の続き

southpole_shirase040
予備日を含み、残りの行動日は、34日と為ったが(推測)、遅々として進まない。
今日の到達緯度が南緯83.235308°、極点までまだ751.55728kmも有る。
日割計算で1日当たり、22.1km進まないと無理だ・・・

ここから約150kmは、陸氷上を歩く事に為る。これが第一関門だ・・・
そして、ロス棚氷に降りて、1.2日後には、第二関門の“南極山脈”の横断に入る。
第一関門の通過に手間取る様では、
第二関門の山脈越えは覚束無い・・・



行動記録【第41報⇒第50報

黒字は、事務局に送った内容。赤字は、小生が強調した部分。青字は、小生の思い。

**********************************************************************

2021年12月25日9:16(日本時間)/第41報

12/24 37日目 距離21km 高度90m
出し抜けに雪原に緑のフラッグ。ロス棚氷には"ハイウェイ"がある。勿論舗装路ではなく雪上車が沿岸のマクマード基地から南極点のアムンゼンスコット基地まで物資輸送の為にクレバスを埋めて作られたルートでロス棚氷を斜めに横断している。どこかでぶつかるとは思っていたが想定より北部だった。最近何か通った気配はないが、人間の匂いというものに懐かしさを感じる。これがサンタさんのプレゼントなのかもね。

270127323_2417608015041166_7726109890095250362_n
今日の到達点
southpole_shirase041
南進したら“南極道路”と交差する事は、予備知識として予想してたが、
こんなに手前に有ったとは・・・以外で驚きだ。
ここより150km位南進した、ロス棚氷の最深部辺りで、交差するものと予想してた。
Map_of_the_McMurdo-South_Pole_highway (2)
上図の赤線が、完成当時に公表された“南極道路”の位置。
ロス海沿岸の(米)マクマード基地から、極点に有る(米)アムンゼン・スコット基地に物資を運ぶ為に、造られた、1450kmの道路です。
遥か手前に“道”が有ったと言う事は、氷床の移動で維持管理が難しく為り、移設したのか?

マクマード基地の画像
800px-Mcmurdo118
南極最大の基地・・・最早、地の果てや空白地帯でも、無く為ってしまったのか・・・
1024px-McMurdo_Station
輸送船が接岸出来る港や、物資保管の設備が整ってます。
千人以上の要員が居て、約200人が暮らす極点基地へ、物資を供給してるとか・・・

南極道路の様子
1024px-South_Pole_Traverse_June_2006 (1)
unit4
ph_thumb
トラクターや雪上車で橇を曳き、1450kmを40日掛けて、極点基地まで運ぶらしい。
ルート上には、極点まで400m毎に目印の旗が立てられ、道も維持管理されてるとか・・・
過去のバイクや自転車での極点到達記録は、この道路を使って達成されたと言う。

その“南極道路”に、ブチ当たったのだ!!! 
この旗に従って進めば、極点まで迷う事も、クレバスに落ちる心配も無い。

アムンゼン・ルートに沿って進めば、巨大な背丈程も有るシュカブラ(風紋)の、
“サスツルギ”帯(下画像)やクレバス帯に嵌り込み、橇が進まずに難儀するかも・・・
更に、氷河を登り、南極横断山脈も越えなければ・・・
ph_thumb (1)
さて・・・明日から、どちらを選択して進むのか? 
速さ・楽さ・安全さでは南極道路だが、プロ冒険家としては・・・悩む処か?

