海彦・山彦の白秋日記

Ombigaichan 6340m ヒマラヤ襞が綺麗な双耳峰。 この頃はまだ未踏峰だったが・・・今は誰か登ったか?

2023年11月

11月22日
“鉛色の空”が、続く日々が来た・・・小学の頃、社会科で当地が“裏日本”だと習った。
今時、“表日本・裏日本”等とは、呼ばないが・・・
当時は、岩手・宮城の太平洋に面した地区を表日本。日本海側は“裏日本”。
冬場晴れる日が多い“表日本”と比べ、毎日鉛色の雪雲を見てると、妙に納得したものだ。
岩手を“日本のチベット”と呼んた時代の事である・・・

明日(23日)予定してた、“戻り鰤”釣りだが、荒天で出港出来ず中止の連絡が来る。
2回続けての荒天中止、12月に予約してる2回の天気が、気になる処・・・

降雪に備えて、晴れ間を見て外回りの整理、菜園の冬対策は完了。

昨日は、長ネギを掘って、2.3本づつ新聞紙で包み、越冬野菜として保管。
植えたままでは、雪の下に為り、掘り出すのが大変なので・・・

11月10日に、渋柿の渋抜きにWhiskyを使って、と言うBlogを書いた。
35°の焼酎を使うのが一般的だが、SUNTORY角をヘタに付けて、ビニールで密封。
喰って見たら、見事に渋が抜けてました。新たな発見です。

今日は、庭の“柘“に雪囲い。柘は4本有るが、この柘は上の孫の誕生記念樹。
2023_11220002
雪に因る枝折れを防ぐ為に、3方を板で囲う・・・ 他の柘は放置・・・
2023_11220005

Blueberryの3年目苗は、雪が被らない様に軒下に移動。
2023_11220004

温州ミカンは、霜に当たらない様に、玄関庇の下に・・・ 凍る時期には、玄関に入れる。
2023_11220003
孔雀サボテン等の寒さに弱いのを、室内に取り込む。
大体これで、外回りは降雪に備えた積りだが・・
25.26日に-3℃位に為る予報、何とか間に合った。

外で作業してたら・・・プロパンガス屋が、誕生祝のパンジー鉢を持って来た。
この業者は、毎年小さな花の鉢植えをくれる・・・ 契約・支払いが妻名義なのに・・・

11月16日
元職場仲間達と、定例の一泊二日の“釣り兼忘年会”。ひと月前から知らせ有り。
16.17日の天気・風・波が気になり、前々から予報をチェック、17日は風雨で無理そうだ。

朝6時に家を出て、一路男鹿半島を目指す・・・
南東寄りの風が吹く予報、背中に風を受ける釣り場を。

地磯での釣りは、宿側の“剣崎”が良さそうと判断し、荷を背負子に付けて釣座へ・・・
コマセを撒いても、2号の針を飲み込めぬ小物や餌取り雑魚・・・本命の“黒鯛”は何処に。
其れ等しい当たりが1回有ったが、針ハズレ・・・

釣れなかったが、久し振の好天の磯に立てたので、良しとしよう~
2023_11160001 パノラマ写真
今の時期にしては珍しい、凪の日本海~
2023_11160006
3時に為った・・・車を止めた側の宿へ、50m移動。
3843-Oga20Resort20Hotel20Kiraraka
TOPで入館だ・・・幹事の名を言い、鍵を・・・驚いた事に“1泊2食分”が前金だと言う。
去年は、支那の疫病に罹患し参加出来なかったが、2年振りに仲間に会える・・・

部屋に入り、即 風呂へ 塩っ化と鉄分の温泉だが、熱い・・・外の露天は丁度良し。
風呂から上がると同時に、2人が到着・・・風呂に入るからBeer頼んでてと・・・
フロントへの内線が案内に書いて無し・・・仕方が無く、歩いて行きBeerを頼むと!!!
RoomServiceは無しで、売店で買えと・・・何がリゾートホテルだ!! ビジホ並だ・・・
ワンカップ・缶Beer・チューハイを揃えて・ツケで頼む、袋が3円だと!!! 笑止
顧客満足よりも、低コスト運営を標榜してる感じ・・・

