部活動に影響はないという。

県高体連によると、登山部のある県内高校は23年度に5校となり、17年度の22校から大きく減少した。
当然です。親も子も、事故が有っても責任逃れする様な奴等からは、指導されたい等と思う訳が無い。
少子化や部活動の統合などの影響とみており
少子化は今に始まった事で無し。姑息な大人の世界を見てしまったからでは?
「雪崩事故が影響したかは不明」としている。併せて、登山の専門知識を持つ教員の不足も深刻化。専門部の運営を登山部顧問だけではできず、元顧問の教員がサポートするなどして組織を維持してきたという。

 23年度の登山専門部長、新井聡(あらいさとし)石橋高校長は「持続的な運営が難しいと判断した。部活動は各学校で引き続き実施される」と説明する。
山岳部の部活は、各校の責任でやれ、高体連としては関知せず。
そう聞こえますが・・・なら、【登山専門部】為る大層な名の組織を解散しては?

その上で「専門部としての活動は休止しても、那須雪崩事故の教訓を忘れずに関係者一人一人が安全対策に取り組む」と述べた。

 雪崩事故の起きた登山講習会は、県高体連が主催し、登山専門部が主管していた。事故を受け登山専門部は21年7月、安全に配慮した運営が困難になりつつあるとして、県高体連主催の大会や山に入る講習会を実施しないと発表。その後は上位大会への出場を希望する高校の選考や、顧問同士の情報共有の場づくりなどを担ってきた。
国体予選を兼ねた県体登山に【少年の部】は無く為った様だが、
国体に出たいと言う高校は、山での実力判定では無く、“談合”で決めると言う、
ある意味素晴らしい組織だ・・・
 登山専門部の業務を引き継ぐ県高体連の担当者は「二度と事故が起きないよう、使命感を持って当たる」と話した。県教委は休止について「部活動の安全性が損なわれることはないと考えている」との認識を示した。

正に、“羮に懲りて膾を吹く”の図であり、更に“臭いものに蓋”か・・・

6月11日
去年の10月に、小学校卒業以来、63年振りの同級会が有った。
50人中、所在不明20人・物故者6人・案内送付24人・参加11人。

月初にA嬢から電話が来た。
群馬に居るY嬢の母が、施設に入る事に為ったので、会いに来ると言う。
来た次いでに、来れる人と会いたいと。A嬢の予定は10日に来て、12日に帰ると。
一番遠い、俺の都合に合わせるとの話しだ。

10日は母親と会うだろうから、11日の昼頃からならOKと返事をした。


その経緯は、100歳の母が1人暮らしをしてて、風呂で倒れてたのを、翌朝兄が発見。
1人暮らしはさせられないと、施設に入れる事に為ったと・・・
兄は、敷地内に家を建ているが、嫁と母の確執が有ったらしい・・・
家を出たY嬢としては、この決定に文句を言えないと言う・・・

その後 11日の3時に、ガストに集合と連絡が来た。
その中で・・・なぜか? 先生に花束を贈る話だ・・・10日に花屋が届ける事に為ってると。
11日に皆が会うのでと、声を掛けたが、当日は都合が付かないと言われたらしい。
去年の同級会の時は、残暑で弱ってるので、参加出来ないとの話だった。

さて、当日。
ガスト目指して走ってると・・・A嬢から、今何処?と。
後10分位で着くと言うと、M嬢の家に寄って乗せ、H銀I支店のPに集合との事だ・・・
訳の判らない話だが・・・M嬢宅へ・・・妖麗な未亡人がサングラス姿で立ってた。
M嬢曰く、先生の家に行くのだと言う。
前に
A嬢の知らせでは、花束を贈るだけ、家には行かない言ってたのに・・・
H銀I支店の場所は知ってるが、家は知らないと言う。

Pに着いたが、それらしい人影無し。5分待つが誰も来ず・・・
M嬢がA嬢に電話。
既に、先生宅に上がり込んでるから、直ぐに来て・・・家が判らないから迎に来いと。

家の前に葡萄棚、車も有る。
T男・M男・Y嬢・F嬢・T嬢が居た。それに
A嬢・M嬢・俺が加わり8人。
奥様が、突然の客にウロウロしてる・・・
T男が、先生は96歳で我々より22上だと言う。歳が合わぬではないか・・・我ら74か?
去年の同級会では、先生は93歳だと言ってた・・・T男、お前は“斑ボケ”か?

