10月1日
朝ホテルから、国際空港隣のローカル空港へ。
街中は相変わらす、ゴミゴミしてるし、舗装の凸凹も同じ・・・
秋祭りが有るらしく、丸太で組んだ櫓みたいなのが目に付く。

やっと機内に・・・・
操縦席との仕切りはカーテン・・・オィ 頼むどーーッ~
イメージ 1
 
イメージ 3
40分ほどで、ルクラの飛行場。崖手前で止まれて一安心・・・
飛行機内はこんな感じ・・・セスナの親分 プロペラ2基です。
 
ロッジで昼飯を食い、ポーターに100Lザックを預ける。
彼等は、物を肩で背負う習慣がないらしい、
誰もが荷物に付けた太いベルトを額と腰で背負う。
首の筋肉が強いのだろう・・・大きな竹籠も額で背負う・・・
 
今日はルクラ(2840m)から3時間ほどの、チュタンガ(3500m)まで。
緩やかな登り道だが、結構キツイ・・・・小雨が・・・合羽を着る・・・
イメージ 2
今夜のテント場。 小屋のカマドで火に当たる・・・相変わらずの雨・・・
後から着いたギリシャ隊が小屋に入って来て、
女子達(二十歳くらい)が雨で濡れたウェアを
隠しもせず半裸になり交換!!!! それも脱いでから、ザックの中を探し・・・
ギョギョギョである・・・・
しかも、中には腰にアンガス模様の刺青(タトゥー?)の子も・・・
 
うぅーん、ヒマラヤに来る女は、此の位の度胸がないと駄目だ!!! と、
叔父さんは思ったのです~
 
着替えが終わると、ギリシャ隊は雨の中登って行きました・・・
少し上にも小屋があるとか・・