部屋から南に、雪を冠った鳥海山が見える。明日は天候が崩れる前兆だ・・・
2023_11160007
本山の山頂に、自衛隊のレーダードームが・・・
2023_11160008
風呂から2人が上がって来る。
エッ!! 缶Beerなの? 直ぐに在庫が無く為る、2次買出し隊が入れ物持参で売店に・・・
売店に売り子が居ず、フロントと兼務だ・・・

宴会は、食堂の椅子・テーブルだと・・・皆 幹事に文句タラタラ、宴会位は畳部屋だと・・
6時半・・・5人集まる、夜の飯も期待薄だったし、朝飯も・・・エッ!!! これがのレベル。
翌朝は、予想通りの大荒れ・・・朝飯後解散です。

70年代に、県営の桜島荘としてスタート。04年頃、劇団わらび座が購入、劇団倒産。
その後、岩手の外食産業が購入して、今に至る。18000円 トホホホだった・・・

メンバー7人中、5人参加、次回はマトモな宿で。。。


この荒れで、秋田八幡平がようやく積雪、50cmに為れば滑走可能。


羽生結弦 
この前結婚したが、即 離婚だと・・・
昔「僕が一生全力でお守りしますから」と言った立派な方が居たが、
彼には、その覚悟が無かった様だ・・・

池田大作
死亡のNew-s とっくに死んでて、学会が隠匿してると思ってたが・・・
以外に歳が離れて無い不思議。15日に死んで、18日に発表の何故?

11月14日
冬タイヤに交換。GSが開いた頃を見図らって、交換依頼の☎を入れる。
突然行っても、今の時期は順番待ち・・・11時頃なら手が空くとの事。
64261a514936bb4934d5952031d59d24_t
11時にGSへ・・・倉庫からタイヤを出して、ピットに準備して有った・・・
即 交換、2冬目を迎えるタイヤだ。交換費2200円。
外したタイヤが減ってたので、ホィール付きで処分して貰う。処分費は4本で1760円。

来春から、タイヤの保管料4400円を貰う事に為った言う。
何十年も無料で保管して貰ってた。妻の車と合わせると、8800円の出費増と為るのだ。
我が家の車庫兼倉庫に、8本置けるスペースはユックリ有るので、断る・・・

何となく一安心、明後日16日は磯釣り仲間と、一泊二日の釣り兼忘年会で100km先へ走る。
予報では、翌17日は荒れ模様。ホテルの朝飯喰って、解散かも・・・
23日の戻り鰤釣りも、船が出れそうに無い、この時期の日本海は、荒れるのが常だ・・・

午後から、磯釣り道具と小物類の点検を・・・買い足す小物類無し、準備万端整った。


夕方 市役所の広報車が廻って来た・・・
この付近に熊が出たので、十分に注意する様に・・・との事。遂に町内まで来たか・・・


宝塚歌劇団の会見
団が弁護士達を雇い、関係者に延べ千何百時間も聴取した、結論を発表。
会見に当該弁護士は出席せず、要点を団が説明、イジメは無かった・・・
化け化粧を落としも「清く・正しく・美しく」なのか? 笑ってしまうョ~
ジャニーとは毛色は違うが、新たな“興行界”の闇が発覚・・・

増税メガネ内閣
税未納が「適材適所」更に「説明責任」は本人だと。任命権者は誰?
自ら首にも出来ず、派閥に伺って辞表を書かせる体たらく・・・
毎度の弁明、聞き飽きたョ・・・円安が止まらない・・・
国債増刷して、還元・減税すると言う愚策、更に円安が進む事が確定デッス。
キリギリスは、冬に備えて灯油390L補充、43000円だと(@@) 5月末まで後3回補充か?

