海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

2018年02月

今日は、春を感じさせる晴れた一日。
朝起きて、新板でのスキー往きを考えたが、シールが無くては面白くない。

幅広シールを買う余裕は無し(買えば2万以上)・・・
それに滑走面が全面シールでは重さも増す・・・
有る物で賄う事に・・・
年代物のMONTANA 170cmのシール。トップの折り返しも有る・・・・
糊は昔に取り除いてるので、細工は楽だろう。

イメージ 2



トップを外し・テールを切る、更にハサミで半切・・・
イメージ 12

シールトップの止めは、これも年代物のアイゼンバンドを再利用する事に・・・
イメージ 1

シールのトップとテールの金具を外し、半切すると86cmになる。
167cm板の体加重が掛かる部分には、丁度の長さだ・・・
イメージでアイゼンバンドをセットして見ると、良い感じではないか~
イメージ 3

ただ、誤算が・・・シール幅が5cmと思ってた・・・Wにして10cmだと。
センター幅10.5cmの板に、そのまま装着出来ると・・・
しかし現実には6cm有り、12cmになる・・・後でカットすればいいだけだが、手間が!!!!!


午前の作業終了

********************


今日は、春らしい本当にいい天気だ・・・
隣りの小学校には、ロータリー除雪車が来て・・・
校舎廻りの除排雪と、グランドに積もった雪を飛ばしてた・・・
これで、4月から新野球部の練習が出来るかもね・・・・
イメージ 10

我が家の小屋(1階車庫・2階物置)の雪が、暖気で迫り出してこの様である・・・
下面が凍ってるので簡単には割れて落ちないのだ・・・
この下でウロウロしてたら、下敷きに為り圧死である。
イメージ 11


********************

昼飯を喰い・・・裁縫の時間である・・・
シールを貼り流しにするので、末端をアイゼンバンドを切って縫い止める。
合わせ目も、離れない様に只管縫う・・・シールの裏が帆布より堅く多少手古摺る。
裁縫は山嶽部時代の合宿で、自分の衣類やテントの裂けを縫ったので苦には為らぬ。
イメージ 4


お茶タイムを何回も取り、縫い上げる・・・背骨が痛い・・・
次にシール糊の転写、幸い12.5cm幅のシール糊シートの使い残りが有る・・・
ディナフィット・テストセンターで3.8m巻きと言って、売って貰った物の残り物。
86cm(一本分)取れるか不安だった・・・
足らなければ弘前モンベルで買い足す積もりで居たが・・・何と2本分取れた。
160cmシール2本に使った残りから、172cm取ってもまだ余った、オマケ過ぎ!!!!

シール裏に糊シートを慎重に重ね・・・化繊2の温度でユックリ熱を加える・・・
イメージ 5

熱が冷めてから・・・シートを剥ぎ、板に貼って見ると・・・当然余りが・・・
イメージ 6

センター幅10.5cmの板に12cmのシール。
エッジに沿って余分をカッターでカット・・・カッターの刃が古く難儀した。
エッジ分5mm細く仕上げたいが、面倒なので取り合えず此れで終わり・・・
後から暇な時に、新しいカッターの刃で仕上げればいい事・・・
イメージ 7

シールシートも、幅広の余りが有ったので、ベンジンで表裏綺麗にして再利用・・・
イメージ 8

一応 板に貼って見ました・・・アイゼンバンドの止め具はこんな感じ・・・
雑に貼ったので、ビンディングのセンターからズレテるが、
ソール面に印を付けて置けば、いい位置にセット出来るかも・・・
167cmの板に、86cmのシールなら効くだろう・・・全面シールだと重くなる・・
イメージ 9

今回のシール制作の出費は0円、全て余り物の再利用。
板の塗装は、暖かく為ってからの、お楽しみ~~

明日から天気が崩れるとか・・・下界は雨でも山には新雪が欲しい・・・
荒天が治まったら、八甲田か!!!!!


********************

今後の改善点
①シール幅 エッジが出る様に5mmカットする。
②糊面積  センター10.5cm幅では、粘着が強すぎて剥がすのが大変かも・・・
      中央に3cm程の布テープを入れて、BDシール方式を考えるか?

