2005年の秋のことですが・・・
 
ネットで、海外登山ツァーを探して見ると、トレッキング中心に山ほど有りました。
峠や丘から8千mを眺めるもの、お花畑巡り等々・・から、
ライト・エクスペディションまで。
 
ネパール・ヒマラヤに登るには、同国から事前に許可を貰う必要が有ります。
インド(ヒマラヤ)、パキスタン(カラコルム)等も許可制です。
何年に(春・秋)、どの山に、どのルートから登りたいと言う申請。
1ルートに登山隊が集中するのを防ぐ為が主な理由と、
通過ルートの村民の安定収入の為。
ネパールは大した産業も無く、観光で外貨を得ている国ですから登山客は歓迎です。
ヒマラヤ登山熱が高まるほどに、順番待ちが続き不評が出始めた為、
7千m以下でアプローチが整備された36座に限り、事前申請→許可を止めて
現地で入山料を払えば登れる仕組みにしました。
これが、ライト・エクスペディション(小遠征登山)と言うスタイルで、今流行ってます。
 
2006年春に、27日間で、5806mと6189mに登るプランが有りました。
ネパール・クンブー地方のサガルマータ(エベレストのネパール名・意味 天空の頂)国立公園にある、Pokalde峰とImjaーtse峰です。(両峰ともに登頂成功率は50%らしい・・・)
パンフを取り寄せ眺めていると、半年先の事ながら血が騒いできます・・・・

家族の了解を取り付け、参加申し込み!