海彦・山彦の白秋日記

4月の鳥海山 七高山と新山

5月26日
今朝、今年初のキスゲ(日光キスゲが代表とされる)が2輪咲いた。
キスゲの開花は一日と言われてるが、実際は1.5日位は開花してると言う説が有る。
去年その事を知ったが、満開時期で花数が多すぎて確認出来ず・・・今年こそは!
2020_05260006
2020_05260007

27日11時 追記
昨日の朝に咲いて、今日の11時に撮った画像です。
上の2枚の画像と比べて見ると・・・昨日は蕾だったのが開花。
2020_05270001

一輪だけ咲いてた株も、まだ咲いてます・・・
2020_05270002
新しい説の方が正しい、キスゲの開花は一日限りと言う説は、間違いの様です。



鮒水槽の水換えをした。
60Lの約半分の量、ホース先を水槽に入れ、片方の先を1Fの屋根に這わせ、
吸うと・・・連通管の原理で簡単に排水出来る。
キッチンからバケツで4回、階段をセッセと運び、カルキ抜き剤をキャップ2杯投入。
奥のが33.5cmの雌で抱卵してる・・・手前が35cmのたぶん雄。
2020_05260001
5月7日にセットした水槽。間もなく3週間目に入るが、水質はPH6.5で0.5分若干酸性。
2020_05260004
水換えをしてPHを測ったら、6.7と表示。7が中性なので6.7は良い環境。
2020_05260003
尻鰭の肛門辺りが赤く為った・・・
2020_05260002
卵が・・・
2020_05260005
水換えするとサーモヒーター(18℃設定)に電気が入る、水道水が少し冷たかった様だ。
水換えか?低温か? の、ショックだろうか・・・雌が排卵を始めた・・・

明日は雨予報・・・午前中少し庭の草取りをしたが、日差しが暑い・・・日中は休んで、
3時過ぎから続きをしなくては・・・

再び、23.24日で鳥海山へ、春スキーに行って来ました。前回は⇒

5月23日
昼過ぎに家を出る前に、ライブカメラで山の状態を確認。海側に雲が湧いてます・・・

98346103_2690150167934609_703500700893577216_o

200㌔走り、祓川への林道を登って行くと・・・ブナの若葉が鮮やか・・・
2020_05240003

祓川登山口の駐車場着。雪はまだ豊富の様です。
2020_05240004
即 椅子を出して、雪で冷やしたプシューで一人宴会、ウイスキーのお湯割りも追加。
微風なので吸血ブヨが五月蝿い、ヤッケのフードを被り首・頭の保護。7時には就寝・・・

5月24日
4時前に車の音で目が覚める。夜明け前の鳥海、天気は良さそう~
2020_05240005
湯を沸かし、朝の珈琲タイム・・
日の出です。ガスで奥羽山脈の山々は見えませんでした・・・
2020_05240007
水を張った田圃に、朝日が反射してます。
2020_05240006
日が登りました~ 一日天気は良さそうです。
2020_05240008
朝飯を喰い、友の到着を待ちます・・・服装は暑いので、長袖Tに半袖T。
20Lザックに、上部の風邪対策にフリースとヤッケ、万一の為のツェルト、昼飯と甘い物、
山頂用のプシューとペットボトル500ml、スコップ・替え手靴下・メット等はカットです。

最初の斜面、山頂の頭が見えます・・・

2020_05240009

調子が上らない様だ・・・
2020_05240010

七ツ釜避難小屋が有る尾根が見えました・・・
2020_05240011 パノラマ写真
2020_05240016

七ツ釜避難小屋へ、急斜面を直登するか? ブッシュを越えて、裏の斜面を登るか?
直登組は2割位・・・登って見ると意外と早く小屋に着けるのだが・・・
2020_05240017

前回は板を履いたまま、ブッシュを突破出来たが、今回は約10m板を外して・・・
2020_05240018 パノラマ写真

まもなく右手に避難小屋が見える処に・・・
2020_05240020 パノラマ写真
新潟から一人で来たと言うボードの姉ちゃん。何故かボーダーの方は、腐った雪の上を、
金属の重いシューをバタバタ引き摺って歩いてる・・・ボード靴ってキックで登れ無い?
例年この時期は、長靴あり・登山靴に軽アイゼン・中には12本爪も・・・三者三様です。
以前は腐れ雪にアイゼン等は、レベルが低いと思ってたが、楽しけれゃ何でも有りです。
少しは、丸く為ったかナッ? (笑)