先の22日に、直登尾根(黄色)の踏破を目指したものの、
カンジキを忘れて・・・板で登れる限界の赤点で敗退・・・

今日は、カンジキ持参で再挑戦です。


積雪期の田代岳は、黄色の夏道からか紺色の大広手左尾根からの登下降が殆んど。
赤線色の尾根やオレンジ色の尾根からの登下降の記録は有りません・・・
’16年の厳冬期内に、延べ4日掛けて赤線色尾根から山頂に立ちました。
イメージ 32


杉の造林帯に入ると、22日に通った跡が微かに判ります・・・
その後の降雪が20~30cmほど。
イメージ 1


杉の造林帯を抜けると、直登尾根が見えて来ます・・・
イメージ 2


スキーで登れる限界の一本ブナまでの事は、前出の敗退記に・・・

一本ブナでスキーからカンジキに交換、板を背負って急登です。
ストックを1m に縮め、膝までぬかりながら・・・
イメージ 3


左手に五色尾根の960mピークが見えて来ました・・直登尾根の斜度はこんな感じ。
イメージ 4


途中 尾根に平らな処が有ります・・・
ここは、隣りの大広手左尾根からの偵察山行で、確認済みの場所。
イメージ 5


尾根上の小さな凸部。
イメージ 6


また、急登が続きます・・・
イメージ 7


振り返ると・・・大広手左尾根越しに、三菱重工のロケット実験場が・・・
イメージ 8


一本ブナで板からカンジキに履き替えて以来の一息・・・テルモス珈琲を・・・
膝までぬかっての急登は堪える・・・腰が痛い・・・
イメージ 9


右手に見える大広手左尾根。
イメージ 10


前方は木立が邪魔で、見通しが悪い・・・
イメージ 11


左手の沢から、新しいカモシカの足跡が・・・上に向かってます・・・
イメージ 12


カモシカに導かれて・・・本能的に雪庇の上は歩かないので、安全の目安。
イメージ 13


彼は途中、ブナの幼木の芽を喰ってました・・・
イメージ 14


ブナの梢に折れた枝が・・・・熊がブナの実を喰う為に、秋に折った跡です。
イメージ 15


左手の五色尾根960mピークの斜面に、面発生の表層雪崩跡が・・・
イメージ 16


カモシカ跡を登ってたら・・・穴に落ちました・・・腰までの深さ・・・
熊の冬眠穴なら、喰われたかも・・・なかなか出られず、背中で一回転して脱出。
イメージ 17


先の見通しは無し・・・雲が掛かって来ました・・・
イメージ 18


雲が流れると・・・見えて来ました・・・
イメージ 19


9合目の高層湿原のピーク、左側は五色尾根と1030mピーク。
右に伸びてるのは、大広手左尾根。
イメージ 20


五色尾根上の1000mピークに出ました~~ 林道の出合いから4時間。
深雪ラッセル+板の重さで、腰が痛い!!!! 
尾根上の木の枝下の通過では、板が引っ掛からない様に腰を曲げて歩いた事も原因。

予定では、ここから高層湿原に登り、大広手左尾根を滑走して、
車に戻るつもりでしたが・・・
雲が降り雪も舞う・しかも汗で寒い・・・直登尾根を登る目標は達成されたので、
ここから戻る事にしました・・・(板を一本ブナにデポして来れば楽勝だったが・・)


1000mピークから上の、高層湿原方向の景色。
イメージ 21


1000mピークの全景・・・台形です・・・
イメージ 22


1000mピークから下の、五色尾根の景色。
イメージ 23


五色尾根の雪庇
イメージ 24


只管 登って来た跡を・・・降る
イメージ 25


きのこ雪とは言えないが・・・積り方が変・・・
イメージ 26


一本ブナまで戻りました・・・
イメージ 27


この一本ブナの枝先に、実の鞘が・・・丸いのがそれです。
今は鞘が開いて実は落ちてますが、熊の好物です・・・
イメージ 28


この一本ブナの処で、カンジキからスキーに履き替え。
ここまで来れば、帰りは車まで約30分・・・遅い昼飯を喰い・・・
イメージ 29


後は滑走のみ・・・右は登りの跡・・・
イメージ 30


帰路の景色・・・フロントガラス越しなので、色付き画像。
春を感ずる穏やかな日差しです・・・・
イメージ 31


2年越しの、厳冬期直登尾根踏破を達成しました。
取るに足らない低山の尾根だが、記録が無い処を偵察山行・試登して、
自己満足に浸ってる70の爺・・・それにしても腰が痛い・・・
これを2枚貼って、我慢である・・・・
イメージ 33


さて、3月からは〝春山〟です~
雪も絞まり、山スキー遊びのシーズン到来・・・

中古板をポチしました・・・

八甲田辺りでは粉雪・深雪に、山スキー用のセンター幅のない板は、
登りも滑りも沈みに沈む!!!!!

