オリエンテーションの間に、広場で各部やサークルが勧誘をしてました。
体育会系各部はユニホーム姿でしたが、
【山岳部員】は学ラン姿で髪ヒゲ異様
入部したいと話すと、部室に連れて行かれました・・・・・
何とドアには、木の看板に墨で体育会山嶽部と書いてました。
色々な山の会があり、俺達が大学が認めた正式な部とのこと。
主将は福島飯坂出身の方で、ヒマラヤに登りたい旨を話し入部を依頼。
何と一年間は見習部員で、正部員は2年生から。
(翌年、学ランの襟に付ける純銀製部章を貰う)
それと、
今ネパールは登山禁止令で外国隊を受け入れてないとのこと・・・・
理由は、
①第二次印パ戦争中 ②中印国境紛争中 ③ダライラマ印度亡命中等々。
ネパールは、
インド・パキスタン・中国に囲まれた弱小王国で混乱してたのです・・・


結局、1965年から4年間禁止令が続き、
ヒマラヤは夢で終わりました・・・・・


 
部は、ヒマラヤを断念し、アラスカ遠征の計画があり、
荷造り発送(船便)も終わり隊員(OB3名・現役2名)の壮行会直前。
ランゲル山脈の主峰・ブラックバーン他の未踏峰登頂が目的でした。
セスナで氷河に降り、隊荷をベースまでソリで運ぶと言うスタイル、
話を聞くだけでワクワクです。
当時は、ヒマラヤが駄目と言う事で、
アラスカやアンデスの山を目指す隊が多かったのです。
 
遠征隊が出発し、
GWを挟んで10日間の新人錬成合宿が穂高でありました。
コースは島々駅から旧道を歩き、
徳本峠越えして岳沢定着雪渓訓練、のちに蝶ヶ岳から燕岳縦走。
上高地に直接入らず、
先人達が苦労して拓いた徳本峠からの入山でした・・・・


初めて峠から見た明神岳・・・
太平山以外に山を知らない小生が、一歩踏み出してしまったのです。

 
合宿の様子は次回に・・・・