海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

2015年02月

2月26日
今日の夕方から天気が崩れる予報。
ここ2.3日は春らしい日なので、崩れる前にヒト滑りと思い、田代岳へ。
山瀬ダム湖の橋から田代岳がはっきり見える、南面には亀裂が・・・
イメージ 1
家を出たのが9時で大広手口着が10時です。
山道の約半分は地面が露出し、ガタガタ道・・・
準備をし10時15分スタート。
TLT+兼用靴で夏道の杉林を抜けた処から、
右尾根に伸びる枝尾根を登る。
イメージ 2
急なので、ジグ登り。
右尾根に出ました・・・
イメージ 3
雪玉はまだ落ちてません・・・しかし、爆弾跡はあちこちに・・・
イメージ 4

林越しに、山頂ドームが見えます。
イメージ 5
まもなく、9合目の湿原ですが・・・雨が流れた跡の縦溝が・・・
嫌な予感・・・・
岩木山がいい感じ。ブナ林の中は風も無く、日差しが強く、
ツナギウエァの上半身を脱ぎ両袖を縛る。汗掻かないようにゆっくり・・・
イメージ 6
ガリガリの縦溝に、薄く粉雪が・・・・登りは良いが滑走が・・・心配。
湿原に出ると、西風が強く体が冷えるので、
ツナギ上を着込み毛の帽子を冠る。
イメージ 7

山頂に着きました、12時。 1時間45分も掛かってしまいました・・・

イメージ 8
ここの神社の中で、おにぎり1個・どら焼き1個。
30分休んで、シールを外し、12時半に滑走スタートです。
イメージ 9

ドーム下の湿原に何とか滑り込めました~
ガタガタの縦溝・・・一番好きなパターンです・・・汗・汗
スキーの跡すら付かない・・・転ばずに良かった~~
左尾根を滑って帰るつもりでいたが、
痩せ尾根は風当りも強く、ガリガリが予想されるので、往路を忠実に・・・
後は、ブナ林間を好きな様に滑って、大広手口着が1時15分でした。
これから暫くの間は、どの山もガタガタ縦溝に悩まされるか・・・・

21日の登攀を、忘れない内に記しておこう。

東面取り付き迄
①男岳西尾根は、予想に反して雪面が絞まっておらず、
 踏み貫き等の体力消耗が有った。
 最近まで降雪が続いてた為だが、カンジキ・ストックを使い、
 時間・体力ロスを防ぎ、男岳にデポすべきだった。
②男岳着が昼近くだったので、準備を急ぎ、昼飯を抜いてしまった・・・
 少しでも腹に入れた方が良かった。

東面でのルート変更
 予定してたⅠリッジの取り付き岩稜が、
 あんなにボロボロとは思わなかった。
 アイゼンを立てると崩れる状態、
 隣のⅡリッジも見た感じ同様と思われる。
 凍結してる早い時期に登るか、アンザイレンが必要。

登攀用具の選択
①ルンゼルートに変更したが、雪に絞まりが無く、
 直登ルートの時の様にピックを刺して登れる処は少なかった。
 ほとんどはシャフトを深く刺し、支点として使った。
 由って持参したバナナピックのバイルよりは、
 ノーマルを選択すべきだった。
 50cm・57cmの長さ選択は良し。
イメージ 1

②アイゼンは12本爪を使ったが、日差しが当った雪は、
 巨大団子化し落とすのに一苦労。
 スノーガードは付けてたが気休め程度・・・対策を考えなくては・・・
 靴にピッタリ設定よりは、
 縦横2mm程度の隙間が有った方が良かったのかも・・・

秋田駒ヶ岳・東面(仮)1ルンゼ登攀記録は下記↓

2月21日、秋田駒ヶ岳東面Ⅰルンゼ(仮)を登攀しました。

20・21日は、久々の2日連続晴れ予報、暖めていた計画の実施です。
男岳から200m下降し、顕著な2本のリッジの内のⅠリッジを登攀予定。

Ⅰリッジを選んだ訳は、
この時季雪庇に邪魔されずに男岳山頂に貫けれるから・・・
Ⅱリッジ・直登ルートは、
有る程度雪庇が落ちてからでないと、最後に進退窮まります。
(2010年の直登ルート登攀記録は、下記)
イメージ 23


