海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

2017年11月

11月28日

昨日から、天気予報を睨んでました。
明日は、高気圧が張り出し・晴れるとの予報・・・

今朝6時に、各地のカメラをチェック・・・

秋田駒ヶ岳  スキー場からの映像、晴れてます・・・
スキー場はまだオープンしてません。
イメージ 1


八合目のカメラ画像、裏側も晴れてます・・・
イメージ 2


秋田八幡平スキー場の画像、キャットが圧雪してます・・・
イメージ 3


青森市内からの北八甲田、珍らしくド晴れです、最近は毎日雲の中・・・
イメージ 4




******************************



迷わず、今日は八甲田に決定です。
酸ヶ湯温泉のアメダスも1m20cmの積雪表示、何とか為りそうな積雪量です。

外に停めてた車の窓はガリガリに凍結、
エンジンを掛け解凍し、6時半に家を出て・・・国道の温度表示は-6℃・・・
碇ヶ関から高速に乗ると、凍結してて50キロ制限・・・二つ目の黒石で降りる。


黒石インターからの〝津軽富士〟岩木山。
イメージ 5


黒石から酸ヶ湯への途中、北八甲田連峰がドーンと見えます。   
イメージ 6


ブナ林の雪花・・・一番好きな景色、日が当たると落ちて仕舞います・・・
イメージ 7


酸ヶ湯温泉に着いたのが8時半、先日の八幡平に続き2回目の雪道で、
思ったより時間が喰ったが・・・安全運転に越した事はない・・・
板にシールを貼り、身支度を整え、9時スタートです。

前日のトレールが残ってます・・・
イメージ 8


ブナの二次林越しに太陽が・・・大好きな景色です・・・
北西の季節風に乗った雪が、幹の片側に付着。
イメージ 9


ブナ林を抜けると、日差しが直接当る・・・汗ダクで、汗が目に・・・
ハジ巻きタオルを忘れて来た・・立ち止まり防寒・防湿手袋からフリースの手袋へ。
フリース手袋で汗を拭う・・・こんなに暑く為るとは思わなかった・・・
ツナギアフターの上を脱ぎ、腹前で腕を結ぶ。
後続に先を譲り・・・シールに着く雪団子を引き摺り登る・・・重くて大変・・・

硫黄岳西斜面が見えて来ました・・・              
イメージ 10


振り返って、南八甲田。
イメージ 11


八甲田連峰の最高峰、八甲田大岳が・・・
イメージ 12


夏道沿いに登って往くと、地獄湯ノ沢が眼下に・・・
雪が安定してれば沢通しに登ると早いのですが・・・
イメージ 13


大きくトラバースして、中央の凸部を横断して、地獄湯ノ沢上部に入ります。
この辺りは沢からの硫黄臭が、風に乗って流れて来ます・・・   
イメージ 14


沢床に降りました・・・地獄湯ノ沢の最侠部の〝喉〟を目指して・・・
この辺まで登ると標高が上がった為か、シールに雪団子が着かず快適。
イメージ 15


振り返って・・・朝にはっきり見えてた〝津軽富士〟岩木山が霞んでます・・・
予報では明日は雨・・・
イメージ 16


愈々 〝喉〟に突入・・・風の通り道なので雪が付かず露岩が・・・
氷化しててシールが効かない時も有るが、今日は雪面を選んで登ります・・・
イメージ 17


〝喉〟を過ぎた処の風紋、吹き溜まりが風で削られた自然の造形・・・
イメージ 18


仙人避難小屋に到着。
今日は、途中で板を背負って歩くのも想定して、冬用重登山靴にジルブレッタ404。
岐路登り返しも有るので、ウロコ板にシールで・・・
新雪深雪に対応出来る、大リングのトンキン竹ストックで・・45年前の代物です。