今回の段取りも、一転二転。A嬢が連絡係りで、
T男が独断で仕切ってるらしい・・・
A嬢には、花は了解だが、迷惑が掛かるから、家には寄るな!と釘を刺してた。
このT男、同級にそんな奴が居たのか? 全く記憶に無いのだ・・・

先生曰く、車で近所のスーパーに買い物に行くし、100km走って鮎釣にも行ってると。
今年の夏も、鮎釣りがしたいと言う。皆 車は危ないし・川に流されると・・・

立って歩く姿は、96歳?93歳?とは思えず、矍鑠としていた。
ただ耳が遠く為って、低音が聞き難いと・・男の声が聞こえ難く、隣でT男が復唱する。
小1時間居て、帰る段に・・熨斗袋を取り出し、御礼・伊東 ◯と達筆に書き万札を入れる。
4000円の花束で、超高齢者から1万円を搾取、お宅の前で奥様も入り記念撮影。

いざ、ガストに・・・タブレットでの注文に、皆さんウロウロ・・・76.77歳だもの。
ネェちゃん呼んで、操作して貰い大騒ぎでした~ 支払いは、搾取した1万円で。
余りは、今後の通信費に・・・

去年参加の元公安は、奥方の乳癌治療の為に不参加。
去年の夏の集中豪雨で、家が浸水して参加出来なかった
T嬢が来てた。
近所に住んでたと言うが・・・家の記憶は有るが、T嬢の事は全く思い出せない・・・

小学校から中学へは、学区が2分され、約半数が東中・山王中と別れた・・・
箱入り娘の
M嬢は、カトリック系の中高短大の一貫校に・・・
小学時代の話が一通り終わり、中学の話へ。

中間・期末テストの成績発表の話題に。
当時の東中は、9科目合計が700点以上の、点数・氏名が張り出されたと・・・
エッ! 山王中は、1番からゲッパ(ビリ)まで約1000人分の点数・氏名が張り出されたと。
常に100番以内に入れれば、秋田高間違い無しと言われてたが・・120辺りをウロウロ。
入る墓場も、競争と言われてた頃だ・・・
山王中は、3小学校と我ら半数で、
1クラス60人で18組まで有った事、
1.2年時の日帰り旅行は、バス18台の前後をパトカーに先導され、
トイレ休憩以外はサイレン鳴らして、信号もノンストップで目的地に行った話等・・・


M男が、車から紙袋を持って来た・・・
H男が、死ぬ間際のこの春に、次回皆と会ったら、渡して欲しいと、
趣味で集めた陶器を出した・・・県内の窯元。
好きなのを、思い出に貰って欲しいと言う・・・
M男が、余ったのはお前が持って行けと。
2024_06130001
H男だが、去年は抗癌剤治療中で、来たかったが、来れなかったのだ・・・
俺とM男・H男は、同じ高校に進み、M男・H男は秋田大⇒教師。
M男・H男は、同じ町内に家を建て交流してたが、そのうちに別宅に住む様に為ったと。
退職後は、巨人・阪神を後楽園に見に行くのが、唯一の楽しみだったと言う。
好きな物は、“巨人・大鵬・卵焼き”の世代のハシリだ。
思えば、子供の頃から野球が好きで、本革のPitcher globeを大切にしてた彼だ。

M男に、何で別宅?と聞く「エ(家)さ、いでぐねどぎ(居たくない時)有るべ」
「俺も、家庭内別居ダ」と、声を荒げた・・・教師の退職後に、多いと言う。

M男とは小中高と一緒で、彼は中高でブラバン・Trumpetを吹いてた。
音楽好きで、音楽教師に・・今は、Classicに嵌ってると言う。家で聴くと嫁が煩いので、
父母が住んでたMansionで、大音量で聴いていると・・・
「飯、どうしてる?」「コンビニ、アッチャコッチャ(彼方此方に)有るベ」