避難小屋脇の急斜面を登り終えた処で、友が体調不良を訴え・・・ここから戻ると・・・
血圧が恐ろしく高い方なので、無理せずに・・・
登って来るのを待つ間に、甘い菓子でエネルギー補給。一人で山頂を目指します・・・

七高山の岩稜が見えて来た・・・
2020_05240027 パノラマ写真

間もなく山頂と言う処で、氷化した雪にシールが効かず、ジグターンに失敗・・・
10m程ズリ落ちる・・・下からは蟻ん子の群れが、上を目指してます。

2020_05240030 パノラマ写真

七高山2229m着。板を外して一息入れてると、登って来た1団の女子に声を掛けられた。
八幡平や鳥海で毎年会う岩手のボーダーだ・・・今年は燕の尻尾のボードを背負ってた。
去年は、七高から千蛇谷・鳥越川沿いに、中島台まで滑ったと言う・・・並の体力で無い
お顔に似合わず中々の女子だ、今回もサングラスを外して顔を見せてくれた美女・・・
2020_05240038

西側に谷を挟んで見える、新山2236m。
2020_05240033

外輪山。山頂神社小屋が見える・・・
2020_05240034 パノラマ写真

混雑する山頂から、少し移動しプシューを飲んで、静かな処でシールを外し滑走体制。
これから標高差1000m・滑走距離にして4~5㌔の大滑走です・・・
2020_05240039 パノラマ写真

滑り易いザラメ雪、七ツ釜避難小屋が見下ろせます・・・
2020_05240041 パノラマ写真

祓川ヒュッテ脇の竜ヶ原湿原の流れに、板を投げ入れ汚れ落とし、ストックで引き上げる。
駐車場で日光浴をさせて・・・汗の匂いを察知してか? 吸血ブヨがワンサカ集まる・・・
2020_05240043
駐車場は8時には満車にに為り、下の駐車場に停めた者も居たとか・・・
しかし・・・車の半数以上が、首都圏・東北各地の外人部隊・・県境越え等お構いなし。
不要不急?  残雪登山も春スキーも今より出来ない!  3密で無い事は確かだが・・・

風が有れば、ブヨは飛ばされるが・・・これ程居ては、次回を考えてしまう・・・
友と山頂は踏めなかったが、微風快晴・雪質も良く、いい一日だった。










5月22日
5月9日に10万円給付の書類が届き、即日返送したのだが・・・
昨日市役所から、22日に指定口座にに振り込むとの通知書が来た。仕事が早い大館市!!!
国は、on line申請等と格好の良い事を言ったが、現場の市町村は突合に多大な手間が・・・
下請けの役所職員は大変だ・・・
IMG
さて、この使い道だが・・・車中泊で背中が痛い歳に為った、山用を兼ねてモンベルの、
Air Mat。それとヨット講習で“沈”しても、体温が温存出来るW
et Suitが欲しいのだ・・・


それにしても、大評判の“アベノマスク”は、いつ届くのか・・・・
マスク配布費用は、令和2年度の予備費から233億だと14日の参院厚労委で説明したそうだ。
マスク購入費は、5千万世帯✖2枚で91億(幽霊会社らしき1社含む)、随意契約だと・・・
印刷・パッケージ費が19億、郵送費が14億、検品費が8億、諸費用0.6億、ST約41億。
検品費?笑っちゃうよ~ 納入業者が事前にやる事だ、支払いは8億差っ引いて払え!
残りの100億はどーした?  裏金として隠して置くのか・・・
20200515-00349439-toyo-000-2-view
何をしてもボロボロ・・・終わったなぁ~
子分の黒川検事長が、“文春砲”に撃たれて辞任だと・・・撃たれなければ生き延びてた?
“法律”で飯を喰う者が、接待賭け麻雀して【訓告】処分だけ・・・
検察庁は「お前、そんな事して駄目だよ」で済む世界の様です。退職金は6千万超だとか
国家公務員法での処分は、免職>停職>減給>戒告>訓告>厳重注意、の順だそうです。
検察庁No2の職位でこの処分なら、下っ端役人は安心して“賭け麻雀”が出来るねぇ~~