登りでも沈まず・滑りでも、其れなりの浮遊感を得られる板を探してました・・・
板・ビン共に新品を買う余裕が無く・・探したら長さもそこそこ・ビン付きの出物。
ディナフィットTLTスピード・ターン 370g付きで29800円、
今やスピード・ターンもユーロ高で? 値上がりして本体価格4万です。
ビンディングだけ買ったと思えば、安い物・・・


Liberty Envy 167 cm ’12年womanモデル
カタログ値 1680g 167cm (135-105-122) R19.5m(板には19mと記載)
米国コロラド産のロッカー/キャンバー  芯材は竹・桐・ポプラの合板とか・・・
womanモデルだが、適合ウェィト内なので良しとしました。


米国の若者好みか? 表も裏もド派手ですが・・・
暖かく為ったらロゴを残して、黄色系山吹色のシリコン塗装を考えてる・・・
(ラッカー塗装は、板が撓るとひび割れが入る。その点シリコンには弾性が有り割れない)
イメージ 4

イメージ 1

ビン調整です。
兼用靴をトゥーピースにセットし、ヒールピースを噛ませて見ると・・・
1cm程の間隔が・・・、ポジ・ドライバーで規定の4mmに合わせます。
ネジを左廻しで、ヒールが前進する・・・左右のサイズ調整を完了。
イメージ 2

次にヒールピースの縦解放値は、小型のマイナス・ドライバーで・・・
これも左廻し、4.5にセットしました。
今度はヒールピースの横解放値、幅広の平ドライバーが無いので、
ペンチに五円玉を鋏んで4.5にセットです。
板に取り付けられたビンの8本のネジは、
トルクス・ドライバーを使って絞め具合の確認・・・
一つのビン調整に4種類のドライバーが必要と言う、困ったチャンです。

イメージ 3

さて・・・幅広板で滑れるか???  晴れ間が有れば試乗です・・・

次には、シールを考えないと・・・新規に幅広シールは高価だし・重過ぎる・・・
幸い使わなく為った5cm幅の長物シールが有る、此れを再利用しよう。
イメージ 5

これを参考に、板全面ではなくて、センターから1~1.3m辺りまで、
W幅で貼れる様に細工したら良いのでは~~と、思ったり・・・
Black Diamond Glide Mohair mix kicker
イメージ 6


富山に送って、滑走面にウロコを彫って貰う手も有る。
普通幅サイズで1組が6千円、7列は彫れるので1万円分も彫って貰えば充分かも。
(富山の方の仕事、趣味とは思えぬ出来栄え)
イメージ 7

シール加工するか? ウロコを彫るか? 悩む処だが・・・
遊ぶには、ウロコが手間も掛からず良い様な気もするが・・・


追記①
一段落して、板を並べて眺めてたら・・・何か変・・・
左のヒールピースが、縦センターから3mmほどズレてるではないか!!!
即 主治医に電話し付け直して貰った、片方なので只だと・・・ありがたい。

追記②
今日(日曜日)に、隣りの小学校のスキー場へ、板の具合を試しに往く・・・
2本滑ったが以外に小回りも利く様だ。登りの片板2㎏(金具込み)は少々辛い。

2月22日

連日の降雪で、雪寄せを終えてからでは山に往く気力も無し・・・

今朝は、降雪も無く・天気も穏やか。
ライブカメラで八甲田を見たが、山頂部は雲の中・・・
近場の低山なら・・と、田代岳に向いました。

目的は、地図のオレンジ色表示の尾根を完登すること・・・おそらく冬期未踏。
’16年2月に赤線尾根を完登した時(田代岳 冬期新ルート開拓達成)に見えてた、
オレンジ支稜が直線に伸びてて魅力的だった事(立ち木が無ければ最高だが)。