田沢湖に至る小峠を越えると・・・・
イメージ 1
中央に男岳(おだけ)・男女岳(おなめだけ)・女岳(めだけ)が、
ドーンと見えます。
昼過ぎに、田沢湖スキー場に到着し、シール登行しでスキー遊び。
イメージ 2
スキー場からの男岳。
駒3リフトの終点からの男岳西尾根が、今回のアプローチルートです。
この日は、スキー場の駐車場で、車中泊。


9時のリフト運転開始に合わせて、準備しリフト券3枚購入1200円也。
男岳山頂は、ガスってたが昼からは晴れ予報、通称ドームは目視可能。
イメージ 3
リフトを乗り継いで・・・
イメージ 4
リフトの左手に八幡平が・・・モッコ岳がポッコリ見えます~


駒3リフトの乗り口で、登山計画書を提出。
男岳西尾根を登り始めますが、
以外に雪が柔らかく、時に踏み貫く事も・・・
イメージ 5


アイゼン無しで、高度を稼ぎます~ 眼下にスキー場。
イメージ 6


P1を過ぎる頃から快晴に~ ドーム直下の様子。
イメージ 7


右手の、水沢尾根。
イメージ 8


振り返ると、遠くに人影が・・・
イメージ 9


水沢尾根が近付いて来ます、男岳山頂で合流。
イメージ 10


振り返って、田沢湖。
日本最深のカルデラ湖 水深4百何十mだったか???
イメージ 11


ドーム全景。水沢尾根越しに、女岳が見え始め~ 水蒸気が上がってます。
イメージ 12


女岳の頭が見えます、地熱で雪が無く水蒸気が・・・
イメージ 13


男岳山頂に着きました、11時30分、ここまで2時間。
トレイルが有れば、1時間半ぐらいで登れるのですが・・・
眼下に女岳、以前は山頂に地熱で雪が無かったが、
左裾にマグマ移動してるのかも・・・
1970年に噴火してます。
イメージ 14


当時 溶岩が流れた様子。
イメージ 20


男岳山頂からの、森吉山。
イメージ 15


八幡平、焼山山塊も見えます~
イメージ 16


男岳稜線と八幡平。まさに平らな山・・・
イメージ 17


秋田駒ヶ岳の最高峰、男女岳。
キャットで旧アッスルスキー場から上がって来た、スキー客が・・・
イメージ 18


岩手山も・・・・
イメージ 19


大休憩して、
12本アイゼン装着・ピッケルとアイスバイル用意・ヘルメット装着。
12時に東面取付点、馬場の小路(通称ムーミン谷)に、
水沢尾根伝いに降ります。
イメージ 21


正面のコルから、左斜面を降る予定、ここで雪の状態がチェック出来ます。
柔らかいもののピッケルを刺しても、
堅い層等は無く雪崩の心配も無さそう・・・
イメージ 22


女岳の隣には、小岳の噴火口が・・・ここから下降です・・・
イメージ 24


水蒸気を揚げる女岳北斜面。
イメージ 25


下降地点からのⅠリッジ上半部。
イメージ 26


この岩稜の基部を左に巻くと、Ⅰリッジ取付点。
イメージ 27


降りて来たルートを見上げると・・・
イメージ 28


Ⅰリッジ取付きから見上げた、女岳。水蒸気が雲のように・・・
イメージ 29


下には、小岳噴火口が・・・
イメージ 30


Ⅰリッジの基部に到着です~ 
岩稜はボロボロで、日に当たって氷塊がバラバラ落下してます。
メットが有るから良いものの、危な過ぎます・・・・
30分も格闘しましたが、登れたのは10mほど・・・・
イメージ 31


時間が無くなるので、岩稜のリッジルートを諦め、
Ⅱリッジとの間だに有るルンゼに登路変更。
イメージ 32


当たり前の事ですが、上部に往くほど傾斜が増します・・・
両手でピッケル・バイルのシャフトを深く刺し、アイゼンを蹴り込み・・・
若い頃に、こんな斜面は練習では登ったものの、60度以上有るのは確実。
這い上がる度に顔面と雪面が30cmほど・・・・
1時間半も掛かりました・・・
足場を崩さない様に、両足揃えては休めませんし、四苦八苦の連続・・・
このルンゼを真っ直ぐに詰め・・・やっとⅠリッジとの合流点へ。
イメージ 33