                 小岳↓      高田大岳↓
イメージ 19


硫黄岳東斜面
イメージ 20

避難小屋で昼飯を喰い、シールを外しスタート。
                                八甲田大岳
イメージ 21


樹氷はまだ未完成・・・
イメージ 22


〝喉〟の通過は露岩が有るので、50mほど板を担いで・・・

地獄湯ノ沢上部のトラバースは、火山地熱と日差しで土が露出、板履いたまま突破。
イメージ 23


樹林帯の滑りは、ブッシュや枝が当たり悲惨でした・・・それに想定外の重雪・・・
木の無い処を選んで滑ったら・・・地獄沼に出ました・・・想定内でしたが・・・
             八甲田大岳↓     小岳↓     硫黄岳↓
イメージ 24


車に戻り、帰宅の途に・・・途中の〝大川原温泉〟200円に・・・
平日なので風呂はガラガラ、思いっきり水を出して、ヌルクシテ気分爽快でした~
熱い湯は苦手・・・
イメージ 25


登りも滑りも、暖気の腐れ雪に苦しめられた一日・・・
気温が0℃以下に下がらないと、スキーは難しい・・・・


過去の八甲田登山は↓で。

11月23日に、矢留山岳会主催の雪崩講習が有り秋田へ。

昨年の講習会の内容は→ 雪崩れ講習会 報告

BC(バックカントリー)等と言ってるが、〝裏山散策〟の意味に近い・・・
山スキーと言った方がスッキリしますがねぇ・・・

当日の講習内容
イメージ 1

内容は昨年とダブル箇所も有るが、再確認のつもりで聴いてました。
去年の那須での高校生の雪崩の話も出て・・この項で多々意見を述べてますが・・・


印象に残った言葉
「登る技術より、帰る技術」セルフレスキューそのものです。



ビバーク(不時露営)の話しに為り・・・
〔スノーマウント〕??? 初めて聴く言葉、所謂〝かまくら〟だそうです・・・
〝かまくら〟は当地が本場 子供の頃から掘って遊んでましたが、
造り方が違うようです・・・

スノーマウントが絶対早く、これに限る様な話でした。
ビバーク用にツェルト・雪洞・イグルーは知ってたのだが・・・
〝スノーマウント〟を検索すると2.3の記載にヒット、
個々に長短を述べようと思ったが、上手く纏められてるし、面倒なので転記します。



イメージ 7
イメージ 2
過去に掘って見て、一番時間の掛かるのが雪洞です。
排出する雪の量も多く、屈んだ姿勢も疲れるし、汗ダグに為ります。


次にイグルー、積雪量が少なくても出来ます。
積雪量が多いほど楽に出来ます・・・絞まり雪だと更に楽・・・
イメージ 3
文章にすると難しく為るが、遣って見ると意外と簡単です。


雪洞・イグルーは掘ってると枝が出て来たりする、
 市販のスノーソーでは歯幅が広く、枝切りには向かない・・・
 軽量折り畳み鋸(刃先20cm程度の物)が、雪切り・枝切り共に使い易いと思う。




2015年1月30日に造った時の経緯は→ イグルーを造ってみた~を参照。

画像は造ってから10日後の様子。角スコップでは壊せない、剣先でないと・・・
内部の直径が1.5mあるので、対角の壁を少し掘り出せば、足を伸ばして寝れます。
イメージ 6
春の雪解けまで放置してました・・・


さて、スノーマウントの話しです。
イメージ 4
カナダか? 米国から入って来た方式の様ですが、
これが簡単に出来るとは思いません・・・
雪を集める苦労・外から横穴を掘り・ザックを出し・床下を下げる、
屈んでの作業に為ります・・・・100Lザックなら空間も大きく為るが、
山スキーでは精々50Lのザック、大変な作業と思う・・・


イメージ 5

講習の最後の質問コーナーで〝スノーマウント〟に疑義を唱えてみた・・・

①4人で30分で完成と言う
 雪を山にしただけで?  外周を叩いて粘性を出さないと掘れないのでは?