図解 黄色夏道なんちゃってルート 緑色滑れば面白いルート 紺色大広手左尾根ルート
イメージ 25


その為、’17年2月に試登しました。その時の様子は田代岳・(仮)直登尾根試登
試登後に体調不良で、厳冬期のシーズンを逃しました・・・

今年に入り再度挑戦と思い、大広手左尾根(紺色)から偵察しました。
その様子は、今季初 スキーで田代岳 。 



目標は達成しないと、次に繋がらない・・・と思い、出掛けました・・・




山瀬ダム(五色湖)から見えた田代岳は、薄雲の中・・・
イメージ 1


林道を進むと・・・地下水の滲み出しが凍結してます・・・
イメージ 2


大広手登山口の一本手前の沢に到着。ここから支稜末端を目指します・・・
イメージ 3


今日の仕様は、フルーモリス鱗 150cm 1050gに、ジルブレッタ500 800g、
ゴロー冬靴 1500g。
登山靴を選択したのは、板を外した後に兼用靴では登り難いから。
イメージ 4


林の中と狭い尾根なので、板を回し易い短板+シールで・・・
イメージ 5


ここ数年 沢が割れてて渡渉地点を探すのだが、今年は沢が埋まってます・・・
イメージ 6


楽に沢を渡れました・・・ここでカンジキを忘れた事に気付く(>_<)
先日 小屋の雪下ろしで車から出して使って、そのままでした・・・
イメージ 7


暫く沢沿いに進み、尾根筋に上がります。
イメージ 8


秋田杉の造林帯、日が差して綺麗・・・
幹には雪がベットリ、吹雪いた方向が判ります。
イメージ 9


植林の際の道跡らしき処を・・・
イメージ 10


支稜に取り付く為に沢を横断・・・去年のピンクテープが・・・位置ドンピシャ。
イメージ 11


この沢を渡り、右の支稜へ・・・
イメージ 12


この穴から兎が飛び出して逃げて往きました・・・驚かせたか・・・
イメージ 13


杉造林帯を抜けました・・・
イメージ 14


去年の試登では、この一本ブナまで登ってます。
ここからは、カンジキでないと無理(尾根が狭い・急登)と判断して下山。
イメージ 15


一本ブナの先は、尾根幅が狭く・急登が続く・・・
イメージ 16


往ける処までと・・・ジグ切って登るが・・・・
イメージ 17


(仮)五色尾根が見えて来ました・・・支稜の傾斜は、こんな感じ・・・
イメージ 18


(仮)五色尾根の960mピークが望めます・・・
この支稜は、1000mピークにほぼ直線で伸びてます。
イメージ 19


ジグの切り替えも無理な処まで登り、板を外して一休み・・・・
板をここにデポして、壷足で往ける処まで・・・と思ったが、
板を外すと・・・ズブズブと股(チンポ)まで抜かる(凍傷に為っては大変)、
此れでは登れない・・・カンジキを忘れた事が悔やまれる!!!!
沢の入り口から此処まで2時間、30分休み・シールを外して帰路へ。
後 2時間登れば、高層湿原に抜けれると思われます・・・
イメージ 20


怒涛の降りだが、雪深で板進まず・・・・
イメージ 21


降りは30分で車に到着・・・
イメージ 22


いつもの小滝・・・前回より氷が解けてますねぇ~
イメージ 23


五色湖まで来ると・・・山全体が見えました。
イメージ 24


2月中に(厳冬期)次の晴れ間は、カンジキ持参で再挑戦です。
低山のどーでもいい尾根ですが、記録の無い処を登るのは楽しい!!!


明日は、ポチしたビン付き板が届く・・・楽しみだ!!!! 

連日の五輪報道、燃えてます!!!!!

北朝鮮の〝乞食軍団〟の報道には辟易したが、砲弾撃ち込まれた相手に、
顎足付きで3億も拠出とは・・・元同胞とは言え、変な民族もいるものですねぇ~

ピョンヤン五輪? ヒラマサ(平昌)五輪? 等と、言われる始末・・・
小生は、チャンチャン五輪と揶揄してます。(その筋の方、気を悪くしないでねッ)


日本選手の各種競技の活躍が、見逃せませんね。(個別言及は省略)


処で・・・誰の為の〝五輪〟なのか?考えてしまいます・・・
雪が降らないソチ・ヒラマサでの開催、人工雪でいい滑りが出来るはずも無く・・ 
屋外競技は、強風による中止や延期が相次ぎ・・・深夜に及ぶ競技も有ったり。
フィギァ等の午前中の競技開始は、米国の夜に合わせたもの。
ジャンプ等の夜に開始の競技は、欧州の夕方に合わせたものとか・・・
IOCは、〝アスリートファースト〟では無く、〝視聴者ファースト〟の様です。
競技開始時間は、巨額の放映権料他を払う、欧米企業の為に設定とか・・・
’14年ソチ・’16年リオでの、IOC収益(公表済み)は5676億円だったとか!!!!!

