6月15日
去年の9月末に植えたニンニクの葉に、黄褐色の斑点が出て・・・枯れ始めた・・・
ニンニクを育てて3年目、7月には収穫の目前での出来事。秋に220粒植えてた。

最初は、サビ病と知らず・・・
収穫の目安は、下葉から枯れ始めた頃からなので、
それだと思い込んでた・・・
2023_06140001
薹が立って来たので、玉を肥大させる為に、先日取り除いたばかりだった。
今年(3年目)は、育ちが良く茎も親指大に太く、いい玉に為ると喜んでた矢先だ・・・


Netで“ニンニク病気”と検索すると、真っ先に“サビ病”と画像付きで出た。
玉葱・長葱・ニンニクが罹る病気で、カビの一種で胞子が飛び、空気感染すると・・・
光合成が出来なく為り、枯れると言う。それ用の農薬が有るらしいのだが・・・
サビ病の主な原因は、夜露・雨に因る湿気過多・窒素分が多い肥料の2点だと言う。

2023_06140002
秋の植え付け前に、米糠と鶏糞を撒き、耕耘後に時間を置いて、植えたのだが・・・
茎が太く育ったのは、窒素分が多かったからかも・・・

サビ病の農薬は、業務用の大袋で、そこそこ高価らしい。
後一月で収穫なのだが、枯れたのを抜いて見た・・・玉が、まだ充分に育って無い。

2023_06140004
さび病に罹っても、ニンニクの食用や、来年の種にする事には、影響が無いらしい。
小玉だが、このまま枯れた順に、収穫するより無さそうだ・・・

“俄百姓”なので、農事に関して知らない事が多過ぎる・・・
百姓は実に難しい、季節に合わせて作業するが、やり直しが効かないのだ・・・
“無農薬・有機栽培”だのと、生意気な事を言ってたら尚更だ・・・