11月12日
この秋、全国でヤタラに熊が出没。特に当県は異常だ!!!
山間部に初雪が降り、腹が減ってて冬眠出来ずに居る熊は、増々人里に降りて来るだろう。

今年、県内での熊は・・・
10月26日時点でのJR支社発表によると、熊との列車衝突が33件、昨年同期の5倍。
11月9日時点での県発表によると、出没が3290件・4024頭、
熊駆除が1030頭、昨年は442頭。
11月10日迄の熊による人身事故は、59件67人に達したと言う。

やっぱり異常だ・・・県内には、4~5000頭の熊が居ると言う。
1030頭を駆除しても、次々と熊が里・街中に現れる・・・
リンゴ園・柿の実・家畜の餌・蕎麦畑・米等が喰い荒らされてる。

異常出没の原因は、猛暑の影響で山に喰物が無いからと言う・・・
春先に、山毛欅(ブナ)の開花が少なく、秋に実が付かない事は、事前に判っていた。
好物の山毛欅は、隔年周期で実が豊作・不作を繰り返す樹木なのだ。

熊の頭数が増え過ぎて、山で縄張りを持てない、老いた熊・親離れした小熊が、
里山に住み着き里⇒街へ日中でも出没、これが現実だと思う。
熊は用心深いと言うが、腹が減り・背に腹は代えられない、と言った処か???

牝熊には、春に交尾をしても、直ぐに妊娠せずに、秋迄溜めて置く機能が有るとか?
ある程度餌を喰い、出産出来る体力が着いて妊娠、冬眠中に出産するのです。
不思議ですね、通常1頭・餌が豊富だと2頭産むそうですが、来春の子熊は減るでしょう。



冬に山歩きをしても、足元ばかりを見て歩いてたのでは、熊の存在に気付かぬが、
一抱え程の山毛欅の木の上には、熊棚が有る。
葉の有る時季、葉に隠れて見え無い。落葉後は、折られた枝に、葉が付いたまま枯れる。
折られた事に因り、葉に落葉Hormoneが届かずに、葉が落ちれないのだそう・・・
周囲の小枝を折り、ここに座って山毛欅の実を喰った跡だ。
b93bc83f
abc56e7b
2~3年の1月中旬に、山スキー帰りに、林道で熊と出会った時の画像。
雪が積もっても、まだ冬眠しない熊が居るのだ・・・
除雪した林道の真ん中に、大きな落石か? と思って、ブレーキを踏んだが、動いたのだ!!!
ノソノソと脇に寄り、こっちを見てる・・・
dd952d65
ユックリ車を進めると、谷側に後退りして、まだ見てる・・・
23777103
下が崖なので、これ以上は降りれ無い様、クラクションを鳴らしたが、固まって居た。

車内に居るので、強気に出れるが、以前に八幡平⇒秋田駒縦走路で、路を曲がったら・・・
ドデカイ熊とバッタリ、5m位の距離・・・一瞬お互いに固まった。
強烈なケモノ臭と低い唸り声で・・・威嚇。
逃げたら襲われると思い、デカイ声で負けずに「ガァオーー・ガァオーー」と・・・
熊が、ガサガサと藪に入った・・・遠くに逃げたら、もっとガサガサ音がするはずだ。
まだ近くで様子を伺ってると思い、再度「ガァオーー・ガァオーー」と連呼した。
バキバキと枝が折れる音・ガサガサと藪の音がして、一瞬で遠く為った。
予想通り藪に隠れて、こちらの様子を伺ってたのだ。
2度目に叫ばなかったら、藪から飛び出て襲われたかも・・・助かった!!!

また、GWの春山スキー鳥海山での事
北面に行こうと、祓川小屋から2~300m離れた、藪を横断した時。
一般路では無いので、熊が居ると思い爆竹持参。藪に入る前に鳴らし・少し進んで連発。
熊が走って逃げて行った・・・爆竹は、県内のCVS・HCの何処でも売ってます。

“山の日”に、孫達と森吉山に登った時の事
帰路、ゴンドラ上駅目前の登山道が渋滞中、熊が横切ったと大騒ぎでした。
空かさず爆竹に点火・・・前の方で、熊が逃げて行ったとのこと・・・
人馴れした熊は、鈴や会話程度の音には、無関心な様です。



さて、本題です。
以下の画像での実験・撮影者は、NPO日本ツキノワグマ研究所 米田一彦氏。
秋田大学卒・県庁職員として、長年熊対策を担当後、広島で研究所設立。
HPでは、※現在、諸事情により動画へのリンクは停止しておりますと為ってるが、
あるYouTuberが画像を保存してました。