辞められませんねぇ~ バッハ君

次は、猛暑の東京・・・春・秋は、各競技団体のシーズン中で、暇な夏に開催だと。
開会式も少しは涼しくなる、夜の8時からに決ったとか? 
テレビ見て、憧れる子供は既に寝る時間ですよ~
喜んでるのは、アフリカ熱帯雨林地帯の選手達でしょうねぇ~


五輪に付いては、以上の感想・・・


********************


2月も中旬を過ぎましたが・・・連日の雪・雪・雪・・・
この冬の天候は少し変です。
雪寄せ後には、〝山〟に向う気にもなれずに・・・



隣家の雪。屋根からの落雪が軒に接しそう・・・
他人事ながら、窓が割れないか?心配・・中は昼でも照明を点けないと真っ暗・・・
イメージ 1


久々に晴れ間が出たので、一度はしなければ為らぬ〝菜園〟作業小屋の雪下ろし。
山用カンジキを逆に履いて・・・ひと頑張りしました。
イメージ 2


〝菜園〟小屋の屋根。過去の降雪跡が、何層にも重なってる。
この層が山でズレれば、表層雪崩です・・・2坪ほどの農作業用品の収納スペース、
屋根を塗装してれば暖気の日に滑り落ちるのだが・・・ほったらかしである。
これで雨など降られたら、重みで倒壊するだろう・・・
イメージ 3

イメージ 4


〝菜園〟に積もった雪も1mを超えたが、
カンジキで歩くと20cm程より沈まない、雪が締まって来た・・春が近い・・・
イメージ 5


1月31日に造ったイグルーの3週間後、設計施工が良かったのか今だに健在だが・・
その後の降雪で入り口が塞がれてしまった。
イメージ 6


制作過程の様子→  3年振りにイグルーを造った


イメージ 7
過去の雄姿


********************

さて、スキー板の話し

ヤフオクに、いい出物が・・・ Liberty Envy 167 cm 1680g
ロッカー/キャンパー 167cm (135-105-122) R19.5m
芯材は竹・桐・ポプラの合板とか・・・

この話をしたら、欲しいなら落札したらとの有り難いお言葉、しかも資金を戴く。
イメージ 8
この板に、この金具付きなのです・・・
ディナフィットTLT スピードターン370g(本体価格4万+税)
イメージ 9

価格は29800円也・・・’13年モデルの板だが、見て判るように女物の柄だ・・・
好きな色に再塗装をして、深雪用に使ったらと・・・
板・金具共に新品で買えば10万はすると思うが、中古ゆえの価格です。
人生初の幅広板で、登るよりは滑るのに重きを置くが、どうなる事やら・・・
ロッカー板なので、両端が浮き回転がし易いとか・・・
興味半分・心配半分だが、試して見よう~ この歳になっても物欲は絶えないのだ。
この先、5年使うとしても年に6千の負担、貸しスキーを借りたと思えば安い物。

問題はシールだが、この幅広板に合うシールは超高価だし、重く為る。
手元に有る、使わなく為った長物シールのどちらかを、
半切し並列に縫って加工したら使えそう・・・幸い糊もまだ効いてるし。
板長の過半部分にシールが付けば充分に登れる。長物のままでは、重くて登れぬ・・
イメージ 10

このシール加工の詳細は、後日にでも・・・


昼に少し晴れ間が覗いただけで、また降雪中・・・明日朝も除雪です・・・・

2月11日付けの毎日新聞の記事です。

イメージ 1


ヘリに因る遭難救助が、埼玉県で有料化されました。
県の防災ヘリを使用たらと有り、県警・消防ヘリも含まれるのかは不明ですが・・
安易に山に入っての、事故防止の為だそうです。

小生が山登りを習った頃は、救助要請は恥だと教えられ・・・
其れなりの対処対応を、叩き込まれたものです。
実際 死に至らない程度の怪我で有れば、本隊を停滞させ・自力搬送後に合流して、
山行を継続した事は何度もある・・・予備日は悪天だけでなく、こんな時にも有効なのだ。


携帯電話の性能UPと基地局の増加で、町が見える処なら電波が通ずる今は、
簡単に救助要請する輩が増えた為でしょう・・・

ひと頃、北アでは松本から民間ヘリを呼べは、
30分飛行で50万円何て言う話が有ったのを思えば、5分5千円は格安ですが・・・

単独であれ・パーティであれ、自力更生・自己完結が本来の山登りの姿のはず、
安易な風潮が主流の今、こんな有り様です・・・(ちょっと酷な言い方ですか?)