これを通る事での云々は、ルートが決まった後日に・・・
**********************************************************************

2021年12月26日7:02(日本時間)/第42報

12/25 38日目 距離18km 高度84m
サスツルギという強風で雪が削られて段差になった地形を歩いてる。高さは30cm程でしかないがソリで越えるにはやはり力がいる。見えてる分には良いが曇ると乱反射で全く見えなくなる。そうなると見えない小さな落とし穴と同じ。時に落ち派手に固雪に身体を打ちつける。足をくじいてもここでは大問題になる。曇りの日は一歩一歩見えない落とし穴を探し歩くので神経も体力もすり減る。

サスツルギ帯に入った様だが、今の処アムンゼン・ルートを南進してるのか?
南極道路に沿って進んでるのか? は、今日のGPS情報では判断出来ず。
2.3日歩けば、進む方向が判断出来るだろう・・・極点到達成否の分岐点に為るかも・・・

H30cmのシュカブラ越え、板を脱いで、ツボ足で歩いているのか・・・
板のエッジを効かせて歩く方が、楽に思われるが・・・日本の物とは、固さが違うのか?

到達緯度 南緯83.56° 極点まで残り715.5km 
**********************************************************************

2021年12月27日8:33(日本時間)/第43報

12/26 39日目 距離24km 高度97m
晴れと曇りが交互に。曇りになるとサスツルギが見えなくなり急に速度が落ちる。雪面が固くなってきた。距離が伸びる。スキーポールのスノーバケットが破損、新品に交換する。よくぞここまで持ってくれた。ポールはSINANO様、石突は松本精機様の町工場のおやっさんの手造りのチタン。頼れる装備はマスト。

270696397_2418389078296393_2675403201304657427_n
プラリングの破損では無く、ストラップの縫い目がホツれた様だが、
縫い代が少ないのが原因。シナノの1760円の深雪用既製品だが、
石突を特注する位なら、ストラップを長目にして縫って貰い、
25-650x254
2021_12300002
更に補強の為に、カシメを打てば良かったのでは? 素人目に思う改良点だ・・・
画像のストックは、50年も昔に山スキーの主流だった“東京竹”製(トンキン竹)。
リングが15cm有り、深雪には絶対で有る。革が駄目に為り、ストラップで代替えして、
12.1月の新雪期に使用。今の既製品には、大口径のリングが無く、重宝してる。

southpole_shirase043
陸氷の上を初めて24Kmも進んだ。絞まった雪は抵抗が減り、橇を曳き易い様だ。
南極道路を曳いてるのか? アムンゼン・ルートをトレースしてるのか? 判断付かず。

**********************************************************************

2021年12月28日8:45(日本時間)/第44報

12/27 40日目 距離19km 高度83m

今日も曇りでサスツルギが全く見えない。非常にストレス。一度、転んで正面から落ちあわてて受け身を取る。サスツルギで骨を折ってリタイヤする冒険家もいる。視界の悪い日は歩かないのがベストだが、そうもいかない。歩ける限り歩かないと。もう40日間。疲れているは当たり前。少しでも前に。
使った事は無いが、曇天用の凹凸が見えるゴーグルが有るはず・・・用意してない?

到達緯度 南緯83.91° 極点まで残り676.599km
残り日数が30日、1日当たり22.55km進まないと・・・ 

**********************************************************************

※第41報で、南極道路に出会ったと言ってたが、その後どのルートを取るのかを見ていた。
27日現在、南極道路を選ばず、アムンゼン・ルートに沿って、南進してる様に見える。

このまま進んで、最後のロス棚氷を横切れば、南極横断山脈を登る事に為る。
アムンゼンは、山脈中の氷河に進路を求めて、3日掛けて56kmの氷河を登り切ったと言う。
氷河を抜けた地点は、南緯85.36°・標高3200m。アクセル・ハイバーグ氷河と命名。
先人は、犬達に橇を曳かせたが、100kg超えの橇を曳いて、3200mを何日で越えれるか?
今回の極点行きの最大の難所だ・・・

当初、今回の極点ルートを、下図の様に考えていた。
074150e1-s
BCから、白瀬が上陸した起点に飛び、棚氷末端から歩き始めるものだと・・・
しかし、何故か?白瀬が断念した“大和雪原”からの、スタートに為る。
クレバス帯を避ける為に西進し、まさかのアムンゼン・ルートに合流し、そのまま南進するとは・・図中の小生が勝手に予想したルートとは、大幅に狂った。
南極横断山脈越えは、ホーリック山脈とクイーンモード山脈の狭間が、楽で可能なルートの様に思え線を引いたが、そこに南極道路が通っていたとは・・・以外だった。
**********************************************************************