*******************************************************

天候不順が続いてるが・・・食用菊の“もってのほか”の植え替えをした・・・
庭に咲いた『鈴蘭水仙』 

2020_05220006
『鈴蘭』も可憐に咲いてる・・・
2020_05220005
『ツツジ』は白色以外は満開だ。
2020_05220004
2020_05220011
2020_05220009
2020_05220012
低温で、トマト・胡瓜・ピーマン等の野菜の苗は、成長無し・・・
地温が上がらないと発芽しない、オクラ・ゴーヤはこれからだ・・・



*******************************************************

5月上旬に釣った鮒35cmと33.5cmを、60L水槽に入れてるが、少し濁りが・・・
水質が気に為り、PH計で計って見た・・・6.5の表示。水換えは、まだ大丈夫の様だ。
2020_05220013

2020_05220014
野生育ちなので? 照明を点けると怖がるし、餌を喰わない、慣れる迄時間が掛かりそう。

*******************************************************

元職場の情報通の座配人(当地の方言でザフェ人)から、◯◯が死んだと携帯に・・・
好きになれぬ奴だったが、知らせを聞くと何となく可愛そうな・・・糖尿病が引き金だと。
同年代の知り合いが欠けて逝くのは、遣る瀬無いものだ・・・


98346103_2690150167934609_703500700893577216_o
週末は、12日以来の鳥海山・春スキーに行こう~ この低温続きで2000m辺りは新雪かも。

6月に入れば、サマースキーのシーズンだが・・・吸血蟲が五月蝿いしなぁーー

5月17日
4月頭からの宣言で、ひと月以上の間“春山”を無駄にした。
時期的に天気も安定して、山スキーには一番いい季節だったのに・・・

大都市の方や、地方でも仕事をしてる方は大変だったろうが、
田舎の小都市で暮らす年寄りには、3密等は別世界の感・・・
何事も無い日々が流れていた・・・自粛解除で“疫病”の再蔓延を心配する向きも有るが、
人はそれ程馬鹿では無い、罹患しない自衛策を取ればいいだけの話だ。
10万は申請書類が届いて、即返送したが・・・アベノマスク同様、何時に為るのやら~


庭のナナカマドが花を付けた。紅葉と赤い実は皆さん周知だが、白い花は可憐だ・・・
2020_05170002

シャクナゲも満開、植えて40年位になる・・・低地での地植えなので、育ちが良い。
花をこんなに付けさせるのには、若干のコツがいる・・・それは、花が終わったら直ぐに、
花殻を摘み取る事。種を付けようとする(実際は殆んど種が出来ないが)養分を、
新芽と翌年の蕾に向かう様に仕向けるのだ・・・何百もの花殻を摘むのは大変だが、
花を楽しむには、必要な作業だ・・・
奥のピンクは花水木、今年は花数多し。
2020_05170001
シャクナゲが咲くと、思い出すのが、ヒマラヤ3000m付近に咲く、このシャクナゲ。
幹は人の胴回りより太く、荒涼とした大地に鮮やかに咲き、遠目でも直ぐに判る赤色だ。
日本の山に自生するシャクナゲに比べて、樹高も太さも格別、何故か? 赤より見なかった。
467af4ac


週末予定してた、鳥海山での春スキーが天候不順で延期。
ツナギのゴァウェアを5年振り位で洗濯、風呂場でタライを使い、
押し洗いをしてたが、汚れで液が真っ黒に・・手洗いでは腰が痛く為るし・時間も掛かる。
洗濯機の手動ボタンで、洗いを30分・濯ぎを3回。
ゴァテックス系の洗いは、若干高価だがこの洗剤(画像上)に限る。
2020_05170003
脱水は生地を傷めるので、外に吊るして水気が切れるまで自然乾燥。
見違える程に綺麗に為ったが、洗濯機の回し過ぎか? 
アイロン補修した裏地が 剥がれ掛けてた。
 布地用ボンドで再接着。
2020_05170004
乾燥後は、撥水剤(画像下)を薄めた液を吸い込ませて、自然乾燥すると撥水効果が復元。
次の晴れ間を見ての作業となる。


菜園の作業も進んだ、今朝植えたのは、胡瓜2本・桃太郎3本・赤黄楕円ミニトマト2本
丸ミニトマト1本。トマト類はこれから出てくる脇芽を挿すと、時期遅れで結実する。
ピーマンも2本植えた、2人で喰うには充分な量が採れる。
2020_05170006
この後は、メークイン・男爵・北あかり等の種芋を植える。一年分の量が採れる。
また昨年採取したオクラ・ゴーヤ等の種蒔きもしなくては・・・
アスパラは日に10本程度採れ、朝晩喰ってる。苺の開花も今年は良い、大粒が期待出来る。