登山・山菜取りをする方は、是非参考にして下さい。何が熊対策に有効か? が、判ります。
https://youtu.be/9tWDPs3l5v0

11月10日
大量に“渋柿”を貰った・・・毎年、干し柿にしたのを貰ってたが・・・
5~60個も入ってる袋一つだ。さて・・・渋抜きと保管方法、ネットで調べる。

籾殻に入れて保管すると、柔らかくは為るが、最長4ヶ月は持つと・・・
その間に、2ヶ月過ぎた辺りで、渋が抜けると言う。
2023_11100001
実に傷の無いのを選んで、上下左右が重ならない様に、55個を3段に箱詰め。
2023_11100002
子供の頃、冬場の果物と言えば、リンゴとミカンだった・・・
ミカンは高価だったが、地域柄リンゴは、木箱入れで安く買えた。
流通も低温倉庫等無い時代、凍結防止と玉同士の傷を防ぐ為に、籾殻に入ってた。
学校から帰って、籾殻の中からリンゴを探し、おやつ代わりに喰ってた事を思い出す・・・


残りの柿は、軸とヘタの余りを鋏で切り、Whiskyで渋抜きする事に・・・
12個づつ2袋に入れ、輪ゴムで結ぶ・・・10日~2週間で渋が抜けると言う。

我が家の温州ミカン 紅葉の頃からミカン色に・・・1月中旬頃には、収穫出来る。
2023_11100003

明日(11日)予定してた、日本海での“戻り鰤釣り”が、天候不良の為に中止のMailが来た。
弱いが、雨降り・・・この時季の雨は、冷たくて始末に負え無い・・・
msm_cp_kh_22.21Z10NOV2023
オマケに強風が吹く・・・海は真っ赤だ。
msm_wa_kh_21.20Z10NOV2023
波も高い・・・
cwmjp_06
これでは、釣りに為らない・・・次回の23日は、穏やかで有って欲しい・・・


本題の喜寿誕生日
今夜は、妻が夜勤だ。晩は一人宴会と為る。昼過ぎに買い物に、
焼酎と缶B1箱が誕生プレ。
3時のおやつに、小さな苺ホールケーキを喰う、妻はショートケーキだ。
晩は、大間鮪が鮟鱇鍋・神戸牛が奥州黒牛ロースに化けて居た・・・
鮟鱇鍋は、喰う分だけ鉢に別けてチン・ステーキは黒胡椒・岩塩を振り自分で焼く。
とっちも美味い~ お湯割りのWhiskyが進む・・・

近年、体のアチコチにガタが出始めた・・・不摂生の賜物なので、致し方が無いが・・・
朝、妻に言われた。「76歳、おめでとう。80は目の前だョ、お父さん」
目標は、八十八の米寿だ! しかも健康寿命で・・・
敏捷性や持久力は無く為ったが、好きな、釣り・ヨット・山スキー・俄百姓等を、
歳為りにチンタラ楽しめれば、良しとしよう~

11月9日
10月末に、菜園に大量の籾殻と粉糠を撒いて、耕耘機で撹拌。
来春の為に、土をフカフカにする事と、水捌けを良くする事。

1週間が過ぎたて、雨も降って馴染んだ頃。
今日は朝から良い天気、2度目の籾殻と粉糠を撒いて、耕耘機を・・・
5~10cmほどに敷いた籾殻と、米袋5袋の粉糠。

2023_11090002

耕耘機で縦横2回、籾殻の混ざり具合が斑だが、一冬置いて微生物頼み。
2023_11090006

夏野菜残渣に、粉糠を撒いて山積みにしてたのを、
2023_11010005

畑に移して、再度粉糠を撒き・・・
2023_11090003 パノラマ写真

土を被せる。これで春までには、堆肥化するだろう~
2023_11090007 パノラマ写真

昼から夕方迄は、風も無いので、春から溜まってた大量の選定枝を、焼却処分です。
木は、鈴蘭の木・石楠花・紫式部・一位・黒松・ムクゲ・柘・花水木・七竈・梅もどき等。

2023_11090011
燃やしながら???と、思った“ナナカマド(七竈)”と言う木。
名の由来が、7回燃やさないと燃え尽きないらしいが・・・何と、直ぐに燃えるのだ!!!

