9月11日
今年の夏山、コロナ開けか? 色んな出来事が有った・・・
多発した遭難事故、なる程と言う事故から、クダラナイ事故まで雑多だった。

中でも富士山。疲れて下れないので、救助依頼。
お前は馬鹿か? 下りの体力の、余力を考えて登れ! 
軽装(衣服・足元)でも問題無いが、無理と思ったら下れば良いだけだ。
下りでポールが岩に挟まり、顔面から着地・・・ザラザラで、さぞ痛かったろう~
体力と装備が具わってれば、涼しい時間帯の、弾丸登山は大いに結構。
登山道でゴロ寝? 不時露営(ビバーク)と言う登山法が有る。正しく知ってればだが・・・

世界遺産に為ったからか? 他山に比べ、クダラナイ事故や救助要請が多過ぎる。

そんな事を思ってたら・・・
三浦雄一郎が、車椅子で富士山に登ったと・・・’19年のアコンカグア同様の愚行・・・
登山客で混雑する中を、40人の子分達が曳き上げたのだ・・・何、考えての行動だ!!!

F46TkZoboAAsEpJ
90歳過ぎても、自力で富士を登る方が居るが、これは迷惑千万な話だ・・・
吉田大沢での滑降や、エベレストのクンブー氷河を滑った、輝かしい実績が泣くよ!
XVJCMX2QDZNH7IYW2CZARKBYKU
自力で登れないなら、大人しく家に居ろ! 何の宣伝?  山岳用に開発した車椅子だと言う。


こんな嫌な思いをしてたら・・・凄い女の子がいた・・・
山梨甲府の
小学6年生伴野嶺ちゃん11歳。
何と・・・9月7日に、母親とキリマンジャロを登ったそうだ・・・
4歳で母親と登山を始め、6歳で山梨百名山を登った頃から、キリマンジャロに憧れ、
7歳で八ヶ岳連峰の全山縦走を達成。
母子家庭だが、生活費を切り詰めで、登山費用を貯め、県内企約20社のサポートと、
クラファンで渡航費用を工面したと言う。
渡航前には、富士山に3回登って高所順応したそうな・・・故栗城に聞かせたい話だ。


更に・・・5月18日のエベレストでの出来事
【カトマンズ・ロイター時事】エベレストで遭難しかけていたマレーシア人の登山者が、
別の登山隊を案内していたネパール人シェルパ(30)に救助された。
ネパール観光省の当局者が31日、明らかにした。
「死のゾーン」とも呼ばれる山頂近くからの救助は極めてまれという。

何故、
マレーシア人が1人で其処に居たのか? 仲間やガイドは何してた・・・
このシェルパは18日、中国隊と登山中、ロープにつかまり寒さに震えている登山者を発見。
「登山者を寝袋で包み、雪上を引きずったり背負ったり」して、
約6時間をかけ600メートル下のキャンプ(標高7162m)へ移動させた。
下のCとは、ローッエフェイスに有るC3の事と思うが、600m上と言うと、
サウスコルのC4手前だ。何故・・・置いてきぼりなのか?

登山者はそこからヘリコプターでベースキャンプに運ばれた。
それにしても、ヘリの性能が向上してる様だ。4.5年前までは、気圧の関係で6千mチョイのCⅡ辺りが、飛行限度と言われていたが・・・
シェルパは救助に際し、案内していた中国隊に登頂を断念して下山するよう説得した。
熱心な仏教徒で「1人の命を救うことは、僧院で祈るより大切だ」と話している。

中国隊は、C4を目前にして迷惑だったろうが、マレーシア人には神様降臨。
登頂の成功報酬より、救助を選んたシェルパが凄い~
平均斜度45°のアイスバーンを降ろしたとは・・・しかも、他隊の人を・・・

従来、シエルパは雇い主を登頂させる為に、荷を運び・ルート工作をして賃金を得て来た。
自分達の意思より、雇い主の意思が最優先だったのが、最近変化してる。

2021年1月16日に、カラコルムのK2での事。
ネパールのシェルパ族を中心とする隊の10名が、冬季初登頂に成功した。
山頂手前で後から来る仲間を待ち、10名が同時に山頂を踏んだのだ・・・
他では、考えられない登頂スタイルだ。そしてネパール国歌を歌ったと言う。
2019年には、8000m峰14座を、
6ヶ月間で完登したシェルパが出現。

100年経て、シェルパ達が、自身の意思で、行動する時代に為ったのだ。