これからの話しで、盛り上がる。墓終い・土地家屋の行方・・・等々・・・
団塊の世代の、成れの果てだ・・・

夕方6時に為ると、
T男が此処でも仕切る。これから飲みに行くが参加者は?
飲む奴は3000円・飲まない奴は2500円だと言う。6時半から頼んでると。

M嬢の話だと、その飲み屋は、カトリック時代の同級生の店で、段取りは
M嬢がしたと。
繁華街川反の店に、8人全員が行く事に為った・・・
ピールで乾杯、旬の根曲竹と蕗の煮物が出る。帆立混ぜ御飯と味噌汁も・・・
スナックで和食が出るとは・・・料金も格安で、
M嬢の配慮に感謝。

M男は、30年前に3回心臓が逝かれて、ステントを入れたので、酒を止めたと。
煙草だけは、今だに止められ無いと言う。
病気の話に・・・乳癌2人・子宮癌1人・ラクナ脳梗塞3人。
皆さん、それぞれだ・・・シブトク生き延びてる。

T男が酔って、商人の子は商業高へ進学するのが普通だった・・・と、繰り返す。
文房具屋を継いで、畳んだと・・・同じ墓に入るのは嫌たと言われ、樹木葬にしたら、
親戚中から非難されたと・・・
当時の大学進学率は15~20%、ある意味俺達は、恵まれてたのかも・・・

10時を過ぎて・・・精算する事に、
T男が商業卒なのに、暗算が出来ぬのだ・・・

方向が同じなので、M嬢を送って行く事に為った・・・家の前に着くと・・・
「酔い醒ましに、お茶でも飲んで行く?」
「間違いが有ると、困るので・・・」と、退散した次第。

6月7日
Dragon eyeの開眼が気に為ってた・・・

6日に見物を予定してたが、前日の5日に、菜園と敷地の、他の植物に影響の無い処に、
除草剤を9L散布。一週間もすれば、効き目がが出るのだが・・・
野菜苗の脇に出た雑草は、抜けば済むのだが、スギナだけは抜いても、
地下茎が残り後日再生する。地下茎まで枯らすには、除草剤の濃度が濃くないと駄目。
それで昨日は、原液と同量の“水割り”を刷毛で、ヌリヌリ。“処刑”してました・・・
畝間を、探しながらなので大変だが、これが一番確実。

今日も下界は晴れ・・・八幡平に着くと、高曇り・・・岩手山の裾野に雲海。
2024_06070001 パノラマ写真

山靴を履き・・・登り口近くで、“峰桜”の大株が満開です。
花が無いと、ただのブッシュですが・・・こんな大株は珍しい、生え際が笹で見えぬが、
100年単位で生き延びてる株だと思う。良いものを見た感じ~
2024_06070003

さて、Dragon eye に着いた。
5月2日が、これ。
2日

5月26日が、これ。24日経っても、大して変化無し・・・
標高1600m、外気温が低いので、融雪が進まないものと思われる。
6277b381-s

そして、今日6月7日が、これ。黒い瞳がパッチリ。
2024_06070004 パノラマ写真
2024_06070005

ところが・・・上から見ると・・・この姿。目玉が寄ってる・・・
2024_06070007 パノラマ写真
Dragonと言うよりは・・・Fishの目だ・・・
4b21a6f3a58dd426b988d07754243f03_s
2018年に撮った、この方がDragonの目玉らしい・・・
342630343_1256613601611070_8983469295992185168_n

次の“眼鏡沼”は、両眼鏡に為ってるか? 右は解けて、“サングラス”に為ってた・・・
2024_06070010 パノラマ写真

左は・・・まだ解け切って無い・・・
2024_06070012 パノラマ写真

雪解け水が、滲み出てる・・・
2024_06070015

山頂に向かう。標柱に立て掛けたストックが80cm。
2024_06070016
樹氷見物の頃は、標柱の頭だけが出てる。
e55558d2

散策路に、“峰桜”。
2024_06070017
2024_06070018

野生種の“ドウダンツツジ”発見。花が咲いて無いと見逃す処だった・・・
挿木栽培して市販されてる物より、花は小振りで花数も疎らだ・・・
2024_06070019
我が家のドウダンツツジ。5月末まで咲いていた。
19bae5d9-s

“峰桜”UP(用語の使い間違い) この場合は zoom
と言うそうです。
2024_06070020
今日は高曇りだったが、微風と・ウグイスが彼方此方で鳴き、心地良い一日。
帰路の“蝦夷春蝉”の鳴き声は、煩い位だった・・・

