10月14日
昨日と今日は秋晴れが続く予報、日中でも22.23℃と涼しい日。
明日からは当分の間、曇・雨マークが続く、晴れの内に遣って置かなければならぬ作業。
菜園の土が乾いてて・籾殻も乾いてる日に運び、鋤き込むのだ・・・

何時も籾殻を貰ってる農家の方に、今年も貰いたいと・・・ポニーを飼ってた処に有ると。

13日朝 車に積んでる“山用具・釣用具”を、車庫に全て降ろし、フルフラットに・・・
2021_10140001
昨日は、籾殻袋9袋に詰めて、3往復27袋を運んだ。何もしないと快適な気候たが、玉の汗。
袋に2/3詰めて、トントンすると・・・中で締まり、更に詰め込む事が出来る。
これが結構重い・・・15~20㎏位か・・・もっと有るかも・・・
菜園に撒いて、即風呂に入る。籾殻の粉が肌に付くと、痒いのだ・・・
詰める作業は腰に来る・・・夜は一杯呑んで、即就寝・・・

今日も、2往復して18袋を運ひ、菜園に撒く・・・午前中に終え、即風呂、昼飯です。
2021_10140002
昼から耕運機で撹拌作業・・・春先以来だが一発で始動、? ガソリンが0に近い・・・
スタンドに買い出しか?と思ったが、車庫に春の余りが1L程残ってた、手間が省ける。
2021_10140003
10cm厚程に撒いた籾殻に、念入りに耕運機を掛け、満遍なく土と混ぜる。
フワフワの土に変身、これで冬を迎え、雪の下で4月迄・・・寝かします。
籾殻を入れるのは、①土が締まらない。②根の張りが良い。③腐れば肥料の足しに為る。
④水捌けが良くなる。
コンバインの刻んた稲藁が、肥料にも為り最適だが、田圃で集める手間が大変だ・・・
2021_10140005
春先に、石灰と有機(油粕・鶏糞)を撒いて、耕運機を掛ければ、一回で畝立てが出来る。

籾殻が落ちてる車内を掃除して、雑巾掛け。耕運機を高圧洗浄して格納。
其内に暇を見て、“山用具・釣用具”更に“山スキー用具”を再車載しよう~

明け方寒く為った・・・夏用の羽毛布団では寒く感じる。厚手の布団を虫干しした・・・
2Fの窓から1Fの陸屋根に投げ、3時間で裏返し・・・日光消毒・・・
2021_10140006
これからは、布団が干せる日は、何日も無い・・・今夜はフカフカで寝れる。

秋の重要な作業が終わった~ 
庭木の雪囲い等は面倒なので、去年から止めた、折れようが自然の摂理に委ねる方針だ。
10月末迄は、十和田湖姫鱒に専念しよう~ 今年はまだ1尾も釣って無い・・・
腕が鈍った訳では無い・・・待ってろ姫鱒!!!