夕方に為る・・・大量の“熾と灰”に、土を被せて酸欠にさせ、“消し炭”化を図る。
焚き火は、二酸化炭素を出すので駄目と言うが・・・
育つのに、同量の二酸化炭素を吸い、酸素を吐いて来たと言う説も有る。
吸吐同量なら、付加価値として、灰は肥料・炭は土壌改良剤に・・・
もう1回燃す分の、一位の枝木が大量に有る。余りにも大きく為ったので、バッサリ。
風の吹かない日を選んで・・・



明日の作業・・・5・60個の“渋柿”を貰った。
干柿にしたい処だが・・・皮を剥くのは面倒だ・・・渋抜き法をネットで調べた。
35°の焼酎は無い、度数の高いWhisky・ウオッカでも出来ると書いて有る。
ヘタを上・ヘタを下、どっちでも良いとも書いてる。リンゴを入れると更に良しとも・・・
どれが本当なのか・・・
長期保存法・・・籾殻に入れて置くと、2・3ヶ月は保存が効き、渋が自然に抜けると・・・
明日、Whiskyと籾殻で半数づつ試して見よう~


明日、満76・数え77歳の誕生日。
既に“大間鮪・神戸牛・苺ショートケーキ”の希望を出してる。何が出るか?

11月1日
昨日に続き、今日も“俄”百姓業。堆肥作りを・・・
庭の落葉・枯草を集めて、踏み均す。
これらを、喰ってくれる微生物の餌に、粉糠を振り掛ける。

2023_11010001
その上に又載せて踏み、粉糠を・・・
2023_11010002
3層目を載せて、又粉糠を・・・
2023_11010003
4層目を載せ、粉糠を・・・ これで1山完成。
ビニール等の雨除けを被せると、保温にも為り発酵が進むと言うが、面倒なのでこのまま。

2023_11010004
庭に、2山作った。

次は菜園。同じ様に層積みにして、保温用に籾殻を被せて見る。
2023_11010005

これには、土に戻りつつ有る、古い籾殻を被せて見た。
選定した小枝が混ざってるが、春迄にどの位微生物が分解してくれるのか・・・

2023_11010008

西瓜・ゴーヤ・トマト茎・オクラ茎が主だが、これにも古い籾殻を被せて見た。

2023_11010009
庭2山・菜園3山だが、これで一冬置き、雪解け後にとの位分解されるのか? 

9月末に植えたニンニク、順調に葉が出てる。
少し浅く植えた様な気がするので、これからの霜対策として、球根が浮かない様に、
保温も兼ねて籾殻を5cmほど被せる。
咲いてるのは、食用菊の“もってのほか”、黄色の菊より、もってのほか美味いのだ。
2023_11010006

長ネギにもマルチングとして、籾殻を・・・
雪の下と夏ネギの固くなる時季を除いて、自家栽培の無農薬・有機を喰ってる。
2023_11010007
これで“俄”百姓業は、殆どが終わり、積雪期を迎える体制が整った。

庭木の一部の冬囲いと、春から選定したり・大きく為り過ぎて切った枝の、
焼却作業が残ってるが、もう少し寒く為ってから・・・


11月に入った・・・
今月は、仲間4人と日本海での、“戻り鰤”釣りを2回予約している。
天候次第だが、船宿も変えた事だし、楽しみだ!!! それにしても油高、毎年船賃が上がる。

中旬に、元職場仲間と、男鹿半島で一泊二日の、磯釣り兼忘年会が有る。
去年は、直前に支那の疫病に罹り、残念ながら欠席だった・・・
30年位続いてる不思議、一日釣りして・宿に入り即風呂・晩飯前に部屋で酔酔い・・・
俺は上手いが、お前は下手だ・・の談義、釣れなくても楽しい一時だ。
翌日昼頃まで釣りして解散。
皆、子供に金が掛からなく為ったので、民宿からホテルという豪華版だが、
部屋一杯布団を敷いて貰い、雑魚寝同然の頃が懐かしい・・・

↑このページのトップヘ