4月8日
県南部で桜開花の知らせ。遅まきながら、我家にも春が訪れた~ 
庭で、早咲きの水仙一種だけ開花。他は、蕾がまだ出て無いのも有る・・・
2023_04070006
室内育ての君子蘭。春と秋に二度咲いてくれる。
2023_04070001
一株から、花茎が三本出たのは今回初めてだ・・・
2023_04070004
一番古い株。子株が2株出て、花が終われば株分けする。我家の君子蘭全部がこれの子だ。
2023_04070005

釣りの話し
先日、釣友O氏からMailが・・・初冬の“戻り鰤”釣りの、乗船予約の件だ。
T氏が最近懇意にしてる、◎◎丸の予約が出来ると言う。
今なら、まだT氏の予約日に便乗して、増員可能と言う事だった。
11.12月の釣行なのに、早過ぎる・・・(人気船は、Season inしてからでは遅いのだが)

釣りは、子供の頃のフナ釣りから、渓流釣り、真鯛流し釣り、磯上物釣り等をしたが、
20年ほど前に、△△丸に乗り、活鯵を餌に泳がせで、青物釣り
を体験した。
青物は引きが強いと聞いてたが、腕が痺れる想像以上の強さに嵌ってしまった・・・
その後、時代はMetal jigに移り、こんな金物で釣れるかと思ったが、以外に爆釣でした。
以来、“戻り鰤”の季節には、
△△丸でMetal jig Fishing・・・

今回、△△丸から◎◎丸へ、宗旨替えする事に為り・・・悩む自分が居る・・・
元は、T氏も
△△丸に乗ってたが、船頭がスカンパーを広げての立て釣りの、
操船が面倒臭く為ったのか? 一番楽なドテラ流しを始めた・・・
これだと、釣行時間の約半分は、lineが船底に入り、誠に釣り難いし、釣果も半減。
T氏は、これを嫌って、正統派の操船をする◎◎丸に切り替えたのだった。
1万2.3千円を払って、半分遊んでいる様な釣りは嫌だと言う、最もな話だ。
要は、jigが流されて斜め引きをするよりは、魚探反応の上でverticalにjigを煽りたいと言う事だ。

長年△△丸には世話に為ったが、乗船料金が同じなら、背に腹は代えられず、
O氏を通してT氏に予約の追加を依頼をした次第です・・・
上手く◎◎丸の予約が取れれば、昔の仲間の4人で釣行が出来る。