おまけ 写真家の友人が、画像を編集して送ってくれた。
442669749_963687815238527_7934598555967125178_n

2018年5月21日に、栗城が没して以降、“(株)たお”(所謂 栗城事務所)を乗取った、小林幸子。一周忌・三回忌の情報を、その日にHPやFBで公開してのだが・・・
今日に為っても、七回忌の記載が無い・・・不思議だ。

去年、小林幸子が“栗城の思い出づくり”に、過去の動画を切り貼りした、映画製作を依頼。
詳細は、拙Blog⇒
下山家 栗城劇場  (42)の最後に記載。
小林幸子為る者は、当時
栗城事務所の事務員。
両手に凍傷を負った時に、下の世話までしたと言う。

没後、登記変更、代表兼小使いに納まる。
晩年、栗城は借金して山に行ったと言うが、負債を背負ってまで、やるか?と思ってたが、
映画を造る余力が有ったとは・・・もしや、興行収入を制作費に充てるつもりだったかも?
映画は既に完成してて、製作者&小林幸子も、公開予告してた。
七回忌に合わるものと、思ってたが・・・

七回忌の記載が無い・・・不思議の原因は?
①栗城家からの出禁。(実兄との確執)
②栗城に心酔してた、小林幸子に何かが有って、HPやFBの更新が出来ないのか・・・

6月5日
今日は一日、百姓業で頑張った。
頑張る訳は、八幡平のDragon eye が、開眼して黒目が◯
に為る直前。
この画像は、6月4日(昨日)の姿・・・
309s
右下が解けておらず、黒い瞳は後2.3日で完成かと・・・それを見に行く為に。

朝の風が出る前に、菜園・家の周りに除草剤散布。
原液100ccに展着剤を混ぜて、9L作って散布。一週間もすれば、結果が出る・・・

一休みして、黒松の“緑摘み”。
春から伸びた新芽が、長いもので20cmも・・・一本づつ鋏で5cm位にカット。
これが、とても疲れる。伸縮足場台を、移動させながらの作業。
2024_06050001
新芽も欠いて2本残して、Y字の枝に為る様に・・・何となく、それらしい姿に・・・

胡瓜苗から蔓が出始めた・・・蔓が捕まえられる様にネットを3間分張る。
2024_06050002
この畝には、ゴーヤの種も蒔いたが、芽が出たばかり。伸び次第、ネットを伸ばす予定。

予定の作業を終えて、妻用の苺の収穫。2日に一度、この程度が収穫出来る。
2024_06050003
俺は、菜園作業をしながら、大振り・完熟を、都度摘み喰いしてるので、余りは妻用。

今日(5日)のDragon eye 。4日と比べて、黒目の右下が広がった感じ・・・
310s
予定の百姓業も一段落なので、明日見に行く予定。天気予報も良いし・・・

6月4日
青空に映えるピンクが鈴生り、風に揺れる様が何とも~
2024_06040004

ノーザン系のBlueberry。2年生挿木苗を買って、4目の春。
茎葉の成長の為に硫安を、月に小匙1杯程度与えてたが、ワッチャ・ワッチャに繁茂。
2024_06040001

茎が横に伸び過ぎるので、雪吊りを真似て、斜め上に伸びる様に仕向ける。
春から伸びた柔らかい茎なのいので、夏頃迄には茎が固まり、いい樹形に為ると思う。
2024_06040002
来年から、本格的な収穫を始める。

5月30日
高校山岳部の、那須雪崩死亡事故から7年。
民事では決着が就いてたが、宇都宮地裁で、刑事の判決が今日出た。
3被告に対して、求刑 禁錮4年に対して、禁錮2年執行猶予無し
K10014465851_2405301436_0530152405_02_04
刑事では、禁錮刑と懲役刑が有る。
(禁錮は、“檻”の中で、3食喰って、日がな一日、ユックリ出来る。
 懲役は、刑務所内で働かされる・・・少しの労賃は貰えるが・・・)どっちが楽か?

