4月11日
今朝の青森市からの、北八甲田画像。
今日は、西寄りの強風・花粉・黄砂で、外に出ると目が・・・
camera
酸ヶ湯・地獄沼。(気象庁火山監視Camera)
20230411084800
予報では、ここ3日連続の晴れ予報でしたが、3日連続八甲田Ropewayが運行停止する強風が吹いてた・・・風速25m以上と言う事です。
3日間の内、1日位は弱まると思って、春山スキーを楽しみにしてたが、叶わなかった・・・

桜が、平年の2週間も早く“狂い咲き”する気温に、更に強風では雪解けがドンドン進む。
八甲田スキー場は現在積雪150cm、Ski t
our用 の銅像・城ヶ倉ルートは、既に閉鎖。
八幡平スキー場は現在積雪140cmで、例年の様にGW中まで雪が持つかどうか?

15.16日、22.23日の八甲田でシャトル便を使っての、
八甲田温泉や菷場岱へのツアーを予定してるが、今の処の予報では☂が・・・
平日のGold line開放の9時に合わせて向かい、南八甲田と言う手も有るが・・・
GWの鳥海山開通まで、待つ事に為るのか・・・月山・姥沢は開通したが、遠い・・・

12日 追記
朝7時の段階で、
Ropeway運休を発表。山頂駅の風速30m・+4.9℃。益々雪解けが進む。



昨日、こんなyoutu.beを見つけた・・・
ボードで新雪深雪を滑走中に、Tree well(ツリーウェル)に逆さに嵌った日本人の画像だ。
運良く後続に発見されたが、立木1本ソレて、そこを通らなかったら確実に窒息・凍死だ。
https://youtu.be/wQ8Kgb_XUkk?t=26
顔を掘り出し、第一に呼吸を確保してから、スコップで掘ると言う手順が素晴らしい。

2月に、キロロで行方不明に為ってた女性が、先頃発見されたが、原因はこれだろう・・・ 

落ちたら、90%が自力では助からないと言うTree well。(ウェル・和名でホールと言う)
広葉樹は大丈夫だが、針葉樹の傍は要注意、滑るのも・歩くのもだ・・・
訳は、雪の中の枝が下を向いてて、空間に為っている事が多い。そこに人の重みが乗る。
当然下に落下、枝が邪魔で這い上がれ無い。板を履いてれば尚更だ・・・

jan_pict_01
助かる道は・・・①空間を確保(呼吸の為)。②ビンディングを外す③枝を支えに登る。
④駄目な時は、木の幹回りを踏み固め、外側に階段状にステップを固め這い上がる。
①~④どれも至難の技だが、②が上手く出来れば、助かる確率は高し・・・
雪崩もそうだが、雪に埋まると空間認識を失調するとか? 上か下か?が、判らなく為る。

もう1例 
https://youtu.be/0jvEYzh_1Sg

これからの春先に現れる、“根開き”穴だが、これもTree wellの部類に入る。
7_l
これは先から見えるので、落ちる事は略無いが、メットが有れば頭の怪我は防げるし、
骨折程度で済むかも・・・