11月25日
0cb5fc13
今日で極点旅行11日です。
これまでの10日間の詳細は⇓で。



行動記録【第11報⇒第20報
黒字は、事務局に送った内容。赤字は、小生が強調した部分。青字は、小生の思い。
**************************************************************

2021年11月25日9:23(日本時間)/第11報

11/24 7日目 距離13km 高度87m
7日目。まだ全体の日程の10分の1。既にスタートしたのが遠い昔に感じる。今日もひたすらに歩くしかない。少しでも硬い雪を歩く為に現在地経度で深夜24時に歩き出すので歩き出し時が最も寒い。始めは-20℃近いが行動終了辺りには-8℃まで上がってることもある。

>7日目。まだ全体の日程の10分の1。???
全行程70日の計画ですか?  11月17日の第2報では、59日と言ってたが!!!
なので小生の認識では、59日だと認識・・・予備日11日と言う事か?
前回も日程に付いては、曖昧な点が多かった。
まさか・・・DAIGO流、IBSではないよナッ。(行き当たり・バッタリ・システム)
白夜なので、深夜でも周囲が見渡せると思うが・・・体内時計が狂わないのか?

**************************************************************

2021年11月26日8:41(日本時間)/第12報

11/25 8日目 距離11km 高度91m
テントから出るもとにかく脚が重い。足首にウェイトでもついてるんじゃないかと疑いたくなる。普段は山から風が来るが今日は海から湿った風がきて衣服に氷がこびりつく。疲労がひどく歩いていて眠くて仕方ない。実際、今日は半分は寝ながら歩いていたのではないか(こういう事は疲労が高まるとある)11時間歩く予定だったが10時間で脚が進まなくなりテントを張る。荷物も入れずに床に5分ほど倒れ込んだ。

歩き始めて8日目、疲労のピークか? 天候に関係無く、休養日が必要かも・・・
冬山の登り方で、一度に大量の荷を移動させる時、荷の1/2を移動させ・1.5往復する、
“歩荷(ぼっか)”と“逆歩荷”と言う方法を取る事が有る。
歩行距離は増すが、体への負担は減少する。果たして橇で可能か? だが・・・


**************************************************************

2021年11月27日9:29(日本時間)/第13報

11/26 9日目 距離13km 行動11時間 高度129m
写真は、「ようこそ南極リゾートへ!」がイメージ(笑)。通信上、低画質しか送れないのが残念。南極は5Gとは程遠い。それがいいのだが。自分でユーモアを演じる事も大事。そうして自分で自分を盛り上げる。経験のない人なら簡単に命を失くす世界だが、キャリアを積んだ人間にとっては変わらぬ景色を歩いていると眠くて仕方なくなる時がある。特濃のインスタントコーヒーを飲んで目を覚ます。

FFVPoCdaMAIRTvh
凄い寝袋だ!!!     標高が少しづつ上がってる。冗談を言う余裕が出たのか・・・

**************************************************************

2021年11月28日9:19(日本時間)/第14報

11/27 10日目 距離11km 行動11時間 高度76m
今日は更に雪が柔い。時速1km。前回の南極でひどい雪面を経験しておいて良かった。これは通常、心が折れる(笑)。未来も大事だが今をやり切る事だけを意識する。未来はその延長だ。気温は-15℃と暖かいが山脈からの風が冷たい。キネシオテープを頬に貼り凍傷予防。南極冒険独特の使い方。

キネシオテープ⇒テーピング用テープ
粘着成分、雪焼けした皮膚に大丈夫なのか・・・目出し帽は?