②雪をスコップで撹拌しただけで、粘りが出ると・・
 雪国に住む人は経験上から、この可否の判断は出来ると思うが・・・

③人が乗っても崩れないと・・・
 そんなはずは無い、可笑しい・・・時間が経過したら別だが・・・

 
講師は否定されたと思ったのか?
口角 泡を飛ばして、興奮してましたが・・・・
(雪が積もらない処に住んでる人だもの・・ねぇ~)



この冬に庭で試して見るつもりです。楽で早いのはイグルーと思うが・・・


過去の雪崩講習会は↓で。

11月18日 待ちに待った季節到来です。

去年は、11月30日に秋田・八幡平で初滑走。その様子は今季初 山スキーで〝熊〟

この冬は、初雪が遅かったものの、4回目の降雪で根雪になりました~~
↓の画像は昨日の昼のスキー場カメラ画像、スキー場開きの日でしたが、
積雪30cmの為にリフトは廻らず・・・ハイクでのボーダーが映ってます。
イメージ 10


昨夜から雨が降ってたが、標高1000mでは雪と予想して就寝・・・
今朝(18日)は雨が激しく降ってたが、山は雪のはずと・・・スキー場にTEL。
「降雪中だが、リフトは廻さない。ロッジは開放・食堂は×」との事です。


9時過ぎに雨の中、出掛けました・・・標高800m辺りから道路に積雪が・・・
久し振りの雪道、4駆に切替えて慎重に・・・
ワダチが3本より無く対向車が来ると、互いに気を使いますが・・・
イメージ 1


スキー場に着いて、車内でアウターを着・靴を履く・・シールはロッジの玄関で。
雪は、超湿りの餅雪で、ベタベタとウェアや板にクッ付いて離れません・・・
イメージ 2


ボーダーが2人下の方で遊んでましたが、上に登る気配は無し・・・
板の上に乗った雪が重く、蹴っても雪離れせず潜水艦状態で雪の中を歩く・・・

コースの下にロッジが見えます、右側にはリフトが・・・
イメージ 3


積雪は処に因っては50cmほどで、ストックが半分も刺さる・・・
圧雪して無いので地山の形が判ります、良さそうな処を探しながら登行。
イメージ 4


さて、シールを取り・・・滑ろうとしたが・・・テールがギシギシと・・・
靴の前には膝まで雪が溜まり、止まってしまう・・・
昼はロッジに入りストーブに当らせて貰う、濡れたアウターから湯気が・・・
食堂が営業してたら、ワンカップと言いたい処だが・・・
CVS(コンビニ)で買った、サンドを喰う。


27度の斜面に向うと・・・冬毛に変わった〝黄金のテン〟が走って横断してる・・・
カメラは間に合わなかった・・・
兎は保護色で白く為るが、何故かテンは金色の冬毛に・・・
兎の天敵がテン、今日は兎の足跡は無かったが、餌を探してるようだ。
兎は毛が濡れるのが嫌いなので、降雪中は木の根元の雪穴に隠れてます。

テンの足跡
イメージ 5


重い雪にベロ垂らしながら直登・・・
イメージ 6


ブナ林にも、いい感じで雪が付いてます。
イメージ 7

イメージ 8


今日の道具
イメージ 9


湿り餅雪に体力を消耗した一日・・・圧雪されたら又来よう~~
6月以来、スキー板を履いて疲れたが、いい一日でした。
今夜も下界は雨・・・明日はリフトが廻るかも・・・


********************

11月20日 昼

スキー場のライブ画像によると、中央部を圧雪した様子です。
圧雪・非圧雪と、好きなコース取りが出来そうです~~
18日は湿り餅雪でしたが、その後の降雪で粉雪とか・・・
祭日・土日は混むだろうから、天気によるが24・27日頃は狙い目か???
イメージ 11


過去の八幡平登山は↓で。

週末から4.5日は、曇り・雪マークの日々が続きそうです。
現在の八幡平の状況です。
同時刻に八甲田の酸ヶ湯は、アメダスによると16cmの積雪。
上手く50cm積もれば、週末には滑れるかも~