********************


岐阜県では、16年12月山岳遭難防止条例を改定、
登山届けの無届・虚偽記載で遭難した場合の科料が5万円以下に決定。
実際に17年3月に西穂で遭難し、5万円を科料された者が居ます。

群馬県では、谷川岳で冬季に一ノ倉沢やマチガ沢への入山を規制してます。
富山県でも、12月からGW迄の間は、剣岳周辺への入山を規制してます。
この規制で、谷川も剣も遭難事故が激減しました・・・


********************


長野県の一部の山域では、メットの着用が義務付けられました。
但し、未装着の罰則は有りませんから、ご安心を・・・

山岳ヘルメット着用奨励山域について

長野県山岳遭難防止対策協会では、平成25年に「山岳ヘルメット着用奨励山域」を指定しました。

1 趣旨

 県内の山岳遭難は、遭難件数が平成25年まで4年連続過去最高を記録するなど、
極めて憂慮すべき事態となっている。
 平成24年の夏山シーズンでは、遭難者の4人に1人は頭部を負傷しているが、
一方、滑落した登山者がヘルメットを着用していたため、
命を取り留めた事例もある。
 そこで、滑落、転落、転倒の多い山域を「山岳ヘルメット着用奨励山域」に指定し、登山時のヘルメット着用を呼びかけるとともに、所有していない登山者のためのレンタル環境を整備し、ヘルメットの着用を推進することで「自分の命は自分で守る」という意識の普及を図る。

2 着用奨励山域について

 ◇過去の遭難事故例及び山岳の形状を考慮し、安全への配慮が特に必要となる次の山域とする。
山 域 名
指 定 す る 山 域
北アルプス南部
槍・穂高連峰のうち、北穂高岳から涸沢岳・屏風岩、前穂高岳(北尾根から吊尾根)一帯、西穂高岳から奥穂高岳、北穂高岳から南岳(大キレット)、北鎌尾根・東鎌尾根の区域
北アルプス北部
不帰の嶮周辺、八峰キレット周辺
南アルプス
甲斐駒ケ岳、鋸岳
中央アルプス
宝剣岳
戸隠連峰
戸隠山、西岳
 ※ただし、他の山域においてヘルメットが不要という主旨ではない。


お上から、この様な規制を受ける事は、登山者の意識やレベルが問題なのでは?
此処から落ちるかも知れない・・・と、思うレベルの者、
足を置く石や掴む石が浮石かどうかの判断が出来ない者、
浮石を落としても〝落ァーク!!!〟と叫ばない・叫ぶ意味が判らない者は、
このような山域には足を踏み入れるべきではない・・・

これ等のお陰で、落石の被害に遭う事を思えば、メット装着は必須かも知れない。
自爆事故は当人の勝手としても、貰い事故は困ったものである。

処で、スキー用のメット(耳覆い)と、山用メット(耳出し)の形状の違いは何???
仲間のコール・風の音・落石の音・雪崩の音等々、五感を駆使する為なのです。


いづれにしても、本来自由で有るはずの〝山登り〟が、
色々規制されるのは迷惑至極。


********************


2月も中旬・・・・立春を過ぎても、当地はまだ冬・・・
気象庁の観測所が無い当地では、消防署が積雪の観測をしています。
発表では、1月末での累積積雪深は3m8cmとか・・・・
2月に入っても降雪が続いてるので、4mは超えてるものと思われます。
勿論、雪嵩は暖気や降雪加重に因って沈下するので、
今3mも積もってる訳では有りませんが、冬らしい冬です・・・

予報では22日頃が落ち着きそうなので、懸案の山行を予定しています。

2月2日

待ちに待った、晴れ予報です。
朝、ライブカメラで確認すると・・・秋田県内の山は山頂が見えてるが・・・
青森は??  岩木山がバッチリでしたが、八甲田の山頂部は雲の中・・・