2021年12月29日8:40(日本時間)/第45報

12/28 41日目 距離22km 高度95m
ようやく晴れた。地形がしっかり見えて歩きやすい。気分が良い。ただ日焼けがエゲツない。未来のお肌のシミが心配w。スキーのビンディングのネジに緩みを見つけフィールドでマス締め。遠征ではギアを見ながら修理しながら行く。ペンチ、針金、接着剤、エポキシパテなどを持ち様々なシーンに対応する。
75mm3ピン金具は、3箇所でのネジ止め。靴にも亀裂が入ったし、力が掛り過ぎだ・・・

270248080_2419388818196419_2792577877990138112_n
southpole_shirase045

**********************************************************************

2021年12月30日8:39(日本時間)/第46報

12/29 42日目 距離23km 高度120m
39歳の誕生日。南極では2回目。ウイスキーの小瓶を開けてお祝いした(頂いたN先生感謝)。ちなみに南極では一切飲まないし、飲みたくもならない。去年は我が家でaiboと2人で、2年前は冬の北海道を独り歩き、3年前が南極(あれデジャヴ感w)。来年で40どこの旅の空にいるだろう。南極から帰ったら見るので"誕おめ!"か"抱いて!"のコメントでお祝いしてくれよな。"誕おめ、抱いて!"などの合わせ技もウェルカム、男女不問。コメントしない人はかかるよ、南極の呪いに。行っちゃうよ、南極に。
チャラけてる場合では無い、必死で歩け・橇を曳け!!! 悪天で停滞したら後が無い。
到達緯度 南緯84.31° 極点まで残り632km 1日当たり22.6km進まないと・・・

**********************************************************************

2021年12月31日9:13(日本時間)/第47報

12/30 43日目 距離19km 高度108m
山脈が見えてきた。写真ではまだ確認しにくいだろうが。圧倒的迫力。山脈越えまで後60km程度。歩きながら早川徹也の白銀の夢という曲を聞いてた。前回の南極の応援ソングでキングレコードからCDが出てる。Spotifyにあるかな?まさに今の自分。徹也とはそれぞれの夢を目指し共に駆け抜けた。彼はいま活動を休止し、経営者として奮闘してる。熱い日々を共に過ごした。てっちゃん、君の歌は今もオレの心で鳴り響いてるぞ。

270671639_2420986884703279_5836724416853235690_n
>山脈越えまで後60km程度。正確には、南極山脈の基部までの距離。
今のペースでは、60km進むのに3日掛かるか?・・・下図の青線は、これからのルート。
southpole_shirase047
南極山脈の基部から、標高3200mの台地まで、延々と56kmの登りが始まる。

**********************************************************************

2022年1月1日9:02(日本時間)/第48報

12/31 44日目 距離22km 高度109m
新年明けましておめでとうございます。2022年が皆さまにとって素晴らしい一年になる事を南極点より祈念しています。
明けてのいの一番ですが、やれる限りやってきましたが南極点に到達するのは極めて困難です。それを見誤るほど冒険においては愚かではありません。悪い条件が重なり過ぎました。既に満身創痍ですがタイムリミットまで一歩でも南極点に向けて前に進みます。 頭が良い人ならムダな努力はしない、と程よく切り上げるのかも。だがオレは諦め悪く最後まで精一杯走り抜きたい。
まだやってる、もう無理なんだから諦めて早々帰ればいいのに、という冷めた意見もあるかもしれない。ただ「阿部くん最後までガンバって」と言うあなたの想いは南極まで届いています。それに応えたいんだ。
何よりオレが最後までガンバりたい。白い大陸を許される限り歩く。実現に足掛け18年かけた夢。諦めの悪い人間には新たな可能性がある。誰に負けてもいい。大事なのは自分に負けない事、自分で自分を誇れるって事だ。重ねた努力がムダになる訳じゃない。オレは依然として阿部雅龍だ。
これから遠征の最大の難関。悪魔の舞踏場と言われるクレバスの多発地帯がある4000m級の山々が連なる南極横断山脈越えにかかる。単独で登りを越えたら世界初。そもそもこれだけを切り取っても大きな挑戦。これを達成したい。
そうだ、最後まで挑戦するのは、皆さんの気持ちに応えるため、そしてオレがオレであるために。