下の谷が、馬場の小路。右の岩がⅠリッジ、左がⅡリッジです。
ようやく腰を下ろして休める場所に着きました~~ 水分補給。
イメージ 34


ここからの展望
イメージ 35

イメージ 36


下降の際の足跡が見えます・・・
イメージ 37


早池峰山が・・・
イメージ 38


遠くに、鳥海山も見えます。
イメージ 39


男岳山頂に戻って、1時30分過ぎです。
アイゼンを外し・バイルをザックに取り付け、
2時までチョコを食ったり・水分補給して大休憩。
天気は良いし、大絶景堪能。 鏡のような田沢湖です。
イメージ 40


男岳山頂の祠も雪に閉じ込められてます。
イメージ 41


後は、西尾根を下るだけ・・・一応ピッケルを持ち慎重に降ります・・・
駒3リフト降り場着が、1時間後の3時、ピッケル・メットを仕舞い、
スキー場の最短を狙ってドンドン下り、車着が4時15分。
今回は、状況が悪くルート変更し、緑のラインを登りました・・・・
イメージ 42

土曜・日曜と、吹雪・降雪が激しかったが・・・
今日は、曇り一時晴れ予報、低い山なら・・と思い田代岳に。
最近調達した、ディナフィット・TLTラディカルSTの試運転の意味も・・・
大広手口迄の山道は、ダム湖を過ぎると大型ブルで除雪中です。
山道は前回以上に上下にうねり、波乗りロードと化してます~

取り付き点を、大広手口の先に有るカーブからと予定してたが、
何と背丈以上の雪壁で、とても這い上がれない・・・ここ数年にない積雪量。
戻って、定位置に車を止め、夏道から右尾根に取り付きます。
イメージ 1
振り返って、左尾根。
TLTは、軽くて金具の重さを感じません。
爪先左右で固定されてるだけなので、板を引き摺ってる感じ。
方向転換すると、ジルブレッタ404の様なリターン機能が無いので、やや不満。
軽量化の為にそんな機能が無いのは知ってたが・・・
ブレーキ機能を止めて、リターン機能の方が使い勝手は良いと思う。

イメージ 2
夏道には、昨日登ったトレイルが・・・ストックの跡からして、2人か?
登行モード、一段・二段も試しながらゆっくり登り・・・
やがて、ヘアピンカーブで右尾根に合流です。
尾根に上がると、北からの風でブナ林が轟々と・・・
頭上から爆弾が、バサッ、バサッと落下・・・当ったら首折れるかも・・・

イメージ 3
熊棚の処まで来ましたが・・・爆弾が怖くてここで退散を決意!!

TLTを解除しジールを外して、滑走モードで踏み込んで見るが、
上手く往かず・・・爪先の穴に雪が噛み、手袋で掃って成功。若干のコツが必要か?
イメージ 4
途中の雪玉。
帰る途中もまだ除雪してました~ 大型2台で・・・有り難い事です。
三菱重工ロケットエンジン燃焼試験場のお陰です。
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7
マシュマロ渓谷の様子。

今日は、TLT金具の試運転に満足。誰も居ず貸切の田代にも満足。
ラジオで、国会代表質疑を聴きながら降りて来たが、
岡田の久し振に迫力ある質問に、答える安倍の軟弱さを感じた・・・・

県警から、事故詳細が公表されました・・・

7日、入山し、行者小屋へ。
8日、阿弥陀岳往復の予定が、悪天候で視界が悪く、
   中岳との鞍部から逆方向の南側に下った。
   途中で気が付き、ビバーク。
9日、阿弥陀岳南稜を登り返した。
   午後3時45分頃に、
   主将の指示で1.2年生の男子部員3名が行者小屋へ先行。
   3名は、午後6時頃に小屋に到着。午後9時頃、監督に連絡。
11日、2ルンゼ2.560m付近で、遺体発見。1.5m埋まってた。

