7月26日
朝に、釣友O君からメール「H氏の事聞いてるか?」「何?」「亡くなった、詳細は後に。」
4年前から膵臓癌で、短期入院を繰り返しながら、化学・放射線療法を受けていたが・・・
dbfd99cd0a606ae99ab8dd4a54c5a606_t
県南部の大曲に住む、釣り仲間Tに電話。
O君から知らせを受けたが、秋田まで車で片道1時間の運転は無理だと言う。
Tは、昨年の暮れから歩行困難に為り、長期検査の結果“封入体筋炎”と診断された。
難病指定15番の、原因不明・治療法無しの病に罹ってる・・・下肢の筋肉がスカスカに為り、中に脂が入り込んでる・・・座ると立てない、椅子・杖の生活。
筋委縮症(ALS)と似てるが、罹患後の余命は5~15年らしい・・・
焼かれる前に会いたいと言う。かなり遠回りに為るが、俺が迎えに行くか?と・・・
湯沢に住む、釣り弟子のFもH氏に世話に為ってたから、連絡をして彼の車で向かうと。

しかし、返事が来ない・・・電話に出ないと・・・連絡が着いたのが12時。
その間、O君から自宅でなく、葬祭場だとの知らせが入る。
湯沢と大館から秋田に向かっても、2時頃には着けるだろう・・・33℃で暑かった。

車を走らせながら・・・Hとの約20年が想起される・・・釣りのシーンが殆どだが・・・
PCが普及し始め、男鹿半島の釣り船屋のHP掲示板が、Hとの出会い。
出身高校が同一な事・Hの兄が県山岳界の重鎮で、
ヒンドゥークシ登山の開拓者、
('60年代後半に中国・ネパール間の国境紛争が続き、ヒマラヤ遠征が不可能と為った。山岳界の目がアンデスより費用が安い、アフガンの
ヒンドゥークシ山脈に向けられた。
こんな事で急接近したし、
Tとの交流も彼のブログを通じてが始まりだった。
真鯛の流し釣り・磯の黒鯛釣り・流行り始めたメタルジグでの鰤釣りに引きずり込んだ。
近年は、2人共に弱り釣行出来ずに居たが、当然俺も海が遠く感じる昨今だった。

2時に葬祭場に着くと、駐車場にTとFが居た。
Tの歩行を手助けして・・・スキー1級・県サッカー界の草分けの姿に愕然・・・
HもTも病んでた事は知ってたが、時節柄会えずに居た。

湯灌が始まる処だった・・・Hの兄がポッンと椅子に座ってる・・・
湯桶から柄杓で、両足に掛けてやる・・・綺麗な象牙色。

装束を整えられ・・・納棺。格幅が良かったHは、とても軽かった・・・
仕事着が掛けられたが・・・ブカブカさが何とも痛い・・・
Tがボソッと言う、「俺、全盛期のサッカーユニホーム取って在る、其れって言って有る」

昨日(27)に火葬。
昨夜、HのFBに奥さんが投稿した画像、釣りが出来なく為ってから始めたカメラ。
西方浄土便に乗って旅立った・・・予測したかの様な写真だ・・・
295868031_1708903099488999_4938747790163205627_n
今日(28)昼から葬儀だが、時節柄家族葬だと・・・コロナ7波、連日1000人超え。

享年74歳、在りし日のHの釣果。
14502833_306905366355453_4157719993951631491_n
この歳に為ると、嫌な出来事ばかりが続く・・・それでも酒・煙草が止められ無い・・・