忘れられないのは、孫のペットのハムスター“ピーナッツ君”用の餌。
種採り用の向日葵も植えなくては・・・農作業は結構忙しい・・・

良い知らせが・・・疫病騒ぎで今年は中止かと思ってた、ヨット講習が6月から9月の間、
毎週日曜日にやるとの事だ。風や雨の天気次第だが、今年は何回出来るのか~ 楽しみだ。

5月11日
例年ならGW前に開通する、鳥海山祓川登山口への林道だが、今年は除雪が終わってても、
“疫病禍”の為にGW明けの11日に開通させると・・・

片道200㌔も有るし、一日滑って帰るのは勿体ない。
11日朝の週間予報も、そこそこの天気が続くとの事だったのだが・・・
2.3日分の食い物を積み、昼過ぎに出掛けました。

4時に標高1200mに有る、祓川登山口のPに到着。祓川ヒュッテへの物資運搬用のモービル。
登山届けのポストも設置されてましたが・・・誰も居ず・・・
2020_05120001
駐車場の雪壁は、平年並み・・・ヒュッテに水を貰いに・・・管理人は5時前に下山。
5月中の宿泊は、緊急避難以外受け付けないとか・・・
2020_05120002
車中泊・一人宴会の開始です。風が強く車が揺れる、酔いも伴い・・・地震酔いの感じ。


5月12日
4時半に目覚めると、車が2台・・・登山客と思いきや、朝日を撮りに来た連中でした。
ヒュッテから山頂までは、標高差1000m。シールで登ります・・・
2020_05120003
東の空には雲が掛かり・・・残念、綺麗な日の出では無し。
2020_05120005
2020_05120007
湯を沸かし、珈琲を飲んでると・・・ポツポツ登山・スキー客が上がって来る。
カップ麺を喰い、着替えて準備をしてると・・・声を掛けられた・・・
3年前に象潟鉾立口の山荘で一緒に酒を飲んだとか・・・着てるツナギウエアで判ったと。
確かに、これを着てる奴と会った事は一度も無いが、良く覚えているものだ・・・
顔も名前も、一度では絶対に覚えられぬ・・・覚える気が無いのだ・・・

シールを貼り、スタートです。出だしは、標識に沿わずに何時ものルートで・・・
2020_05120008

何時もの処に、何時もの亀裂が・・・沢に沿って普段より長い・・・
2020_05120009

何時も登る斜面も・・・亀裂ダラケ!!!  右へルート変更です。
2020_05120010

七ッ釜避難小屋が見える処に来た・・・雪が繋がってれば小屋裏ルートへ。
繋がって無ければ、正面をジグ切って登る事に・・・
2020_05120011

一箇所だけ通れそうな処が・・・先行者は板を外して通過した様だが、
板を履いたまま強行突破です。
2020_05120012

空が晴れて来て・・・日差しガンガン、暑い・・・肘から膝まで両サイドファスナー全開。
2020_05120013 パノラマ写真
2020_05120015
大雪路に出ました・・・一面雪の台地
2020_05120016 パノラマ写真

2000mに有る“島”に到着、暑くてバッテバテ・・・後200m登れば山頂だが・・・
この調子だと、更に1時間は掛かる・・・
2020_05120019 パノラマ写真
板を外して・・・フワフワの奥座敷に・・・飯を喰い、1時間ほど寝転がる・・・
2020_05120022
山頂をパスして・・・シールを外し・・・標高差800mの滑走・・・
青線登行ルート・赤線滑走ルート。
2020_05120003 (2)
車に戻り・・・天気予報、明日は寒気が降りてきて、雨・風・雷だと・・・
一日でコロッと変わる、明後日も曇りだと・・・居ても仕方なしだ、荷を纏めて下山。
週末も予定してるが・・・予報がねぇ~~ 菜園の苗植えか? 鮒釣りでもするか・・・

5月11日
“疫病禍”で、GW前に開通の予定だった山岳道路が、10日まで通行止めに・・・
今日(11日)の10時から、矢島祓川線・象潟鉾立線が開通です。
天気もそこそこなので、春スキーへ・・・