southpole_shirase048
到達緯度 南緯84.67° 極点まで残り592.163km 1日当たり22.7755kmだ。
“ガリュウ” 弱音を吐くな!  誰の為でも・記録の為でも無い、自身が納得出来る行動を
**********************************************************************

2022年1月2日9:02(日本時間)/第49報

1/1 45日目 距離21km 高度102m
新年が明けたが変わらずに歩き出す。毎日、太陽に2礼2拍するが今日は更に気持ちを込めて。一口だけ残しておいたウイスキーを飲んでお屠蘇とする。歩いてると明らかに雪上車の道にまたぶつかる。明こらかに使用されてる。れが南極ハイウェイだろう。となると前回のはどこへ?繋がりそうな活きてる基地はなさそうだが。ベースキャンプとの定時交信で、休む事も大事だよ、身体の事も考えた方がいい。とソッとアドバイスくれたのが有難い。単独の遠征だがベースキャンプでは冒険家たちの遠征を陰で支える各分野のプロがいる。

271203401_2422444501224184_516693776955513975_n
>歩いてると明らかに雪上車の道にまたぶつかる。明こらかに使用されてる。れが南極ハイウェイだろう。
第41報で、図入りで示した“南極道路”に再度遭遇。明らかに最近通ったキャタ跡だ。
southpole_shirase049
到達緯度 南緯84.86° 極点まで残り571km 

さぁ~どうする、時間切れが間近の状態で、これからが第二関門の正念場だ。
①このままアムンゼン・ルートを進んで、世界初の単独での南極山脈越えに挑むのか?
②多少遠回りだが、橇引きに楽なキャタ跡を進んで、極点を目指すのか?

①を選んた場合
3200mの氷床台地まで、56kmの氷河を登る事に為る。登れればアムンゼン以来の第2登。
クレバス通過が有るし、登り切るまでに万一何かが有っても、救援機が降りれない。
②を選んだ場合
氷床台地に上がる標高差2000mの斜面には、雪上車が登れる様に段々の道が造られ、
クレバスも埋められて安全が確保されている。救援機も、天候次第だが通常降りれる。
上手く素早く行動出来れば、極点到達も夢ではない!

>単独の遠征だがベースキャンプでは冒険家たちの遠征を陰で支える各分野のプロがいる。
山岳界では、BC・他からの支援が一切無いのを、単独と言う。
冒険界では、位置・天候他の情報の遣り取りが有っても、単独と言う不思議・・・

**********************************************************************

2022年1月3日8:29(日本時間)/第50報

1/2 46日目 距離22km 高度148m
朝のアラームで起きれない事が増えてきた。疲労のせいか気付くと二度寝している。時計はベースキャンプの時間で動いてるがオレは通常朝5時に起き23時に寝る。単独行はやる事が実に多く睡眠時間の確保に必死だ。明日には山脈越えの取り付きまで行ける。壮大な景色が実に美しく、また恐ろしい。

southpole220102
southpole_shirase050

①を選択した様です。単に極点に到達したいのなら、少しは可能性が有る②を選ぶかも。
しかし、前回(’19年)補給を受けながらも、極点に到達してるので、
今回は
>南極横断山脈越えにかかる。単独で登りを越えたら世界初
を目指す事に・・・
期限が何日だか判らないが、期限内に山脈を越えて3200mの氷床台地に上がらないと、
迎えの飛行機が降りられない・・・60日としたら、まだ2週間有るから越えれるか?
**********************************************************************


に続く