12月17日
15.16日と続いた、この冬初の寒波が去り、今日緩んだ・・・
今朝起きたら15cm程の積雪が・・・朝飯喰って、8時から雪寄せを・・・
9時半に終わって、PCで天気予報をチェック。
直ぐに次の寒波が来るとかで、山行を予定してた19日は、雪・吹雪マークに変化・・・
その後の日を見ても、今日より無さそう~

恐る恐る妻に・・・山サ行ってもいい?  雪寄せで疲れてないの? 大丈夫。
直ぐに、登山届けの雛形を修正して、プリントアウトする。

9時半を過ぎてるので、これから山に向かっても、登れる範囲は限られてるが・・・
夏は暑くて嫌いだが、雪の中を歩きたいのだ・・・

車には、常に山道具一式が積んで有るので、喰い物を持ては、直ぐに出発可。

一番近い森吉山、今季はまだ行って無い・・・11時に森吉スキー場に着く。
何と、駐車場が舗装されてる・・・夏は、砂利だったのに、市がやってくれた?

準備をして、登山届を出す。4番だ・・・既に3パーティーが入山してると言う事だ。
ゴントラ1回券を買う・・・エッ!!! 1400円だと・・・200円の値上げだ・・・

券売り場で、バッタリ「今来た?」 「1時間前」だと、ただのスキーで来たらしい・・・
スキーは下りのみ・・・山スキーは、登ってナンボ・・・どうする鳥海・・・?

11時半にゴンドラに乗り込む・・・
今日も新雪・深雪を予想し、重いがセンター105の沈まない板で。

天候も良くないので、帰路の目安に、標識を約80本持参。
2022_12170002
視界は良くないが・・・ブナの雪化粧を眺めながら・・・
2022_12170003

11時45分、ゴンドラを降る。シューの2人と山スキーらしい2人が降りて来た。
時間的に途中敗退か・・・

直ぐにシール登行。樹氷平から山に入る・・・彼等のシューの下りの跡とスキー跡が・・・
2022_12170004 パノラマ写真

樹氷は、未完成です。南の垂れた雲が、気に為るが・・・
2022_12170006 パノラマ写真

南南西の遥か彼方に、鳥海山が・・・この天気で珍しい・・・
2022_12170008

石森への尾根に出た、奥に山頂が見える・・・天気が天気なので、ここから標識を立てる。
北西からの風が、超寒くて左頬が痛い・・・フードを被る。帰りは風向きが逆に為った。

2022_12170009 パノラマ写真

石森P(1300何m)着く。90°進路を変え、曲がった事が判る様に、標識を3本立てる。
先のシュー2人とスキー2人は、ここから引き返した様だ・・・この先にスキー跡無し。
2022_12170011 パノラマ写真

阿仁避難小屋を目指して登る。途中、振り返った画像。左が石森P、三角が一ノ越P。
石森Pからは、シューで登った跡が・・・ストック跡から4人か?
2022_12170014 パノラマ写真
途中で、山頂から降りて来る4人が見える・・・
1300何mの阿仁避難小屋に着いた。
小屋前にシュー2基、
2階から侵入して、ガタガタ靴音が聞こえる・・・
小屋前で立食いしてるシュー男女。これで3パーティ確認。時間的に俺が最後だ・・・
2022_12170017 パノラマ写真

1300mを過ぎても、樹氷は未完成・・・
2022_12170019 パノラマ写真

稚児平手前で、南東方向から低い黒雲が流れて来る・・・この先、荒れるに違いない・・・
2022_12170023
1400何mの山頂が目前に見えるが、1時半に為ってしまった・・・
この先の天候悪化を予想して、ここで断念する。
休み無して来たので、板を外して大福餅を2個喰う。そして、即 旗を回収しながら戻る。
後で、この決断が大正解だった・・・


途中、一瞬だけ日差しが射したので・・・樹氷原を・・・
2022_12170024 パノラマ写真

標識が有れば、心強い~
2022_12170026

間もなく、石森P
2022_12170027

石森Pからの、森吉山(向山) 山全部が樹氷原だ・・・
2022_12170028 パノラマ写真
石森Pで、スキーの単独男性が・・・強風の中、シールを剥いてるのか・・・
この強風では、シールを剥ぐ気に為れず、そのままで滑る・・・体が右に倒され気味だ。
トレールが消え掛かった処も・・・雪庇が形成された風(季節風)とは、逆から吹いてる。

2022_12170030

風が息をしてて、強い時は立ち止まり、風に背を向け・・・弱まってから進む・・・
山頂を目指さず、早目に帰って正解。時間が経たら、もっと手前で地吹雪に合ってたかも。

風の当たり具合か? トレールが残ってる処も・・・雪庇の先の雪が飛ばされてる・・・
2022_12170031
ゴンドラ山頂駅が見えた処で、石森Pに居た単独氏が追い付いて来た・・・
名字を呼んで声掛けして貰う・・・大館の◯◯だと・・・「急に荒れて来たな~」 
「気を付けて~」と、一気に滑り降りて行った。メットにゴーグルで顔判らずだ・・・
大館◯◯さん? さて、何処で会ったか・・・思い出せ無い・・・やっぱり呆け症状か?
冬山は、何時も“黄と黒”のツナギに、熊尻皮を付けてるので、見た方は忘れないのかも。
何年か前の大寒の阿仁避難小屋泊での、鷹の巣山岳会の方か・・・
又は、八幡平でお会いした方かも・・・困ったものだ・・・
大館の◯◯さん、申し訳無い・・・今度お会いの節は、宜しくです。

3時にコンドラ山頂駅に着いた・・・駅舎の、風が当たらない処でシールを外し、
旗をザックに結び、靴と金具を滑走モードにセットして、スキー場を滑走。

事務所に下山報告をして、帰路に・・・途中で、阿仁の知り合いの飲み屋に寄る。
陸自レンジャー上がりの兵だ、奥さん共々元気な様子、一杯飲みたい気分だったが、我慢。

暫く、悪天が続く・・・次は、何処の山を登るか・・・
予想では、Xmas寒波が来るはず・・・それが過ぎてからか・・・