2019_12290025
大晦日の夜から降った雪で、令和2年の初日は朝から、1時間の“雪寄せ”でした。
毎冬の朝の、ひと仕事だが・・・腰に来る年波に為ってしまいました(-_-;)
妻が大晦日の夕方から、夜勤(30年振り位?)に出掛け、一人で味気の無い年越し・・・
朝、帰って来る前にと・・・車庫前から雪寄せ開始、玄関口まで綺麗に仕上げました。
雑煮を喰った後、賀状書き・・・賀状は、年が明けてから書く“主義”です。
また雪がチラついてます、夕方暗くなる前に、もう一回雪寄せかも・・・

追記
今夜も元旦恒例の、“Vienna New Year's Concert”を楽しんだ。
今年の放送は、近年で一番良かった印象。
指揮者のネルソンスは、濃紺のベルベット(多分)の上着で、全身で指揮を執ってた・・・
オーストリァ・テレビ局の映像監督は、楽友協会内部の内装彫刻や色使い等を、余す処無く紹介。
築150年経過してるとは思えぬ、手入れの良さだ・・・天井絵画だけは、何故か陳腐だが・・・
国立バレー団の美女達の踊りも、毎回趣向を変え中々だった・・・
恒例の“青きドナウ&ラデキー”を演奏する楽団員の表情を見て、
これ以上の音を出せる楽団が他に有るか?と、自信に溢れた表情だった。(これが本家の音なのだ)

音楽はまるで駄目なのだが、中学のブラバン部が大編成の部で、常に全国大会で金賞を受賞。
木内と言う熱血教師が指導してたし、忠犬(注犬・狂犬)と呼ばれ、恐れられた音楽教師も居た。
彼らの良さを今思えば、教科書はザッと流して、殆どの時間はクラシックのレコードを聴かせたのだ。
それで耳が養われたのかも・・・何故かウインフィルだけは聴きたくなるのだ・・・
高校での音楽教師の印象は皆無だ・・・顔さえ思い浮かばぬ。

今日は日中の降雪が無く、一安心。今 外は轟々と風の音、明日の朝は又雪寄せかも・・・