**************************************************************

2021年11月29日9:14(日本時間)/第15報

11/28 11日目 距離12km 高度76m
全く風のない夜だった。完全なる無音で耳鳴りがする。日常で無音はまず存在しないので無音は恐怖を感じる。南極はあらゆる生物が生きていけないので微生物レベルで孤独。今日も深い雪を歩く。

FFWoLgGacAAvOzK
2本のスキー跡が、綺麗に引かれている。橇の脚幅と同調してる不思議・・・
150㌔の荷を乗せてる橇が、腹を着かない程の脚高か?
ストック跡を見ると、引き抜き跡が無いので、雪が深とは思えぬが・・・

30日 追記
阿部君の過去のFB・Twitterを見たら、橇が出てた。
赤橇は、’19年に使った物。ほぼベタ底。
FCRGaZVVkCMkoWX
ツートンカラーは、今年の物。先端部の形状に変化が・・・曳き易い様に思える。
FCokCwRXsAc3K4G
この底の形状で、腹が着かないのは、雪がかなり締まってると言う事だ。

使ってるスキーの事
11月23日 第9報で、スキーに付いて述べたが、鮮明な画像が有った。
ショートとロングと言ってた。ショートとは、滑走面の体重が一番掛かる部分用。
電ドリのサイズから見て、精々4・50cm位。これではシールの接雪面が少な過ぎて、
曳く力が伝わらない・・・・山スキーの登りでも、80cm位の物を使うのが一般的だ。
剥がれるのが嫌だと、前後をビス止めしてるが、前部にシールの厚さ分の段差が出来る。
これが、板を前にスライドさせた時に、毎回雪面に引っ掛かり、結構なストレスと為る。
BD社の半シール(下図)は、それを防ぐ手立てが施されている。知らなかったのか・・・
BD44400A_web
使ってる板には、長さの1/2ほどにウロコが施されてる。crownと滑走面に表示有り。

ウロコ板の登行能力は、メーカーに依るが大体20~24°位だ。
それ以上急に為ると滑って登れぬ・・・そこで、シールの出番。
雪質とシールの質に因るが、30°でも楽に登れる。勿論、荷を曳いては登れないが・・・
FCL2AlhUUAAOMkq
シールが何処製か? 見た事が無い、と言ったが・・・画像が不鮮明だった。
この画像を見ると、G3の汎用品だった・・・

因みに小生は、半シールを86cmにして使用。これ位だと、フルシール並の効きが有る。
前後の無い分が軽量化出来る。先の剥がれ防止は、脱着金具留め。
8a1f04ee
これらの事から、>今日も深い雪を歩く。と言ってるが、荷が重く進めないだけだ。

**************************************************************

2021年11月30日10:07(日本時間)/第16報

11/29 12日目 距離14km 高度79m
ホワイトアウト。世界が真っ白、光の乱反射により雪の凹凸さえ見えなくなる。極地に来始めた8年前はとんでもない不安と、方向感覚の狂いによる吐き気を覚えたが、今は口笛吹きながら歩いてる。人は経験で変わるものだ(もちろんコンパスやGPSもあるからだが)

FFbg4KcaAAYSluk
何回か指摘した通り、雪が深い訳では無い様だ。靴も橇も埋まって無い・・・
首から下げた物は磁石? 橇の後ろの棒は何? BCとの無線アンテナ?(後日、検尺棒と判明)

southpole_shirase016
クレバス帯を避ける為に、西に約100km遠回りと言ってたが、今日で歩行距離が133.7km。
横移動で、相変わらず極点には近付いて無い・・・そろそろ南進しないと・・・

**************************************************************

2021年12月1日8:50(日本時間)/第17報

11/30 13日目 14km 高度68m
無風でやけに暖かい1日。-7℃位か。肌着にジャケットだけで歩く。ヘッドウォーマーですら暑く、遂にサンバイザーを引っ張りだす。毎日、ベースキャンプと定時交信があるのだが、なかなか双方で繋がらず30分やり取りでイライラ。遠征中は忙しく、なにせ時間がない。真っ白な世界で時間に急かされるというのも変な話だが。遠征中は本当に忙しいのだ。1つ1つに時間がかかる。

スタートしてから既に13日経過、今だに極点は1000km先。
予備日を含み70日として、残り57日で1000km。
停滞無しで行動しても、毎日18km稼がねば・・・大丈夫か?

