6月から始まった、今年で3年目のヨット講習も9月19日で終わりです。
全14回の内、ヨットに乗れたのが6回。
6・7月は順調だったが、8月以降はクラゲやら・雨・雷・風で中止。
8月後半分を纏めて記します。


8月22日(ヨット講習10回目)
この日は、前日から予想してたが、雷予報が出たので中止の連絡が来た。
体協の規定で、雷が鳴って無くても、上空を雷雲が通過する予報が出れば、
安全の為に中止となるのだ・・・金属マスト(帆柱)に万一雷が落ちたら、
水面に抜ける前に丸焦げの恐れが・・・

8月29日(ヨット講習11回目)
この日の風予報は、南西風6~7m。偽装中も巻く風に帆が煽られ大変・・・
最初に指導員が乗って、沖に向かった・・・浮き桟橋手前で・・・艇を風上に向けて、
止まろうしたが煽られて、“沈”・・・腰深の処で事なきを得たが・・・
艇の水を掻き出してる処です・・・これを見たら乗る気になれず・・・
2021_08290002
2021_08290005
9月5日(ヨット講習12回目)
この日の予報は晴れだったが、風速が10m~12mの予報だった・・・
先週の6~7mの風でも乗る気に為れなかったので、風に対応する自信が無いと、
断わりの電話を入れる。

9月12日(ヨット講習13回目)
朝から強風が吹き、予報では雷雨も予想されてました・・・
8時過ぎに体協の担当から電話で、中止の知らせが来ました。

9月19日(ヨット講習14回目)
最終回ですが、予報では台風14号崩れの低気圧が、北海道東方沖で猛威を奮ってる・・・
これでは、最終回も小生のテクでは無理です・・・
gsm_wa_e_99.18Z18SEP2021

9月12日の男鹿市のヨット倶楽部の練習風景です。沖にウサギが飛ぶ風で遣ってます。
マリーナのライブカメラで見れるが、帆の大きい艇の操船は上手かった~
ここの倶楽部は、船外機付きのゴムボートに二人乗って、ヨットと併走してるので安心。
小さい帆の艇が風上でタックする度に“沈”、水深は10mを越える処・・・
GetLiveImage (1)
何時になったら、こういう風に乗れるのか・・・来年も頑張ります!!!


18日 追記
このブログを書いたのが14日。
台風の進路が大幅に狂い、明日19日の最後のヨットが出来そうです。
14号台風が停滞せずに、日本海に入り列島沿いに北上する予報でした。
停滞して再発達した14号台風は、今日現在列島の太平洋沿岸を東進中です。
http://weather-gpv.info/予報に因れば、明日10時の沿岸は4m程度の風。
msm_wa_kh_26.01Z19SEP2021

沿岸の波も青色表示の50~99cm以下程度です。
cwmjp_08