2月7日
3日ほど前から、今日7日は晴れるだろうと予想していた。1月19日以来の山行を・・・
しかし、直前で変わるのが、この季節の常だ。
晴れるなら、八甲田スキー登山と思っていたが・・・

朝5時発表の気象庁予報では、秋田も青森も「晴れのち曇り」、これは平地の話だ・・・
山には一日雲が懸かるかも・・・ライブカメラを見る・・・八甲田も岩木山も雲の中・・・
GPV気象予報(http://weather-gpv.info)で、この先の時間毎の予報を見ると・・・
7時、八甲田には雲が有るが、森吉山には雲なしだ。
msm_cp_kh_5.22Z06FEB2023
時間を追って2時の予報では、八甲田の雲が増えてる。森吉山は雲なし・・・
msm_cp_kh_12.05Z07FEB2023
これで、行き先は決まった。念の為、八甲田ロープウェーと森吉スキー場のHP見る。
八甲田は吹雪マーク、森吉は晴れマークだ・・・
登山届をPrintOutし、Thermos Coffeeを準備。山道具は、常時車載してる・・・

森吉スキー場に着いて、登山届けを出すと・・・24番だ、既に23組が登ってると言う事だ。
皆さん平日なのに、晴れを予想して来てるのだ・・・
ゴンドラに乗り、上駅へ。数年来片道1200円だったのが、今季から1400円に値上げ。
一日ゴンドラを廻すのには、電気が喰うだろうが、東北電力の料金値上げは3月からだが~
今から便乗?
 高山植物が咲く頃の運転開始時には、再値上げが有るかも・・・

ブナの“雪化粧”が、青空に映える。

2023_02070002
2023_02070003

山頂駅からシール登行開始。23組が好き勝手に登ってる。踏跡が、あっちこっちに・・・
今年の樹氷は、痩せこけて見る影も無い・・・1月19日よりは成長してると思ったのに。

2023_02070005 パノラマ写真

樹氷原を抜け、石森Pへ続く尾根。先月は無かった、標識竹が連続して立ってる・・・
毎年右側に雪庇が出る処。右に寄り過ぎて、踏み抜いて落ちた奴も多数いる。
雪庇に寄らない様にと、立てたつもりだろうが、半数はその意味が判らないのか?
標識竹竿の右を登ってる・・・危険を知らない、平和な奴が多い・・・

2023_02070007 パノラマ写真

石森Pから右に折れ、避難小屋を目指す・・・本峰がバッチリ。
2023_02070009 パノラマ写真

奥の台地に、避難小屋が有る。ほぼ無風で暑い・・・
2023_02070012 パノラマ写真

青森トド松に、雪が氷り着いただけ・・・とても樹氷とは言えぬ。
2023_02070015

1300何mに在る阿仁避難小屋に着いた。山側の冬期出入り窓が、吹き溜まりで埋まってる。
最近の利用者は無かったのか・・・
2023_02070016
阿仁避難小屋。夏の姿・・・ほぼ同じ処からの画像。この2階建てが埋まる積雪・・・
別棟のToiletは、完全に埋まってた。

3efc9e04-s

右奥の本峰を目指す・・・
2023_02070018 パノラマ写真

本峰の標柱が見える。この辺りに来ると・・・雪面がガリガリ、冬山らしく為る。
2023_02070020 パノラマ写真

石森Pを振り返る。皆さん好きなトレールを辿ってる様だ。
2023_02070022 パノラマ写真

山頂直下。ここに来て、樹氷らしいのがチラホラ・・・
2023_02070024 パノラマ写真

灌木が“蝦の尻尾”を纏い、滑り辛い処だ・・・登りながら、帰路のコースを頭に入れる。
2023_02070026 パノラマ写真

巨大蝦の尻尾を纏った、1454mの山頂に着く。風裏で板を外して、一息入れる。
山頂からの展望は、今回無しだ・・・ここだけ晴れた感じ。
2023_02070028
ガイド付きスキーの一団が登って来た・・・ガイドが尻皮を見て、熊か?と聞く。
狸には見えないだろう~ 冬毛雄熊の裏表W仕立てだ~ こんな贅沢品はないだろう。
騒がしく為って来たので、滑走開始・・・
2023_02070029 パノラマ写真
石森Pに登り返し、ここから本格的な滑りだ・・・
山頂駅でToilet Time、ミキティ女史に会えずに残念、一気にスキー場を滑る。

帰宅して、八甲田ロープを見ると、雪・ガスで視界30mと書いてた。森吉を選択して正解。

1月19日以来の外出、ほぼ毎日雪寄せ遊びをしてたが、春の気配はそこまで来てる。

8日追記 知人からメール
ヤマップの投稿に、オラが写ってると・・・探して見ると、山頂直下をシール登行中だ。
f87dac69-0bb3-4cfe-bc6a-aaf3e22ecb2b
立ちション姿で無くて、一安心・・・