スキー場のFBより
イメージ 3


このスキー場の傍で10月26日に撮られた、親子の姿。
イメージ 1

11月6日にスキー場のロッジから撮られた、ゲレンデで遊ぶ親子の姿。
イメージ 2

この雪で親子は、何処でどうしてるのか・・・上手く冬眠の穴を見付けたのか・・・
去年は初滑りの日に、ゲレンデを大熊が横断してました・・・



11月17日 追記 スキー場 カメラ画像より
昼には、初滑走に向う集団が・・・自力で登り始めてます、明日は朝から往かねば!!!
イメージ 7





********************


秋に2回目の芽吹きをした日光キスゲが、11月15日に最後の三輪目が咲きました。
蕾が3つ有り、全部咲けるか・・と思ってましたが、長い時間を掛けて開きました。
一輪目が咲いた頃よりは、葉が痛んでますが・・・種子を残す元気は無さそう。
イメージ 4

10月14日、一輪目開花。
イメージ 5

11月1日、二輪目開花
イメージ 6




********************



直近の出来事

先日、妻方の叔父が88歳で亡くなった・・・
昼に案内が届いて・・・仕事帰りの妻を待ち、即自宅に向ったが・・・
北海道に嫁いだ娘(妻と同じ年)が居て、葬祭ホールに安置してるとの話し・・・

20年前に奥様を亡くし、叔父の一人暮らしが長かったので、
家の整理が出来ずに、そうしたとの事でした・・・

長男は秋田市に住み、偶に入院先に顔を出す程度だったとか・・・

案内の時間に火葬場へ・・・菩提寺の曹洞宗の坊主の読経後に荼毘に・・・
呆気ないもので・・1時間20分で灰に、冷ます時間の方が長く掛かるとか・・・

火葬後本来なら自宅に帰るのだが・・・葬祭ホールへ。先の坊主が居て、再び読経。

読経後の坊主一言・・・
 立派な家が有りながら、葬儀までの間、此処で過させるのは可哀想な事ですと・・
今は忙しい世の中だが、49日間はこの世に魂がいる、
離れてる人は7日毎に故人の自宅方向に向かい、合掌して欲しいと・・・


翌日の葬儀後の法要で・・・
長男は、父親を今まで一人で置いたから、初七日までは家に安置し、納骨すると・・
長女は、家に帰って即納骨し北海道に帰ると・・二人きりの兄弟でこれです・・・

妻曰く これでは話しにならないから・・家に顔出すの辞めて帰ろう・・・


核家族化した現代、葬儀の有り方等で色々考えさせられました・・・
帰りの車の中で・・・
問い「お父さん 私が死んだらどーする? 」
答え「大した事は出来ないが、家に連れて帰るよ、49日まではね・・」
「俺が死んだらどーする?」とは、聞き返せなかった・・・・

11月10日

早朝 新聞を取りに出たら、車のガラスに薄っすらと霜が降りてました・・・
日中は穏やかな晩秋の一日、明日から寒波とか~
サボテン等の寒さに弱い鉢植えを、廊下のラックに避難させました。
春遅霜の心配が無くなるまで家の中です~


季節外れのアジサイが、虫に喰われながらも一本だけ咲いてます。
初夏に咲くような勢いは有りませんが・・・
イメージ 1


この冬は暖冬か? 狂い咲き、載せたイチゴも一粒は喰い頃に・・・
イメージ 2


今年最後の日光キスゲが咲いたで、載せたキスゲも最後の一輪が咲けるか・・・

イメージ 3




今日〝古希〟を迎えた・・・
特別な事は何もないが・・・今迄の事・是からの事、色んな想いが有る・・・
拙ブログを見て戴いてる皆様は感謝してます。
特にコメやナイスをしてくれる方には・・・何れにせよ、健康で有らねばと・・・