**************************************************************

2021年12月2日9:19(日本時間)/第18報

12/1 14日目 15km 高度67m
もう2週間か。1日も休んでない。歩ける天候なら休まない。行動中は音楽を聞いている事も多い、ランダムで20年前の曲がかかると当時の想い出が白い大地に唐突に浮かび上がる。それは当時の恋人の事だったりする。若い頃から冒険一択のバカ者だったなぁ。甘く切ない、そんなロマンティック南極。

器用な奴より、そんな不器用な“一択馬鹿”に、魅力を感じる。故植村直己然りだ・・・
饒舌な君と寡黙だった植村直己、性格は真逆だが、志は冒険一択。
敗退は次に繋がるが、失敗には後が無い・・・

**************************************************************

2021年12月3日9:19(日本時間)/第19報

12/2 15日目 距離15km 高度58m
わずかだが距離が伸びて来た。太ももに軽い凍傷。強風の日にやられたらしい、Polar Thighと業界用語ではいう。前回は悪化して大変な目にり気をつけないと。ベースキャンプとの定時交信で南極の月食時間を聞いた南極で天体ショーが見られるかも、とはなんとも贅沢。見れたらいいな。

この日で西に177.7km進んだが、標高は海氷の上で58m。極点の標高は2830m。
何時に為ったら、南進するのか・・・残り55日で1000km踏破、1日当たり約18.2kmだ。

**************************************************************

2021年12月4日9:54(日本時間)/第20報

12/3 16日目 距離16km 高度45m
今日から12時間歩く。身体への負担はデカイがとにかく距離を延ばさないと。今日でアムンゼンが通ったルートに合流。とはいえ何の目印もないが。このルートを通ったのは過去に10名少しほど。未踏の雪原を700km行く予定が直前で変更せざるを得なく、人類未踏の雪原を186km踏破。(詳しくは帰国後にでも)だが1912年以来、誰もが踏んでなかった大和雪原に行き、未踏の雪原を切り拓き、史上2人目になる単独によるロス棚氷徒歩。いまやれる環境で出来る限りの事をやった。後は必死で歩き抜くのみ。

>未踏の雪原を700km行く予定が直前で変更とは? 何処から何処が未踏の700kmか?
白瀬隊が果たせなかった、大和雪原から南極山脈に南進して、
その後はアムンゼン・ルートを辿る予定だったのか・・・?


図の緑線は、1912年に白瀬矗が、大和雪原まで到達したルート。
青線は、1911年にノルウェーのアムンゼンが、人類初極点往復したルート。
黄線は、イギリスのスコットが、アムンゼンに1ヶ月と3日遅れて、極点に到達したルート。
スコットが着いた時に、極点には既にノルウェー国旗が立ってた・・・
帰路、飢えと寒さで、スコット隊は全員死亡・・・有名な話しだ。
southpole_shirase020
アムンゼンが110年前に、極点に達したルートとは言え、何も無い処・・・
GPSを頼りに、明日ら南進する。途中、何事も無ければ良いのだが・・・
成功の鍵は、クィーンモード山脈を、上手く乗り越えれるか・・・に掛かってる。

>史上2人目になる単独によるロス棚氷徒歩とは・・・
ノルウェーのボルゲ・オウスラント⇓を指してると思う。
03
1996-7年に、バークナー島⇒極点⇒ロス棚氷⇒スコット基地の、約3000kmを64日で踏破。
当時、世界初無支援単独で、南極大陸横断を達成した、北極・南極冒険家です。
後に、送り風に因る凧の支援が有ったと、無支援の冠を外された悲運の冒険家です。
その彼に次ぐ、186kmを単独で歩いた、史上2人目だと言ってるのだと・・・
しかし、彼はロス棚氷を完全縦断(約800km)してるのだ。比べるに値いするのか?
004eca5c-s
図の説明
青線はアムンゼン・ルート 黄色線はスコット・ルート 緑線は白瀬ルート
赤線はオウスラントが、ロス棚氷を縦断したルート 赤点は阿部ルート



に続く