5月17日
八幡平(1613m)へ、Dragon eyeを見に・・・

八幡平山頂の南側には、旧噴火口跡に水が溜まった沼が多い。
最近人気なのが、“鏡沼”と“眼鏡沼”だ。
窪地に在る此等の沼に、周囲の雪解け水が溜まり、季節限定の景色が見られる。
IMG
鏡沼には、周囲が解けて、中央部に雪が残る現象。“Dragon eye”と呼ばれている。
眼鏡沼は、溜まった水が
緑色に見える。最近、これを“Dragonの涙”と呼んでる。
地図で見ても直ぐ隣なのに、溜まった水の色が違う、不思議・・・

下の画像は2016年5月14日、春スキーに行った時、偶々綺麗に目玉に為ってた・・・
虹彩も、それらしく出来ていた。

342630343_1256613601611070_8983469295992185168_n
この冬は積雪量も少なく、雪解けも早く、Dragon eyeも早まるのでは・・・と。
しかし、5月始めの降雪で、一度埋まってしまった経緯が有る。


この日は、こんな姿・・・半分がまだ解けて無い。左上の人と比べると大きさが判る。
2023_05170001 パノラマ写真
それに、中央東側に亀裂が入ってた。
急な雪解け増水で、白目が浮き、割れたと思われる。

2023_05170004 パノラマ写真

直ぐ北側に在る“眼鏡沼”、緑色が鮮やか・・・これが、Dragonの涙だとか・・・
2023_05170006 パノラマ写真

眼鏡の片方は、まだ雪の中・・・
2023_05170008 パノラマ写真

“Dragon eye”と“Dragonの涙”を見た後に、八幡平山頂に向かう。
青森トド松林を北に向かって行くと、山頂標識の300番ポールが見える。

2023_05170010
木組みの展望台に上がり、昼飯タイム。
曇って風が強かったが、時折青空が見え始め、岩手山が顔を出す。
2023_05170011

ガマ沼も、中央から解け始めている。
2023_05170012 パノラマ写真
もう一度“Dragon eye”に戻りってから、車へ・・・秋田駒ヶ岳も見え始める。