6月18日
15日に、ニンニクにサビ病発生した事を書いたが、その後の様子。

16日は、終日小雨が降り、抜いても乾燥させる事が出来ないので、見送る。

17日は、晴れ曇りで風も吹く、抜いても風に当てれば何とか為ると思い、全部抜いた。
普通は茎を長目に切り、纏めて縛って乾燥させるのだが、サビ病だ・・・
畑で茎を切る・・・さて、この茎をどうするか? サビ菌が付いているのだ・・・
風で胞子が飛び、長ネギ・ニラ等に伝染すると言う・・・
3m位離れた処に長ネギ、5m位にはニラを植えて有る。
放置は不味いと思い、少し掘って埋め土を被せた。善玉土壌菌が分解する事を期待して。
2023_06170003
切り取った玉の根を切り、コンクリートの上に広げて、夕方まで日差しと風に当てる。
掘り上げたニンニク玉は、収穫期前だが以外に充実してる玉も有り、嬉しい限りだ。
2023_06170001 パノラマ写真
何とか付着してた土も乾いて、一皮剥ける状態に為った・・・

18日 今日も晴れて風が吹いてる、結構面倒だが・・・粗方剥いた。
2023_06180001
2023_06180002
自家用なので、綺麗に剥く必要は無い。白く為るまで剥くと、保管中に乾燥が進み過ぎる。
形の良い玉から、200粒位を秋植え用の種として残し、残りは食用に・・・

都度必要な分を、アルミ箔で蒸し焼きにする。蒸し焼き中は、強烈な匂いがするが、
換気扇を廻せば問題無しだ・・・蒸し上がると・・・何故か? 匂いが消える。
出汁醤油を掛けて、冷蔵庫に保管し、日に2片を晩酌時に・・・自家製Supplementだ。