これが、行動概要です。
行者小屋関係者談として、8日は朝から強風・降雪で視界が悪かった。
小屋利用者の中には、
天候悪化を見越して7日の内に予定変更した人も居た・・・

私見
滑落事故の以前に、事故(判断ミス3回)が起きていた様です。

①悪天候下でのアタック実施。
 (天気図作成・判読、ラジオでの情報は冬山での常識)
②鞍部から、北側に下るべきが南側に下る。
 (視界無しとして、磁石確認の欠如。ルート旗は無かった模様)
③ビバークしたのは良しとしても・・何故、南稜を登り返したのか・・・
 (南稜ルートは、冬季登攀の対象ルート。
 山頂に抜けないと予定のコースに戻れない。
 標高が低く斜面も緩い、中岳を目指さなかったのか?)

2ルンゼで発見された事は、ほぼ山頂まで登り返した事になります。
 南稜の途中で滑落してれば、3ルンゼのはず・・・
 滑落が雪崩を誘発した・・・と考えます。

全員での行動をせず、経験の少ない1.2生を先行させた事も問題。
(2重遭難の危機)
男女差別では無いが、女子を同行した事も問題。
(体力面で難は無かったか・・・)
リーダーの資質が問われる事故です。
知るほどに、遣る瀬無い事故ですが・・・・・
教訓として記憶せねば為りません。

吹雪で、真逆の方向に下りて遭難した例は多々有ります。
人の本能として、正面からの風雪に顔を背けるとか・・・
05年3月に、秋田・岩手県境の乳頭山(烏帽子岳)で、秋田年金の会の
43名が風下の岩手側にワンビバーク後、
降りると言う遭難事故が有りました。
この時の会長は、「全員無事降りたのだから、遭難事故では無い、
道を間違えただけだ」とノタマッテました。



大学山岳部伝統校が、事故を起こした。
しかも、冬山入門で入山者の多い八ヶ岳で・・・
詳細は不明だが、大学山岳部らしからぬ事故。

らしからぬ理由は、
①阿弥陀岳登頂後に帰路を失い、ビバーク。
 日帰り登頂出来る山なのに、悪天日を選んだのか?ルート旗の設置は?

②ビバーク態勢は?
 この時季、-15℃以下に為る様な環境では、
 ツエルト被った程度なら一睡も出来ないはず。体力の消耗が激しい・・・
 雪洞・イグルーを掘ったら、内部は0℃以上に保てる・・・
 スコップの有無は?

③2人は、アンザイレンしてたという・・・
 消耗の激しい部員を、確保目的でザイルを結んだ判断は良しとしても、
 コンテニュアス(2者同時行動)で行動してたのか・・・
 雪庇を踏んで滑落・・・結果止めきれず巻き込まれたのか?
 スタカット(1者行動・1者確保)で行動してたら、
 滑落を止めれたかも・・・
 この方式の訓練は、飽きる程してたはず。
 本番では、通用しなかったと言う事か・・・
 本当に危険な場所では、ザイルを結ばないという選択肢も有るが~

いづれにしても、この3点で不可解な事故、遣り切れない気持ちだ・・・・

追記(2月13日)
同大の、山岳部部長(副学長)が、
「登山計画、装備に不備は無かった。」と会見。
しかし、本当にそうだったのか、今後の検証が必要。
現役部員・OB会員含めた現状把握・対策が今後の鍵となる。

大学山岳部の組織(大学から正式に認められた部の場合)

山岳部 部長(担当教授)
    |ーOB会
山岳部 監督(OB)
        |ーコーチ会(OB)
山岳部 主将
           |ーリーダー会(上級部員)
部員
年度ごとに、主将・リーダー会で、年間山行計画を組む。
監督・コーチ会が、計画を承認。
監督が部長に計画を報告し、年度計画が決定される。

今回の、阿弥陀岳山行も、上記の手続きを踏んでの山行だろう。
県警への救助要請も、大学を通してのものらしいので、
組織は機能してたと思う。
原因無くして事故は起きず、死者に鞭打つつもりは無いが、
判断ミスが招いた結果。