外に停めてた車の窓は、バリバリに凍結です。
朝飯を喰う間に起動させてたものの、融けた部分は僅かです・・・
スクレーパーでガリガリして何とか発進。

前から次回の晴れは、八甲田と決めてたので、其の内に雲が取れると思い八甲田へ。
家を出ると国道の温度表示が-13℃です、予報では最低気温が-16℃でした・・・

黒石で高速を降りると、いつもの岩木山(津軽富士)がデーンと迎えてくれてます。

イメージ 1




黒石から八甲田へ登る山道は、バリバリに凍結してて、3速で慎重に・・・
八甲田ロープ駅の駐車場は、平日なので車が疎らでしたが、
周辺のロッジや温泉宿の送迎バスが、
樹氷見物客・スキーツァー客を大量に運んで来てます。

101人乗りゴンドラ3回目にようやく乗れました・・・
ゴンドラ内は、声高にチャン語・チョン語が入り乱れてます・・・
乗客の半数がこれだから、最近は辟易します。
無言で乗ってるのは、日本人と米軍三沢基地勤務の米兵のみ。

山頂駅間近で、揺れてコンドラが止る・・・晴れてるものの外は強風・・・
低速運転で山頂駅に着いたが・・・南風の地吹雪です。
この風では稜線縦走は無理です・・・計画変更・・・

フードを冠り、体制を整えて登り始めましたが・・・
余りの向い風に、風を背にして立ち止まってると、出で立ちを見たのか?
ツァーガイドが近寄って来て、「何処まで往く? 今日の稜線は駄目だよ」
「上は止めて、宮様からカモシカに降りる(ツァールート名)」と言ったら、
「気ぃつけて往けよ」との、有り難いお言葉です・・・

画像では、強風そうに見えませんが・・・

イメージ 2





山を越えて、雲が流れて来ます・・・稜線からの吹き降ろしが強烈。
イメージ 3


イメージ 4



目指す稜線は・・・今日は無理・・・          
イメージ 5


ここの斜面を滑る事に・・・
イメージ 6



尾根から少し降ると・・・風も当たらず・・・雲が流れると青空・・・


イメージ 7




稜線方向は雲の中・・・


イメージ 8



無木立ちの斜面を、降りて来ました・・・
ここは下が笹なので、春先にはズタズタに横亀裂が入る斜面ですが、
今の時期は大丈夫です。

イメージ 9



相変わらず上部は、雲の流れが速い・・・


イメージ 10



良さそうな斜面を滑り降りてると、高速道路に突き当たりました・・・
この天気に山越えをして、箒場に向うツァーが通ったのでしょう~
こんな日にガイドもガイドだが、遠方から来る客は一日も勿体無いのか???
このトレールから、20人位の団体か・・赤倉と井戸の鞍部に向ってる様子。
ボード客無しで、全員スキーの様である。

イメージ 11


イメージ 12




滑り降りて来た斜面です・・・             


イメージ 13



カモシカ方向へ・・・隠れ避難ルートです。

イメージ 14




緩斜面になると、雪が深く滑れません・・只管歩きです。兎が遊んでます。
この時ばかりは、幅広のファット板が有ればと思いましたが・・


イメージ 15



青森トド松に囲まれ、風も当たらず・日差しが注ぐ処で昼飯です。


イメージ 16



車に戻ると・・・駐車場の一角に〝居ました!!〟確か京都ナンバーの御仁。
去年も居ました・・・1月20日の時は居なかったので、その後に来たのでしょう~
去年、偶々本人が車内に居たので話しかけると・・・
GW頃までは居るとか・・・天気の悪い日には青森まで食い物を買出しに往き、
車中泊で・・・風呂は隣りのロッジだと・・・洗濯機も貸してくれるらしい・・・

そこまで・・・と呆れ果てますが、こんなスキー三昧な人種も居ます・・・

イメージ 17

駐車場での話し・・・10時頃にゴンドラが強風で一時止まったとか・・・
風速25mになると運転中止です。
盛り風に向って歩いてた頃です・・・風速25mとは、鼻水が横に飛んで行く状態。

さて・・・帰り仕度をして・・・200円の大川原温泉に寄ると・・・
誰も居ない\(◎o◎)/!思いっきり水を出し温くして、一人風呂です~~

帰路は道路も乾いてて、4駆を解除し快適に・・・里は既に春の気配です~
自宅近くになると・・・森吉山が丸見えです、往きも見えてたが・・・
青森よりは、秋田の天気が良かったと言う事です(^^ゞ。チャン・チャン♪♪




↑このページのトップヘ