判決のポイントは、
・地形や雪の状況から雪崩発生の危険を把握できた。
・安全な区域を限定し、周知するなどの措置を怠った。
・雪崩の確実な予測は困難だが、相当に重い不注意による人災。
被告らは事実を否認するなどしており、禁錮刑の執行を猶予する事情はない。
と、判断された。
3被告と弁護士は、無罪を主張。(弁護士の能力次第では、執行猶予が就いたかも?)
3被告共に、在宅だったので、丸っと2年間、美味いタダ飯を喰う事に為る。

3被告が、不服申立てをして、控訴も可能だが、後ろ盾の栃木県教委の教育長談を聞くと、
民事でも負けて慰謝料払ってるので、意気消沈か・・・

ゲスな気に為る点が有る・・・
公務員は、有罪が確定すると・・・即 解雇だったのでは・・・退職金パー。
2被告は現職だが、1被告は既に退職で元職・・・この辺はどう為るのかナァ・・・と。

1審で実刑を喰らった事は、GOODです。(8人も殺したのに、刑期が短い気がするが)
俺が許せないのは、この3人は教え子の弔問にも行かず、無罪を主張し続けてた事。
何が教育者だ!!! 笑ってしまう・・・2年間、美味い麦飯でも喰って、反省せー

過去の詳しい経緯を知りたい方は、
那須 高校生雪崩遭難事故顛末記 (19)を参照して下さい。
過去 猪瀬ら3人には、キツイ言い方をしています。
反論の有る方は、冬山の怖さを知った上で・・・

5月30日
早いもので、5月も終わりだ・・・

29日現在の Dragon eye 。黒目の部分が、一気に小汚く為ってる・・・
黒目が開く様なら、再度 見に行く予定です。
304s

Blueberryノーザンハイブッシュ系の2年苗を買って、4年目を迎えた。
2024_05300010
そろそろ、実を付けさせても良いのだが、実よりも木を太らせる方を優先。
実に養分がいくと、木が太れないそうです。将来の為に、木を太らせます。
だだ、枝葉がワッチャ・ワッチャに育ち、内向枝・交差枝が繁茂・・・
教本やNet動画には、その様な枝葉は、切れ! と書いてます。が、切って捨てたのでは、
折角育ったのに勿体無い・・・
切った枝を挿木にする事に・・・
上手く根付けは儲けもの、買えば500円以上です。

菜園用に買った、野菜苗の3号ポットに、鹿沼土・ピートモス半々を・・・
2024_05300001

ペットに入ってるのは、発根に効果の有る“二過鉄イオン水”。
俗に言う
発根を促す“メネデール”、買えば高価だが簡単に作れる。
目安、水1L+クエン酸6g(100均)+鉄(錆びた釘でも、鉄なら何でもOK)、
鉄が酸に反応して、泡が・・・ 10~20分で、緑色に・・・
“二過鉄イオン水”完成。
2024_05300002
100倍程度に薄めた水に、切った枝を1時間程度浸します。
二過鉄イオン水”を吸わせる事で、発根率が上がります。挿木全てに共通。
2024_05300003
2024_05300004
2024_05300005
次いでに、ツツジ科のドウダンツツジも、切って浸します。
Blueberryも同じツツジ科なので、酸性土壌が好みです。同じ用土で育てます。

これは普通の、ドウダンツツジだと思いますが・・・
2024_05300019

この赤い花の、ドウダンツツジの名前が判りません・・・
2024_05300018

更に、細葉のドウダンツツジも有りますが、これの名前も判らず・・・
2024_05300017
これを見て、判る方がいらっしゃいましたら、名前を教えて下さい。

葉からの水分蒸散を防ぐ為、葉をカットして用土にに挿します。
2024_05300011
初秋には、発根するでしょう~

親木のBlueberry、1cm程の実が付いてます。

2024_05300006

温州みかん 去年 実を生らせ過ぎたのか? 春からの育ちが悪く、主軸を切った。
硫安をやると・・・若芽が吹いて、今はこの状態。蕾は1つより付いて無い・・・
所謂 成り疲れと言う症状なのか・・・今年は、枝葉を茂らせる事に専念しよう。

2024_05300008

芍薬の白、殆んどまだ蕾だが・・・
2024_05300012
ピンクは、満開。
2024_05300015

牡丹も、満開。美人薄命と言うが、芍薬も牡丹も直ぐに散る。切り花は特に・・・
2024_05300016

トマト 桃太郎を植えたが・・・何か育ちが悪く、新規に購入。
2024_05300014
Home Centerでは298円だったが、JAの直売所では130円。この差は何・・・?