過去に、現役山嶽部員を亡くし、山嶽部存亡の危機を経験した者として、
非常に辛い作業ではあるが、原因究明・検証・対策を望みます。     
                             合掌


2016年1月16日追記
〔山と渓谷〕2015年5月号に、遭難事故の概要が記載されてます。

昨日今日と、最大の寒波らしいが・・・
8日には、半日雨が降るという変な冬・・・
朝、降雪量は少ないが除雪、娘の駐車スペース確保。
先月の30日に造ったイグルーの内部点検すると・・・
雨の影響で内部の雪が氷化し、見た事は無いが本物のイグルーらしくなってます。
イメージ 1
今日の夜に、孫軍団が一泊で来るとのこと、正月以来だ~
この中で、遊ばせよう、ソリも出して置かなくては。

そして、今日11日
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
兄は、冷たいと10分位で退散・・・・2歳の次男は、飽きることなく雪遊び!!
雪山仕様の根性有りそうです~~折角のイグルーは、居心地が悪いのか・・興味なし・・・

寄る年波か・・・年々山スキーで足回りの重さを感じてました。
板・金具・靴・シール等々・・・
冬山(積雪期)登山の場合、
スキー板のまま登れる山は別ですが、途中で板をデポし、
アイゼン装着して登る時は、登山靴でないと無理が有ります。
なので、登山靴に使える金具を選んでました。
ジルブレッタ404番か500番ですが、
404は片足1.050g・500は800gです。
500は軽くて良いのですが軽量化の為か、
404に在った登歩行の際に、
板を持ち上げるスプリング機能が付いてません。
斜登で切り替えしの時に、ダラーンと板を曳き回す感じ。

スキー装着のまま登れる山の場合、
金具・靴が軽いに越した事は有りません。
今季、旧ガルモント・マスターライト・兼用靴を購入、
片足1.120gです。
この兼用靴は、ジルブレッタ404・500にも装着出来るし、
TLT金具にも使用可。
今迄の登山靴は、1.400gでしたから軽量化が図れました。
今季の森吉・八甲田・田代等は、この兼用靴が活躍してます。

次に、TLT金具が欲しく為りました・・・
TLT金具が使える靴が有るのですから、当然かも・・・
ディナフィット・TLTスピード・ターン 349gが理想の金具ですが、
しかし、高価過ぎます・・・38.000円(税別)。
ディナ製のTLT金具は、
市場の90%シェアだそうで信頼度は高いのだろうが、
価格が・・・最大でも15%引き程度・・・

中古を探してたら、スピード・ターンではないが、
同じディナ製の ラディカルST が格安でした・・・
板+金具+シールのセットが23.000円、送料1.450円。
ラディカルST 550gの今季モデルは、56.000円もします・・・・
金具を手持ちの板に付け替えようと思ったが、
そうするとジルブレッタが余ります・・・
重さを計って見ると、板+金具で1.750gで、
手持ちの板と変わりません。
ガルモント兼用靴を合わせて見ると、
目一杯ヒールを前に調整してもヒールピンが擦れ擦れの位置、
あと1cm・・・

ショップの知り合いに相談、ヒール部を前に付け替えて貰いました。
彼は、アルペン競技板のメンテを手掛けてるが、
ディナフィットは初めてとの事・・・
ヒールピンと靴との隙間も、規定通り4ミリにセットして貰い、
縦・横の開放値も5.5に・・・1.080円の出費・・これで安心です~

イメージ 1
歩行モード 
イメージ 2
 
登行モード①
イメージ 3
登行モード②
イメージ 4
滑走モード ヒールピンと靴との隙間も4ミリに設定、
      これが狭いと設定値通りに開放しないとか・・・
イメージ 5

・・・・・・・・・・
金具の開放値ですが・・・・各メーカーでバラバラと思ってましたが・・・
彼曰く、全メーカーが世界統一基準だそうで、
靴サイズと体重から割り出す表を見せられました。
転倒して、金具が開放せずに骨折などの時、
開放値設定を守って使用してた場合は、
裁判を起されるとショップが休業補償・治療費の責を負うそうです。
外れるのが嫌で、開放値以上で使用してた時は、自己責任とか・・・
厳密なショップは、
開放値設定時に両者署名捺印して証拠を残しておくそうです。
全国で毎年、裁判事例が有るそうですが、
自分で強めの設定にしてると敗訴とか・・・
皆さん、知ってましたか?
・・・・・・・・・・

