3月5日
数日前から、今日明日はド晴れ予報。今季初の八幡平に登り、樹氷見物に・・・
7時に出発して、秋田八幡平スキー場に着いたのが8時10分。
駐車場には、車がいっぱい・・・天気が良いので登山客大集合、リフト運転は9時から。

兼用靴靴を履き・板にシールを貼り、準備が出来たのが8時30分。
30分待って、リフト(400円)に乗って“楽”するか?  疲れるが、下からシール登行するか?
30分有れば、疲れるがリフト上まで登れる・・・天気も良いし、後はユックリ登れば良い。
夜明けにキャットで均されたコースを、標高差で200mを直登する・・・
2023_03050011

9時、リフト上に着く。リフト利用の登山客は、まだ着いてない・・・
八幡平山頂への道標100番が、ギリギリ顔を出してる。
ここから山頂(300番)までは、処々欠落してるが、目安には為る。
2023_03050010

100番から蒸ノ湯Pに滑り降りる・・・道路標識の下1.5mまで雪が有る。平年並みだ・・・
2023_03050012

200m程道路を歩き、夏道の先から斜面を登る。
蒸ノ湯源泉の湯気、今年はゴーッと言う吹き出し音が小さい感じだ・・・
2023_03050013 パノラマ写真

登り始めの100mは急登・・・昨日のトレールが溝に為ってる。何十人登ったのか・・・
ジグ切った中の、良さそうなジグ跡を選んで登る。
2023_03050015 パノラマ写真

150番を過ぎて雪原に出る。ここで板を外して大休止・・・背後に焼山山塊と奥に森吉山。
リフト利用の早い奴等が、追い越して往く・・・無風快晴、慌てる事は無い・・・
2023_03050017

登るに連れて・・・樹氷の崩れた姿が・・・・小屋泊した2人が降りて来て、
山頂付近の樹氷は大丈夫だと・・・その気に為って登る・・・
2023_03050018 パノラマ写真

八幡平と言う位なので、ほぼ平らな雪原をヒタスラ登る。同じ景色が続き飽きる・・・
2023_03050021 パノラマ写真

250番(田代平付近)の標識を過ぎた・・・背後の焼山山塊と森吉山が遠く為る・・・
山頂まで残り50番分登れば着く。単調で飽きるが、5km歩かないと・・・
2023_03050023 パノラマ写真

当助森手前の、ニセ藤助森が見えた・・・
2023_03050025 パノラマ写真

この辺から樹氷らしく為る・・・背後の白い山は森吉山。
2023_03050027 パノラマ写真

デブ樹氷。青森ドド松の頭だけが、雪面から出て樹氷に為ってる。この下4.5mが地面。
2023_03050029 パノラマ写真
2023_03050032 パノラマ写真
2023_03050034 パノラマ写真

藤助森1604mに着いた。ここで初めて、八幡平の山頂が見える・・・
2023_03050036

この樹氷原を抜ければ、山頂は目前だ・・・
2023_03050037 パノラマ写真

山頂標識のポールが見える・・・
2023_03050039 パノラマ写真

八幡平山頂1613m(300番)。スキー場下から8時30分に登り始めて、11時50分着。
八幡平山頂は、青森ドド松で視界が無い。5m高の木組み展望台が有る。
展望台の手摺が一部出てた・・・腰掛けて、パンを珈琲で流し込む。
2023_03050001
休んでると、秋田側からシューで登って来た女性に、声を掛けられた・・・
「去年も居たよね」板に貼った“八甲田”のシールで判ったと言う。話をすると・・・
何と、この時の(
のHappy birthdayの彼女だった・・・
フードを被ってたので、若いカップルだと思っていたが、高校時代の山仲間だそう。
今日は仕事で来れなかったとか・・・「伝えておくね」と言う事だった・・・

山頂からは、岩手山 その左に早池峰山も・・・八甲田は勿論、秋田駒ヶ岳・鳥海山も。
2023_03050003

余りにも天気が良いので、長居して・・・12時40分だ・・・小1時間も居た。

帰路、藤助森までは、登り返しが有るので、シールのままで滑る・・・
藤助森から、シールを外して滑る。踏まれて無い雪面は、加速せず・・・

2023_03050004 パノラマ写真

踏み固められた、トレールの中を滑ると・・・加速して結構面白い・・・
カーブは、内側になる板を雪面に載せると減速、トレール内の板を回すと綺麗に回れる。

2023_03050007
2023_03050008
2023_03050009
樹氷原を過ぎて、ブナ林に入ると・・・標高も下がり、雪が腐りだす・・・
日が当たってる斜面から、日陰に入ると・・・滑走面に雪団子で、ズリッと急ブレーキ。
2回大転倒・・・ワックスを塗るのも面倒なので、板を前後させて団子を落とす・・・
何とか、蒸ノ湯Pまで来た。ここで大休止して、シール装着。
最後の、スキー場への登りの準備をする。
リフト上でシールを剥ぎ、スキー場内を大きく迂回しながら滑る。スキー客は4.5人のみ。