6月19日
7月に東京で開かれるIOCの総会で、冬季五輪の新種目と為る様だ。
世界大会は既に実施されてるが、山スキー愛好者としては、興味津々である。
174122350_10158139940970975_5412564945506419790_n

五輪新競技に山岳スキー 26年大会でIOC決定へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信
858670_10151317274090975_824727028_o
岸壁を登ったり?はチョット誇張だが、アイゼンを着けて岩稜や雪稜を駆け上がる事は、欧州の大会では既に行われている。
この様な山岳地帯での滑ったり・登ったりのスタイルは、スイス軍の国境警備隊が、
巡回パトロールで走破してたのが始まり。
スイスでは2年毎に、軍主催の3山を巡る55kmの耐久レースも開催されてる。
この大会は3人1組で、最速7時間半の記録も有る。
これが一般に普及したのが、“SKIMO”と称し、国内大会も開催されてる。
一流処は、標高差1000mを40分で駆け上がり、シールを剥がして最速で滑り戻ると言う。
競技は、自然の地形を利用して、シール登行・滑降・アイゼン登行・滑降等を交互に行い、各ポイントに審査員を配置し、コースは標識旗で誘導する。

アルペン競技は上から下へ競争、ノルディック競技は上下混合競技、
これに高さを加えた新しい競技となる。