 週間予報は、この通り

5月11日5時 秋田県の週間天気予報

日付11
12
13
14
15
16
17
秋田県

曇のち晴
曇り後晴れ

晴時々曇
晴れ時々曇り

曇時々晴
曇り時々晴れ

曇時々晴
曇り時々晴れ

晴時々曇
晴れ時々曇り

晴時々曇
晴れ時々曇り

曇時々晴
曇り時々晴れ

降水確率(%)

-/20/10/10

10/0/10/10

30

30

20

20

30

信頼度

秋田

最高(℃)

19

26

19
(17~21)

20
(19~23)

21
(19~24)

21
(17~25)

21
(17~24)

最低(℃)

12

12
(10~14)

12
(10~13)

10
(8~11)

9
(7~12)

11
(8~13)

平年値降水量の合計最高最低気温
最低気温最高気温
秋田平年並 15 - 36mm10.1 ℃18.4 ℃




祓川口ら
赤線コースをシール登行し、標高差1000mの青線コースを滑って来ます。

zoom20200508085309


雪の状態が良ければ、鳥海北面ルートの具合もチェックしてみよう~

control (4)


途中で食料を補充し、夕方迄には5合目へ。

5月9日
5月6日に鮒釣に行った。⇒ “
大物が釣れたので、7日に水槽をセットした。⇒  
そして今朝、1尾で寂しいだろうから、相方を釣りに行って来ました。
2020_05090001
9時から11時の間で、小物の鮒は良く釣れるが、皆放流サイズだ・・・
11時間際に為ったので、そろそろ帰ろうかと思ってたら、立浮きが突然消し込んだ!
即合わせを入れて、何とか浅瀬に引き摺り上げると・・・丸々と太ってデカイ!!!
ハリスも道糸も1号、浅瀬でひと跳ねするとハリスが切れ、慌てて手掴みする・・・
2020_05090002

帰宅後、計ると35cmです。手前は6日に釣った33.5cmの鮒。
2020_05090003
2020_05090004

明らかに、体高も長さもデカイ・・・
2020_05090006
今の処、仲良く泳いでるが・・・雄雌なら良いのだが・・・

**********************************************************

今日、市から10万円の申請書が届く、2人なので20万円か・・・
同時に、土地・家屋の固定資産税の納税通知も・・・振込用紙が4期に別れてるが、
一括払いの割引が有ってもいいのにと何時も思う、分納だと忘れそうなので、
月曜に一括支払いの予定。更に車2台分の納税通知も届いた・・・
更に々々、菩提寺からの年間維持管理料の送金通知も・・・一日で出金のオンパレードだ!
金って、ナンボ有っても余る事無しか・・・

5月7日
昨日釣った真鮒()を、一日スチロール箱に入れ、ドロを吐かせた。
ドロとウンチ結構な量がでた・・・
2020_05070003

蔵から、昔に飼ってた熱帯魚の水槽60×30×37を探し出し、天気も良いので外で水洗い。
当時としては、高価な曲げガラス製・・・これが、コロナ嬢の新居だ。
2020_05070002
20年も昔の、揚水ポンプが動くのか・・・
2020_05070004
電気を通すと・・・クンと音がするものの、モーターが回転しません・・・
カバーを外し・回転軸にグリースを塗って、通電すると・・・何と、回るではないか(驚)
回転音が気になるが、当座これを使う事に。水槽を2F踊り場にセット、セッセと水運び。
上部濾過器をセットして揚水確認、昔の使い残しのカルキ抜き剤をキャップ2杯。
バケツで鮒を運び、新居へ・・・慣れないのか? 隅でジットしてます・・・
2020_05070005
水槽幅30cmに対して、鮒33.5cmなので尾ビレが当たり窮屈そう・・・
狭けりゃ90cmの水槽も有るが、水換えが大変なので・・・当面はこの水槽。
2020_05070007
抱卵してるので、デップリ肥えてます~
2020_05070008
2020_05070002
1尾だけでは可愛そうなので、近々雄の真鮒を釣りに行く予定。
水草を入れたら・・・水槽の中でも産卵するのか???  楽しみが増えた~~

※真鮒だと思ってるが、ゲンゴロウ鮒かも知れない・・・ヘラ鮒だと言う方も居る・・・
 ヘラ鮒はミミズ餌を喰うのか?  偶々吸い込んだのを、合わせて掛かったのか?
 銀鮒で無い事は確かだが・・・画像見て判る方が居ましたら教えて下さい。