山スキーシーズンが終わった・・・登行用シールだが、梅雨の湿気と夏の暑さに弱い。
例年の如く、サイズ・毛並みの違う6本を、自室のビール用冷蔵庫に保管。

2024_05300009
このまま、11月末まで眠って貰う。低温+低湿度が、糊の持ちを良くするのだ・・・

5月28日
 Sea kayakで、男鹿半島を一周すると言う“御仁”のSupport役を、勝手に買って出た。
市民Adventureの安田順治君、敢えて“冒険家”とは呼ばぬ、その方が彼も痒くないだろう。

知った切っ掛けは、彼のBlogだ。確か? どうでもいい処で
Steigeisenを着けて居たのだ。
「こんな処で使う様なら、上達はしないゾ」と、書き込んだ記憶が有る。
以来Netでの繋がりだ・・・山岳スキーに転向する時、Dynafit社を勧める。

彼のCareerが凄すぎるので、少し紹介する。
落ち溢れの引き籠り
(兄は東大卒・建築家)が、植村直己・大場満郎の著書に感銘を受け、
30半ばから体を鍛え始める。
結果、2011年にフルマラソン・サブ4、100㌔マラソン・トライアスロンも。
遠征資金稼ぎの為に、ボロアパートに住み・月1万の食費。休日は日雇労働をする。
2014年 エルブルス(5642m)登頂
2015
年 タクラマカン砂漠自転車南北縦断1140km
2016年 カナダ テズリン川~ユーコン川 ドーソンまでカヌー下り 785km
2017年 イラン最高峰ダマバンド(5671m)山頂からスノーボード滑降
2018年 再度イランへ。ダマバンド(5671m)、ガードンクー(4400m)、
     アラームクー(4850m)の、 3山を山頂からスキー滑降
     (これは、デナリでのスキー滑降の為の訓練遠征。
      ボードからスキーに替えたのは、登行時ボードを背負うと風に煽られ、
     滑落の危険が有るから。)
2019年 アラスカ デナリ(6190m)
山頂からスキー滑降、日没6000mで、一夜を明かす。
      (この実現の為に、-20度の冷凍室内の仕事の日雇いを重点的にし、
      体を寒さに慣らして、アラスカに向かう。低圧・低酸素室で体を慣らしてから、
      高所登山をする者は居るが、冷凍室で体を低温に慣らすとは・・・
      何とストイックなのか・・・彼の本業は、Drag Storeでの薬種登録販売者。
      休日と夜間に遠征の資金稼ぎに、寝る間を惜しんでバイト)

2020年  コロナ禍で遠征を止め、Sea kayakで瀬戸横断や各地半島一周に専念。
2021年  凄い美人な華道家と結婚。夫婦でダイビングを楽しむ。
2022年  アウトドア離れした若い世代や、普段自然に接する機会が少ない方々に、
           興味をもって貰い裾野を広げたい。
           そんな活動がしたいと考えアウトドア指導員資格を多数取得し、
      講演会などを開催し。アウトドアスクールも起業。
      自分のような、落ちこぼれ達の足元を照らし、自信を取り戻すための、
      正しい方角に導く誘導灯になるべく、只今奔走中。

2024年 自伝本を商業出版の予定。
           『大丈夫 君の将来は明るい~ おっさん世界をかける

   ?  年 彼のAdventureでの最終目標は、8000m山頂からのスキー滑降です。
           チョ・オュー(8180m)の中国側なら全面雪、可能性は有りです。
      その前に、7500mクラスで訓練ですが・・・

彼が取得してる主な資格は、
1級船舶免許・小型特殊船免許・PWCレスキュー水上安全指導員・ジェットスキー指導員・
大型二輪・ライフセーバーライセンス・日赤水上安全法救助員・ダイビングガイド資格・
スキー2級・スノーボード1級・フィットネスインストラクター・
ノルディックウォーキング指導員・ショートテニス指導員・ハンディキャップテニス指導員
・将棋二段・等々、実に多種多様です。

所謂“単品的冒険家”と言う枠を超え、海・海中・山・河とマルチな
Adventureが可能。
今の処、空中だけが苦手な様です。

その彼が、6月に
Sea kayakで伊勢湾横断をし、8月末~9月上旬に男鹿半島を一周すると。
伊勢湾に集中してて、男鹿はまだ調べてないとの事。
Support役を申し出たのです・・・
男鹿は、磯釣りや船釣りで長年足を運んた処、要処は知ってますから。

