3月19日
起きたら、いい天気~ 「山に行ったら」の、有難いお言葉に早速天気を調べる・・・
八甲田は、上半分が雲の中・・・八甲田ロープのHPに、風速21mだと・・・却下。
森吉山・阿仁スキー場のHPは、視界良好。森吉山に決定、登山届けをPrintOutして準備。

9時スキー場に着いたが、平日なのでガラ空き・・・登山届けを出すと、受付1番です。
9時半にゴンドラ乗り、山頂駅からシール登行。

樹氷平から管理区域外に出ると・・・新しいシューの跡が・・・2人組。
登山届けを出して無い奴だ・・・出してれば、俺が受付2番に為る筈だ・・・
ゴンドラ乗車口の係員が、格好見たら判るし・受付番号札も渡して無い様だ。
2024_03190001 パノラマ写真

樹氷が落ちて、一度は裸に為った青森トド松、少し復活してます~。
尾根上の神社小屋も、目視出来る。
2024_03190003 パノラマ写真
2024_03190005 パノラマ写真

石森P(1308m)を目指し登る。新雪がいい感じ~
2024_03190007 パノラマ写真

石森に着くと・・・裏から、単独スキーが登って来た・・・旧森吉スキー場から来た様だ。
2024_03190010 パノラマ写真
恐ろしく、登り足が早い若者。見る見る離される・・・
風が冷たく・雲の流れは早いが、山頂まで良く見える。
2024_03190013

左手奥に、三角の“一ノ腰P”
(1264m)。
2024_03190014 パノラマ写真

阿仁避難小屋(1311m)着く、2階建ての屋根だけ・・平年並みの積雪。
2024_03190016 パノラマ写真

森吉山本峰の登りに入る。痩せ樹氷が・・・
2024_03190018 パノラマ写真

時々、山頂に雲が掛かる・・・雲の下端は、1400m位な感じ。
2024_03190020 パノラマ写真

稚児平に来ると・・・風で飛ばされ新雪は無し、ガリガリ・バーンでシールが滑る。
2024_03190022 パノラマ写真
2.3度、板がズッタが、何とか本峰(1454m)に立つ。
2024_03190025 パノラマ写真
黒雲が流れて来たので、即 退却。

スキー場トップに出る。休憩所には誰も居ない・・・暖房が効いてて室温は20℃。
遅い昼飯に・・・サンドを珈琲で流し込む。
暖かいので小1時間過ごし、誰も居ないスキー場内のコースを滑って終わった・・・

今日は、?な事が2つ有った・・・
①先にも書いたが、無届け登山。
 届け出者に、事務所で番号札を渡す⇒ゴンドラ乗車時、係員に番号札を渡す⇒
 下山したら、事務所に◯番が下山したと報告する。
 このルールが、スキー場側も登山者側も、守られて無い!!! 

②帰路 石森P手前で、手に標識竿を持ち、追加刺しする単独と交差した。
 樹氷見物の時期に入ると、スキー場管理区域外の、森吉避難小屋と阿仁避難小屋まで、
 登山客用に目印と為る竹竿が立つ。
 今日は、何と阿仁避難小屋を過ぎて、本峰の登り口まで竹竿が立っていた。
 1月20日に登った時には、石森Pまでより無かったのに・・・更に延長されていた。

 今まで・・・この竹竿を集客の為、スキー場が立て居たと思ってたが、違う様だ。
 昔聞いた話に、森吉小屋の管理はM山岳会・阿仁小屋の管理はA山岳会だと。
 山小屋を県が設置し、市が管理、市がMとAに移管と言う、請負業の図式だ・・・
 竹竿はMとAが刺し、積雪が増して埋もれる前に、追加刺しをしている様子。
 
 何故、管理区域外に竹竿を立てるのか? 多分、道迷いを防ぐ意味と思うが・・・
 吹雪かれた時に有ると・無しでは、有った方が良いに決まってるが・・・
 立ててる間隔が、離れ過ぎている。吹雪かれると、次の竹竿が見えない間隔だ。
 同じ立てるなら、八甲田のスキーツァーコース並に、これでもか! と言う間隔に!!!

 八幡平では登山口から山頂までの間に、これでもか! と言う程に、標識が有る。
 鹿角山岳会が、1月から5月まで維持管理をし、雪解け時に回収をしている。
 その御蔭げか? 八幡平では遭難騒ぎが無い。ここは、毎年遭難騒ぎ・死人も出てる。

 とは言っも、基本冬山に標識を立てる事には、大反対で有る。
    積雪期の登山や山スキーを志す者は、標識頼りでは、話に為らないのだ・・・
 
 お前は何だ! と言われそうだが、命根性が汚いので、荒天が予想される時の山行は、
 森吉山で80本・八幡平で130本の篠竹(1m長・ピンク黄テープ付き)を持参。
 迷い易い処には、目視出来る範囲で、直進なら25歩又は30歩毎に篠竹を刺して歩く。
 歩数を決めて刺さないと、無い時に混乱する。25歩進み・左右を探せは確実に有る。
 進行方向を変える時には、其れ為りの刺し方が有る。お陰で今までルートロス皆無。
 このやり方を半世紀以上前に、大学山嶽部で習った。
 適当に刺しては意味が無い、歩数と立て方が大切なので有る。

 約20年前に、年金(6.70代)山の会“山楽会”が、秋田側から乳頭山に登り、吹雪で迷う。
 大騒ぎに為ったが、43人居て誰も磁石を見る事も無く、降りたら反対側の岩手だったと。
 死人が出なかったものの、山中ツェルト7張りで一夜を明かす。
 烏合の衆の山行だ、
笑止で有る。
 この時の会長曰く、「道に迷っただけで、遭難では無い。」さすが、共産党員である。
 ルート旗を立ててたら、防げた事故で有る。

次の土日は、晴れそう~ 八甲田か? 八幡平か? 悩む処だ・・・