5月6日
GW最終日。
例年のGWなら、鳥海春山スキーを満喫してたのだが・・・
疫病のお陰で、10日まで道路封鎖。(11日から解除の予定だが、どう為る事やら。)
最後に滑ったのは、4月中旬の八甲田、あれからひと月近く・・・ストレス満タンだ。

山に行けないので、庭木の選定やら・落ち葉・枝焚き等して過ごしてたが、
遣る事も無くなりつつある・・・
桜が散り・枝垂れ桜・水仙が満開、石楠花・木瓜・花水木が咲き始め、春爛漫で有る。
昨日、菜園に一回目の耕運機を掛け、下準備をしたが・・・歯周りに土団子が・・・
もう少し土が乾燥してから、再度掛ける事にする。
遅霜の心配が無くなったので、サボテンやミカン等を外に出し潅水、半年振りの日光浴。

世の中、自粛々々で息が詰まりそう・・・ブログ界には“自粛警察”が出没する始末。

桜が散る頃に為ると、鯉・鮒の産卵期が始まる、浅場の水草に産卵で寄って来るのだ・・・
4.5mの渓流竿(山登りしてた頃に、黒部源流や梓川で使った)を持って公園の沼へ。
へら鮒釣りの名所で、鯉・真鮒も生息。誰が放したか? バスも釣れると言う・・・
2020_05060001
岸辺には花筏が・・・穏やかな日・・・真鮒がポツポツ釣れる。小物は放流・・・
鮒釣りは、小学以来だから60年振り位だ、釣り感って衰えないものだ、自転車と同じか?
2020_05060003
4cm程頭を出してた立浮きが、前触れ無くスパッと消し込んだ、即合わせる!
針に乗ったが・・・水草目掛けて逃げ込もうとする・・・軟調の渓流竿が満月に・・・
釣り上げる迄は、鯉に違いないと思った・・・道糸1号・タモ無しだ。
浮かせて・充分に空気を吸わせ、岸に引きずり上げた・・・ヒゲが無い、抱卵した大真鮒。
2020_05060008
午前中の3時間ほど釣りをして、いい気分転換が出来た~ 近々又行こう。
この一尾だけ持ち帰り、計ったら33.5cmも有る。しかも丸々と肥えてる。

真鮒の釣果としては、過去最大。スチロール箱で、ドロを吐かせてから水槽に移す予定。
さて・・・水槽の置き場だが、2Fの踊り場に、名前は時節柄“コロナ”にしよう~(爆)


*************************************************

予想はしてたが“緊急事態宣言”を、ひと月延長だと・・・

大都市の方は、気の毒だ(田舎とて、安堵しては居られないのだが)・・・
クルーズ船騒ぎ以来、何してた・・・習近平に来て欲しい・五輪やりたい、これだけか?
アベノマスクは、いつ届く? 10万支給の書類は、いつ届く? 全てが遅い・・・
延長するに当たり、“断腸の思い”だそうだが、一番危機感の無い奴がよく言うよ!
20200501-00000004-withnews-000-1-view
“お家で、茶・犬・本”の動画晒して・・・それが出来ない人々の心情を察してるのか?

日々の感染者数が減ってると言うが、検体数を公表してるのは大阪のみ。
何人検査して・何人感染してたかが、大事だろうが!  一日2万件の検査は、いつ出来る?
4月29日の参院予算委で、森ゆうこから「感染者数」を聞かれ、1分以上答えに窮し、
答えは・・・「質問書に書かれて無い・・・デス・・・」。
召使いに、質問の答えを書かせて、それを読むのは馬鹿でも出来るゾ!!!
都道府県に捲く1兆も、補償使途は駄目と言ったが、撤回。
家賃補償はしないと言ったが、前言撤回して補助すると・・・支離滅裂だよ!
こんなザマだから“大阪方式や愛媛方式”でやる等と、知事達に小馬鹿にされるのだ。  

観念論だけをダラダラ述べて、「何時までに」「何を」「どうする」が無いから、
何を言っても、響かないのだよ・・・・国の統治より、嫁の制御セイ(ガーン・・・) 