今朝、訪ねたブログに〝心地よい音楽〟が添付されてた・・期しくも誕生日である。
何回か再生して聴き入ってしまいました~ 初めて聴く曲でした・・・


夕げは、真鯛と本鮪の盛合わせ・地の銘酒少々、仕舞いはショートケーキで・・・


さて・・強豪ブラジルとの一戦、何処まで遣れるか・・・楽しみです。

今日は、文化の日で祭日だった・・・
毎日が休日なので、観念が無く為りつつ有るが・・・
朝霧が晴れると、穏やかな晩秋の日差しです。


ネットオークションに出てて、気に為ってたアトミックの兼用靴が有ります。
それがこれ、バックランド・カーボン・ライト TLT 26-26.5cm 片足1040g
’16-17モデル 1万円から入札で、3.5万円で即決可です。
新品なら、税込み118,692円もする代物です。触手が動いた・・・
割引価格でも8万ほどですから・・・

この靴の特徴は、画像の甲の黒いタングを外して登行すると、信じられぬ前傾が可能。
タングの下には防水布がセットされてるので、雪は沁みないのです。
甲のタングを省いて防水布式の靴は、何社か出してますが・・・
滑走時はタングをセットで、更に足首が安定します。
更に驚くのは、インナーを熱成型するのでは無く、シェル本体を熱成型です。
これはアトミックが初めてかと・・・・
イメージ 1


甲のタング・パワーベルトの無い、更に軽量モデル
イメージ 2

アトミックは履いた事が無いので、試し履きをしたいと思い、弘前モンベルにTEL。
同じモデルは無いが、同社の靴は有るとの事で、出掛けました・・・
山スキー靴は、表示サイズが同じでも、各社靴幅が別々です。
特にディナフィットは、欧米向けの細足サイズより作ってなく、
べタ足の日本人はプラス1cmでないと、幅が当たって痛いのです・・・

26-26.5cmを履いて見たが、良い感じでした~
しかし長時間の登下降には、どうなのか??? 当たる箇所のシェル出しが可能か??

モンベルの担当に聞くと、シェルは特殊な素材(グリルアミド)で、
従来のヒート・ガンでは、シェル出しが出来ないと言う・・・・

これでは話しに為らない・・軽量・前屈が利くので最高と思ったが、入札を諦めた。

**********

後記 11月6日
その後、懇意にしてるメンテ職人に電話・・・
オーブンで様子を見ながら熱して、インナーを履いて足入れすれば成型出来ると。
色んなメーカーを過去遣ってるので大丈夫、自分のも遣ったと・・・
それではと、25000円で入札・・・朝起きたら25500円で他人が落札(>_<)
冷静に考えれば、80gの軽量化の為に2万5千円は勿体無い話だ。
浮いた資金で、モンベルアルパインダウン定価18500円を送料込み8千円で・・・
厚手の本格的なダウンは持ってるが、薄手の羽織れるもの、程度もかなり良さそうだし・・
イメージ 4
更に、ディナフィット・アイゼン定価9000円を送料込み5500円で落札してしまった・・・
イメージ 5

**********

今履いてるTLT兼用靴は、ガルモント・マスターライト 26cm 1120g
80gの差は、体力で勝負か!
イメージ 3
この靴はピッタリサイズだが、右足の小指の付け根の骨が当たるのだ・・・
2度ほどシェル出しをしたが、3時間も歩くと痛くなる・・・
ゴローで重登山靴を造った時も、右足の幅が広いと言われた・・・

更にシェル出しをして履く事にしょう~  新しい物に目が往くが、自制だ!!!!!

今日 庭の冬支度をしてて、夕方偶然に見付けた。
夜明けから開花し・夜には閉じると言う一日限りの開花。
夕方なので、フラッシュが光り、本来の黄色が飛んでるが・・・



まだ、蕾が一つ・・・降雪前に咲けるか・・・
イメージ 1

この日(10月14日)以来の、2輪目の開花です。
暖かければ連続して咲くのに・・・機会を伺ってたのでしょう・・・
でも、〝種〟を残すのは無理なようです・・・

高山植物は環境に弱く・可憐な花と思ってたが・・・中々の根性です。


********************


元職場の釣り仲間から、磯釣り忘年会の連絡有り・・
12月7日は泊りで呑むので、宜しくとのこと。
20年も続いてる行事である・・・

↑このページのトップヘ