5月11日
隣の市に住む孫の運動会。朝飯を喰って出掛ける。
1ヶ月前に入学した1年生は“豆”だ、あれでランドセル背負ったら、後ろ姿は鞄から足が。
6年経つと倍近くに育つ。子達もそうだったのかナァ~等と、思いながら見ていた・・・

実は、2人の子の入学式・運動会・学校祭・卒業式等の学校行事は、全て妻任せ・・・
有給休暇・週休二日も有ったのに・・・“男は黙って”の時代だった・・・
9e7bead07ce472366237c44600238e40
今の100m走は、速さで班分けをするそうで、ひと塊で走って来る。
昔の記憶では、背丈で班編成した様な気がしたが・・・何か違う様な気がする。

昼で終わったので、帰って昼飯を喰って、俄百姓業を・・・
肥料分が少なく為って、アスパラの出が悪く為ってたので、3本ホークで起こす・・・
根が張ってて大変。ブチブチ根が切れるが、掘り起こして・・・
土を周りに寄せて、耕運機を掛ける。籾殻・鶏糞・米糠を入れて、土を被せる。
肥料を入れて直接植えると、発酵熱で根を痛めるからだ。高畝にして、株を植え付ける。
2024_05120002
この初夏の収穫は望め無いが、秋には太いアスパラが出るだろう~。

5月12日
隣の小学校の運動会。朝からマイクの音が賑やかだ。
今日は、野菜苗の植え付け。夜から雨予報なので、丁度良い。
2日前にJAで買ってた苗を植え付ける。
トマトの“桃太郎”3本、ミニトマトの赤を2種。
パプリカでは無く、ピーマンの黄と赤を各1本。これは珍しいと思って買った。
2024_05120003
ミニトマトの黄・ピーマン緑・胡瓜は、良い苗が無かったので、後日購入とする。

薩摩芋。ネットリ系とホクホク系を、各4株。
2024_05120005
各々植えた後、根切り虫に遣られ無い様に、株周りに“薬”を撒く。
無農薬栽培を標榜してても、幼苗は彼等餌食に為るので、茎が太る迄は必須なのだ・・・

4月23日に植えた、じゃが芋の芽が出て来た~、まだ株の半分も出て無いが・・・
ニンニクの育ちは、今の処順調。去年は窒素過多と長雨で“ザビ病”に・・・
2024_05120004

花が終わったので、“君子蘭”の植え替え。子株が結構出ている。
株分けをして、6鉢ほど植え替える。
2024_05120001

去年の夏前に、背丈の伸びた“パキオ”を切って、挿木にした。約1年経っての鉢上げ。
赤玉土とココピートに挿したが、赤玉土の方が根の出が確実に良かった。
2024_05120006

12本挿木して、11本成功。赤玉土+腐葉土に植え付ける。
2024_05120007

Blueberry用の土壌酸度計を買った。
ノーザン系のBlueberryを育てているので、酸性土壌でないと育たないのだ・・・
ピートモス・鹿沼土を、1対1に配合して用土にしてるが、実際の酸度がどうなのか?
不安で居た。Netの動画を見ると、殆どの方がシンワ製の酸度計⇩を使っている。
土に刺すと、即 酸度が計れるのだ・・・
2024_05120012
シンワ社のHPを見ると、定価7480円+税・・・高い!!!  
Netで探すと・・・京都の業者が、送料・税込み4221円。これは安い!!!
送金も考えたが・・・リスクを避けて、代引きに。代引き手数料も送金手数料も略同額。

昨日届いたので、早速試して見た・・・
2024_05120011
鉢植えの各種は、PH4.5~6以下で、栽培には適正な酸度でした。
去年の春に挿木した幼苗は、生育を早める為に“硫安”を与えてるので、軒並み酸度は4~4.5程度。予想通りでした。
2024_05120010

温州みかん。半月前に主軸からの新芽が出ず、元気が無いので経3cmを切った。
画像中央の白く為ってる処・・・      ⇩
2024_05120008
切り口から、雨・細菌が入り腐るのを防ぐ為に、“癒合剤”を塗るのが常識だが、
この為に買うのもと・・・ローソクを垂らした。細菌も水も入れず・・・代用に為る。
新芽が出始めた。アゲハ蝶が、みかんの周りを飛んでたので、Blueberry用の囲いの中に。
アゲハ蝶が、若葉に産卵して、幼虫が葉を食い荒らすので、防御の為。

幼鯉水槽の水換えと掃除も予定してたが、いっぱい・いっぱいで明日に回すとする。
明日は雨予報、植えたばかりの野菜苗にとっては好都合。

次の晴れは、鳥海山を滑ろう~ 八幡平の“Dragon eye”も気に為るが・・・
目医者にも、そろそろ行かなければ・・・ 遊び優先で。