今日から何日かは、晴れ間が望めない週間予報ですが・・・
晴れたら、これ履いて試し乗りです~~






2月7日
前日の夜に、明日の天気予報を聞きながら、
秋田駒の下見(雪庇の状態)に往くか迷ったが・・・起床も遅かったので、近場の田代岳へ。
9時に家を出て、登山口10時着、登り始めが10時半。
土曜なので車5台停まってました。
大広手登山口の右尾根・左尾根共にトレイルがはっきりと付いてます。

前回は、左尾根を登り、ダイレクト尾根を滑ったので、
今回は、右尾根を登り、左尾根を滑る予定。
イメージ 1


春の陽射しが心地いい・・・
イメージ 2
途中 熊棚発見 一本のブナに3箇所。
ブナは、50年位経たないと実を付けないと言う。
イメージ 3

イメージ 4


この直径2mも有る雪球は、いつまで持ち応えられるか???
イメージ 5


樹林帯を抜け、9合目の高層湿原に出ると、
山頂ドームは雲の中で視界利かず。
風も冷たく、ファスナー全開を締め山頂神社へ12時半到着。
イメージ 6
神社内には、 田代白髭大神 が祭られています。
田代岳裾野の集落で、田植えが終わった頃に、
この神社で半夏生の祭事が行われるので、
農業の神かと・・・思うが・・・
大館市の小正月行事 あめっこ市 に、
この白髭大神があめっこ(飴)を買いに、
山から下りて来ると言う不思議・・・

4畳半のスペースが板張りで、皆さんそこで昼食。
秋田市の男女グループ・鷹巣山岳会2名。

イメージ 7


一足先に出たグループが高層湿原横断中、左尾根に向ってます。
イメージ 8


高層湿原で、山頂ドームを振り返る。
イメージ 9


いつも停まって眺める滝 普段の水量は見たこと無いが、冬はこの程度・・・
イメージ 10


橋の上から 川幅全部の滝 溜まりに岩魚が居そう・・・
イメージ 11


山瀬ダム湖がまだ凍結してます・・・奥に田代岳が・・・


イメージ 12


帰り掛けに寄り道して、
ディナフィットTLTビンのヒール部を移動取り付けして貰った。
開放値も再設定して1080円は安過ぎないか・・・
次回の山行は、1キロも軽くなったTLTビンで!!!

2月5日
昨日(4日)は、曇り一時晴れの予報で、
地元の田代岳でスキーかと思ってましたが、
2階の窓から見ても山は雲の中・・・中止にしました・・・
今日は、朝から晴れです! 
予報は、晴れのち曇りだったので、急遽八甲田へ。
やや遅い8時に出発、八甲田着が9時半。
風も無く晴れてました~
イメージ 1

赤倉岳・井戸岳は晴れてました。
八甲田大岳は山頂に雲が掛かってましたが・・・
イメージ 2

南八甲田側にも雲が・・・
イメージ 3

赤倉の登りも順調に・・・
イメージ 4

赤倉山頂に雲が・・・
ここまでは、風も無く日差しも暑い位で、
アウターの前・両サイドのファスナーを全開で登ってましたが・・・
イメージ 5

イメージ 6

右奥の井戸岳が雲の中に霞んでます・・
赤倉・井戸の鞍部に来ると雲の中に入り、
急激に寒く為りファスナーを締め、毛の帽子を冠る。
イメージ 7

視界が益々悪く為って往くので、
井戸→八甲田大岳→酸ヶ湯への縦走を止めて、
赤倉・井戸の鞍部から視界の利く毛無岱に滑走・・・
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

下に降りると、視界が広がります・・・城ヶ倉温へのツァーコースに合流。

イメージ 11
毛無岱に在る避難小屋、
今は廃屋ですが・・・緊急時はまだ使えそうです・・・

ここで、遅めの昼飯を喰い、毛無岱を横断して、2時に城ヶ倉温泉に到着。
酸ヶ湯発のバスが来る迄に1時間以上有るし、
天気も良いのでロープ駅まで板背負って歩く事に・・・
イメージ 12
途中のカーブミラーで。
55分でロープ駅に到着、車回収して帰宅。
今回は予想以上に天気の崩れが早く
当初予定したルートを辿れなかった・・・