国土地理院の地形図に、縮尺・磁北線・方位を入れ、18枚に区分してコピー。   
2024_05280010
これから、海上から見ての目安に為る構築物・悪天候の際の砂浜避難所・潮流れの速い処・
キャンプ可の箇所等を書き込んで、一助と為ればと思い、送るつもりで居る。
船川港⇒北浦港で約42km、彼の力量からして、中一泊で達成可と思ってる。

何か~今、俺自身が
Sea kayakで一周する様な、ワクワク感に浸っている。
70歳から始めた夏場のMarine Sportだが、
kayakも有ったが1人乗りヨットに専念・・・
仮に
kayakをやってても、男鹿の荒波にはトテモ・トテモだ・・・100mで横波“沈”。
岡からのSupport役に徹する事にする。

5月26日
報道では、そろそろ開眼か?と・・・24日が経てるので、5月2日以来の、
Dragon eye の成形具合を見に行った。2日の Dragon eye ⇒
八幡平・噴気孔跡の沼巡り

晴れ予報の日曜日。
駐車場に入り切れない車が、溢れる人混み・・・藤七温泉に下る道端に車を停める。
西側に見える森吉山・焼山山塊の残雪も空前の灯火。
2024_05260003

登り・下り行列の登山道を登り、現れたDragon eye 。5月2日と比べ、対して変化無し。
2024_05260004 パノラマ写真

縁を半周して、上から見ても・・・
2024_05260007 パノラマ写真

2018年5月15日の様な、目玉の周りに筋が現れて無い・・・
21c7bf8c

見物客の半数は、ここで帰るが・・・山頂へ。青森トド松越しに岩手山。
冬は、トド松の頭が樹氷と為って出てるだけで、殆どは雪の下。
2024_05260009
八甲田連峰・岩木山・森吉山・男鹿半島の真山本山・太平山・雪を纏った鳥海山・秋田駒ケ岳・早池峰山まで丸見えです。
山頂北側の残雪上て大休止、缶Bコロコロで急速冷却して、プシュー。
晴れ・微風・鴬が鳴く至福の時を過ごす。
帰路、ガマ沼 
2024_05260010 パノラマ写真

八幡沼。
2024_05260012 パノラマ写真

岩手山の左に早池峰山。
2024_05260015
2024_05260016

八幡平から秋田駒ケ岳に続く、奥羽山脈主稜の縦走路。
2024_05260016 パノラマ写真
盛岡人は、“裏岩手縦走路”等と呼ぶが・・・
奥羽山脈主稜から見れば、岩手山は“盲腸”の様な存在デス。
2024_05260020

5月27日
ニンニクに芽(赤丸)が出始める・・・放置してると種に為り、養分が取られ球根が肥大しないので、都度切って捨てる。炒めると美味いらしいが、それ程喰い物には困って無い。
2024_05270004
庭は花盛り。牡丹が芍薬より開花が早い。“立てば芍薬、座れば牡丹”と言うが、
確かに背丈を見れば納得。日光キスゲは毎日満開。

2024_05270005 のコラージュ
キスゲが咲くと、何故か故栗城を思い出す・・・大昔、満開の尾瀬を歩いた事は有るが・・
没した21日も咲いてた。今年七回忌、不思議な事に栗城事務所の小林幸子からの、
Announceが今だ無しだ・・・一周忌・三回忌は速報してたのに・・
七回忌に合わせて“美化映画”も創ったのに・・・実兄の造反に遭ったのかナッ!!! 
Net検索しても情報無しだ・・・

5月28日
昨日から久し振り雨が降ってる・・・
これで菜園の、枝豆・インゲン・ゴーヤ・トウモロコシが、芽吹くか?
あッ! 枝豆だが、“湯あがり娘”と言う品種の種を発見したのだ・・・
茹で上がりを表現したものと思うが、Namingが何ともだ。味は、どうだろう~

肥えた正恩様が、巨大花火を打ち上げた様だが、“玉屋~鍵屋~”に為らなかった様子。
無駄金使わず、飢えた子分達の腹を満たして遣れョ。

↑このページのトップヘ