明日から県内は、殆んどが『解除』され、遅い春がやって来る。
3密を避けて!!! 11日から春スキーに行こう~~

4月27日
連日の“疫病”報道満載の裏で、見逃せない発表が有りました・・・
内閣府が、将来起こり得る巨大地震の、新たな想定を発表しました。
詳細は⇒ www.bousai.go.jp/jishin/nihonkaiko_chishima/index.html
最近でも、20日に宮城県沖で震度4・23日に長野県で震度4・26日に関東で震度4、
長野はこの処頻発してるし、関東はいつもの北部。此等は巨大地震の前兆かも、心配です。

北海道でM9・3、津波30メートル 内閣府、国内最大の地震想定

 

内閣府は21日、北海道から東北地方北部の太平洋側を震源とする巨大地震の新たな想定を公表した。地震の規模は北海道沖の千島海溝で国内最大のマグニチュード(M)9・3、東北沖の日本海溝でM9・1を想定し、それぞれ最大で高さ約30メートルの大津波が東日本の広範囲を襲うと推計した。いずれも「発生が切迫している」として、防災対策の見直しを急ぐ方針だ。
千島海溝の巨大地震は、東日本大震災(M9・0)や南海トラフで想定された巨大地震(M9・1)を上回る規模。沿岸部における津波の高さは、北海道えりも町の27・9メートルが最大で、同町から根室市にかけて10~20メートル超と予想した。択捉島でも30メートル近くに達する。
日本海溝の巨大地震の津波は岩手県宮古市の29・7メートルが最も高く、青森県八戸市は26・1メートルで、同県以北で東日本大震災を上回る。宮城県は10メートル前後、福島県は南相馬市などで20メートル近くに及ぶ。茨城県や千葉県でも5メートルを超える。
北海道から千葉県までの市町村ごとに津波の浸水域も想定。
北海道苫小牧市や仙台市などで内陸まで浸水する。
岩手県内については、自治体の了解が得られていないとして非公表とした。
何故 岩手県が公表を了解しなかった? 悪夢の再来を恐れてか?
巨額の金と長い歳月を掛けて、役所立案の防潮堤の再構築・土地の嵩上げ移転工事が、
ほぼ無意味に為るからでしょうか?  
過去に明治の大津波・昭和のチリ沖地震津波で学んでたはずだが、今回の被災・・・
「津波 てんでんこ」との、言い伝えが有ったとか・・情報は、正しく住民に周知しないと!
広範囲で強い揺れに見舞われ、北海道東部の厚岸町付近で震度7、釧路市や根室市、青森県や岩手県の一部などで震度6強とした。
千島海溝と日本海溝は、いずれも海側のプレート(岩板)が陸側の下に沈み込む場所だ。境界部の断層が動いて巨大地震が繰り返し起きてきたが、千島海溝では17世紀を最後に途絶えている。日本海溝では東日本大震災が起きた際、岩手県以北では断層が動かず発生リスクが残っており、それぞれ起こり得る最大級の地震を新たに想定した。
北海道や東北地方は歴史資料が乏しいため、過去6500年間に18回の津波で運ばれた堆積物を基に震源域や規模を求めた。千島海溝の震源域は北方領土の沖合まで延びる広さで、地震のエネルギーは東日本大震災の2・8倍に達する。
内閣府は大震災で想定外の巨大地震に見舞われた反省から、全国で地震想定の見直しを進めてきた。今回は南海トラフ地震や首都直下地震に続くもので、今年度中に被害想定をまとめる。
何時何処で起こるかも判らない大地震、それに伴う大津波。
心配してても切りが無いが・・・地球46億年の時間から見れば、我々が生きてる時間は、
“1秒未満”の世界だとか・・・道路工事現場等での切通しを見ると、
地層が大きく斜めに為ってる処が有るが、太古の巨大地震の痕跡かと思ったりもする。
小市民的発想だが地球温暖化云々よりも、今世紀中の後80年は天変地異の無い事を願う。

*******************************
世事
①『緊急事態宣言』が、当初予定の5月6日で、解除出来るでしょうか?
 それ程甘くは無い“支那の疫病”、今以上の自粛を強いて、6月末頃可でしょうか・・・
 収束させるには、感染が更に広がり“集団免疫”を獲得するか、
 ワクチン・治療薬開発後に為ると言う学者が増えて来てます。息の長い戦いだ・・・
②『アベノマスク』の未発表元請けに、幽霊会社らしきものが現われました。
 責任者は、どう説明するのか? 
EWlugLTU4AEuLsE
何故か・・・小ポスターが、今は剥がされてます。

↑このページのトップヘ