12月3日
秋田八幡平スキー場、通称“秋八”へ。昨日(2日)で、降雪量は45cmに達した。
夜間も降ってるはずなので、今朝は更に積もってるだろう~と、朝8時に家を出る。
予報では、平地は昼過ぎから雨だが、1000mの山は雪に違いない・・・
久々の雪道だ・・・途中から4駆に切り替えて山道を登る。

八幡平への登りに入ると、前方に2台後ろに3台、列で走る。この時間走るのは、スキー客。
スキー場着が9時半、駐車場には矢鱈車が・・・土曜で雪が降ったと言っても異常な数だ。
9時過ぎてるのに、リフト空運転中・・・隣の車の親父が帰って来て、今日はリフト廻さないと言う。積雪60cmに達して無いので、今日は休業らしい。
根性の有るボーダーの何人かは、シューを履いて登ってる。

準備をしてゲレンデへ・・・ゲレンデ下部で、SAJと書かれた
揃いのウェアを着た100人以上が、基礎講習を受けている。指導してる奴は赤ウェアだ・・・

今日ここに来た目的は、初滑りよりも毎年シーズン初めに、標高差150mの区間を直登で何分で登れるか? の体力測定が主だ。登ったらシールを外しで滑走~
10年前は18分で登れたのだが、徐々に落ち昨年は22分だった・・・今年は如何に・・・
2022_12030002
ひたすら直登する。急な処はヒールサポを2段目にして・・・
脚・腿の疲労感よりも、息が苦しく25~30歩で、立ち止まり一息入れる・・・
2022_12030004
目標の“青森トド松”に、
30分掛かって着く・・・過去最悪!!!
2022_12030003
圧雪されて無い事も有るが、掛かり過ぎだ・・・11月上旬にコロナで、5kgも体重減。
中旬に、少し早足散歩しても息が上がって、体力が落ちた事が判ってた・・・
徐々に慣らすより、仕方が無いだろう。

ゲレンデTOPに向かって、登ってると・・・
SAJの連中が班毎に講習中だ。
エッ!! リフト運転しないと言って、一般客を返してたのに・・・客が居なく為ってから
リフトに乗って、此処で講習してる
SAJって何様??
2022_12030005
兎では無い足跡・・・カモシカか? 熊は左右2列に歩く。
2022_12030006
TOPに着いた・・・此処でも班講習をしてた・・・邪魔しない様に脇をラッセルで通る。
2022_12030007

前から気に為ってた、謎の施設に向かって、今日のトレールが有る・・・
辿って見るが・・・100m程でブッシュに阻まれて、引き返した様だ。
2022_12030008
八幡平山頂へのツァー標識100番が・・・起点が此処で、山頂は300番。
樹氷見物の頃には、100番標識が足元に為るだけ積雪が増す。
2022_12030009
新雪をトレースするのは、楽しい~
2022_12030010
ゲレンデTOPに戻る頃から、吹雪に為る・・・リフトスロープ下の空間が風雪が防げそう。
板を外して大休止、見るとまだ講習をしてる。シールを外して滑走の準備を。

吹雪の中、無圧雪のゲレンデを滑るが・・・視界が無く、凹凸も見え難い、
緩斜面だと滑ってるのか? 止まってるのか?  ハッキリしない、酔った感じに再三為る。

途中でも
SAJの3班が講習してたが、圧雪されて無い処では、上手いとは言えない感じ!!

スキーハウスは開放してた。入り口に[全日本スキー連盟 東北ブロック研修会]の垂幕が。
SAJって全日本スキー連盟の略だった。本当に一流処が集まってるの? 三流の練習会か?
喫煙部屋で会話を聞いてると、土日講習らしく、今日は吹雪で午後は無しらしい・・・
各温泉に分散宿泊らしいが、後生掛温泉の箱蒸し・ドロ湯が人気の様だ。
コロナ不況下、県外客が金を落としてくれるのは、有難い事だ。

パン・チョコ・缶Bで昼飯後、ハウス前で板を履こうとしてたら、声を掛けられた・・・
顔を見たが・・・何処の誰やら思い出せない・・・スカルパ・マエストラーレの靴に見えたが、それを履いている知り合いは居ない気がする・・・
“斑呆け”に為ったのかも知れない・・・声を掛けてくれた方、御免なさい・・・

吹雪だが・・・もう一度タイムに挑戦、33分だ・・・ガックリで有る。
ここから滑って帰る事にするが、隣の斜面が荒らされて無い・・・
向かって見る、膝までの雪・・・お陰で加速しないが、凹凸が見えなく四苦八苦。

車に戻り、ショーワのゴム手で雪払い・・・この手袋は、濡れず・冷たく無く最高だ~
猛吹雪の中、点灯して慎重に下る。玉川分岐からは雨、道は雪解けでグチャ
グチャ・・・

明日は、積雪もタップリでリフトが廻るだろう・・・
八甲田は、ブッシュで当分無理なので、晴れ間を見て又来ようと・・・

道具で思った事
サイドにポッケが付いた小型ザック。中に大量の雪がゴッソリ入ってる。
古く為りゴムが伸びてるからなのだが、切り取って仕舞うか? 内側にゴムを付け替えるか?

後日、両サイドポッケを切り取って、スッキリです。