3月22日
今日は全部の予報会社が、ド晴れ予想。
今月26日で冬期営業を止める、森吉スキー場のゴンドラを使って、森吉スキー登山。
ゴンドラを使わずに場内を登るなら、休み込で3時間の登り増しと為る。
最後の楽する山行は、今日のド晴れ以外に無しです。

9時過ぎに、スキー場事務所に登山届けを出すと・・・2番。(先行一組が居る)

ザラメをシール登行・・・ほぼ無風・快晴・・・暑い。ヤッケを脱いで、丁度良い。
樹林帯に入らずに下側を巻く(ほぼ直線に登れるから)。向山(山頂)が見えて来る。
2023_03220001
向山の由来は、一ノ腰Pから石森Pに至る山並みから見ると、向かいに山が有るからだ。
かなり昔の呼び名だ・・・今時、向山等と言う奴は、江戸末期の生まれかも・・・

今日は、毛足の短い、山岳レース用のシールを貼って来た。
ザラメ雪の水分吸収が少なく、重く為らない優れ物。

石森P目前からの、阿仁避難小屋台地と本峰。
2023_03220002 パノラマ写真

この斜面を登れば、阿仁避難小屋・・・
2023_03220004 パノラマ写真

振り返って・・・左のスカイラインから、石森Pを経由して登って来た。右の▲は一ノ腰P。
2023_03220006 パノラマ写真

阿仁避難小屋着。2Fが見え始めてる・・・
2023_03220009
2月7日に来た時は、屋根だけ出てたのに⇩・・・雪解けが早過ぎる。416642e3-s
と、言っても・・・別棟のToiletは、まだ雪の下だ・・・
12129709

避難小屋を過ぎて、本峰の登りに入る。シールが効いて快適・・・
2023_03220010

帰路は、何処でも滑れる、大斜面だ。左に寄り過ぎて、SOS発信した奴も居たが・・・
2023_03220011

山頂目前、元気な女子が先行してる・・・
2023_03220012

1450何m着。標柱丸裸・・・
2023_03220013

2月7日は、こんなに蝦フライを纏ってたのに・・・
a2e343a7-s

山頂からの展望
2023_03220014 パノラマ写真
春霞で、遠方は見えず・・・岩木山・八甲田連峰・岩手山・秋田駒ヶ岳は微かに・・・
20日の八甲田で、目玉を遣られた後遺症か? 焦点が定まらない・・・
八幡平・小畚・焼山は、バッチリ視界に・・・次は、後生掛温泉から焼山に登るか?

山頂で長時間、景色を楽しむ~ 微風快晴の春山は実に気分が良い、何時間でも居れる。
後から登って来た連中が、到着後に写真を撮って、早々に帰る不思議・・・
冬山なら判る気がするが、今は春山シーズンのド真中だ。楽しまなくては!

帰路のスキー場コース内は、誰も居ずに貸切状態で滑れた~ 
帰宅後風呂で・・・首から上が印度人・・・また、基底細胞癌が増えそうな予感!!!