2.3日前からの天気予報で、明日4日は晴れとの予報だったが、
今日午後5時の予報では、曇り・一時晴れに替っていた・・・。
晴れを期待して、昨日・今日と頑張って雪降ろしをしたのに・・・
昼に、いっ時晴れる程度では、秋駒計画は無理と判断、標高の低い田代岳で雪遊びか・・・

NHKクローズアップ現代を見た。
“スキー場外で事故多発、ブームの影で何が・・”がテーマ。
所謂、バックカントリー・スキーでの事故を指してるらしいのだが、
内容が薄いし・構成も可笑しいと思った。
①BC(スキー・ボード)は、昔は 山スキーと言ってたと、
   国谷裕子が解 説。

 自論であるが、
 山スキーとは、積雪期に登る為の手段の一部であり、
   滑る事が主では無い。
 バックカントリーとは、本来裏山を指す英語である・・・
 圧雪されたスキー場内では満足出来ない連中が、
   林間・無圧雪・無木立帯等を求めて、
   山に進出したのをBCと呼んでるだけ。

 
 昔、山スキーの金具は、皮製登山靴で使える物より無かったが、
 足首の安定が悪く、上手く滑り難かった。
   そこでスキー靴を改良した兼用靴が登場。
 兼用靴での滑走は、スキー靴に近い感覚が得られるが、
   登山には向かない物である。
 今は金具も改良され、兼用靴が主流となっている。

②ゲストの、ミウラ豪太の話もピントが外れてる・・・
 三種の神器を見せて、使い方の説明・・・それがどうしたって感じ・・・
 埋まった奴を探す手順の前に、埋まらない為の話が無いのである・・・
 5分・10分が境目であり、ゾンデ棒(プローブ)を刺してたのでは、
   死体探しに過ぎぬ。

山でスキー・ボードをする為には、
冬山で日帰り登山をする程度の、地図・磁石・替え手袋靴下・金具トラブル用応急針金他・ビバーク用のヘッ電・ツェルト・スコップ(死体を掘る為の物でなし)・予備食料・・・等が最低の持ち物である

先日、八甲田で会った方は、予備のカンジキを持ってました。
昔、仲間が立ち木に当たり、スキー片方が折れ、
壷足で悲惨な目に遭いました・・・
今の板では折れる前に、足が折れるでしょうが・・・
その為にもビバーク用が・・・
それを思い出し、この方は只者でないと思った次第。
三種の神器を持つ前に、
ザックに納めなければ為らぬ物が多々有るのです・・・

又、スキー場の管理エリア外を滑走する場合は、
管理者に届出をして許可を得るべきで、帰りの報告も必須。
殆んどのスキー場は、届出をきちんとすれば、
いい顔はしないがOKなはず・・・
迷ったから携帯では話に為らない、一晩生き延びる覚悟と装備が必要!

独断と偏見です、そんなに間違っては無いと思いますが・・・
ご意見有れば。

 
 

朝から晴れそうな気配で、田代岳にでも・・・と思ったが、
屋根の雪が1mにも達し、これからの暖気と雨が心配。
雪降ろし無用の構造とは言え、山を止めて雪降ろし日に。
イメージ 1
絞まり雪に為ってるので、スコップで切り込みを入れ、ダンプで下に落とす。
イメージ 2

イメージ 3
雪の厚い処は2回に分けて・・・
イメージ 4
1階の屋根100㎡の2/3を降ろして、今日は終了・・・
残りは明日のお楽しみ~ 疲労感マックス!! イグルー・かまくら 造り放題の雪の量だ・・・

追記(3日朝)
昨日、市から積雪量が発表になりました。昨冬の累計積雪量が、436cm。
今季は、1月末迄の累計積雪量が、521cm。
当地は、2月下旬まで降雪が有るので、この先どれ位降るか・・・
ちなみに、平成18年豪雪の時は、累計で615cmも積もったらしい!!


↑このページのトップヘ