戻り鰤シーズン
 
愈々10月、戻り鰤の季節到来です~~
例年10月末~11月一杯がトップシーズン、
船が出れれば確実に釣れます。
日本海が冬に向かい荒れ始め水温が下がると、
北海道積丹半島付近まで北上した鰤が、
サイズ毎の群れで南下を開始。
秋田・青森県境沖の テリ場 と呼ばれる根に集まります。
80m~100mの根で餌を捕食、それを狙います。
10年ほど前までは鯵等の生き餌で釣ってましたが、
事前に鯵釣りをしなければ為らず・・・でしたが・・・
今は、メタルジクにフック(針)を付け、動かすと小魚と思い喰い付きます。
暇を見て、今年のフックを数サイズ造りました。
イメージ 1
既製品を使う方が殆んどですが、高いし、手造りの楽しみも有ります~
バラ売りの針を用意し、写っている小物で作成、
その日の釣れるサイズにフックを合わせます。
 
イメージ 2
こんな魚に似せた金属製の錘兼擬似餌で釣ります。
重さは潮の具合や深さを考慮し、潮が早ければ重いのに交換。
大概は200g当たりを使いますが、
落下速度の速さや他人とのお祭りを防ぐ為、
250g前後を使ってます。
海底まで一気に落とし、竿先に変化を付けながらリールで巻き取ります。
その日の回遊層付近で、強烈な当たりが有ります~ 
手巻きリールを使うのが正統派でしょうが、
巻き取りを繰り返すのはとても疲れます・・・
なので、電動リールで高速巻き・・・・楽チンです~~
 
日によって、ジグのカラーを変えますが、概ねイワシ模様が良いようです。
其々に拘りが有りますが・・・・
 
最初の勝負は19日、仲間10名で海が荒れなければよいのだが・・・・
シーズン初め海水温もまだ高い様なので、
鰤ではなくワラササイズかもしれませんが、
楽しみです~~