鰤用ロッド他
 
200gほどのメタルジグを曳いたり、10キロの鰤の引きに耐える為に、
腰の強い竿・ライン・結束システム・リールが求められます。
 
主に使っている物の紹介(ナブラ打ちのキャスティングロッドは後日に)
 
画像右のシステム
竿は、スピニングロッド 6フィート・ジグウェイト50オンス。
リールは、シマノ・ツインタワー8000HG。
PEは、5号280m巻。
ショックリーダーは、80ポンド5m 結束法はMDノット。
 
画像左のシステム
竿は、深場用二本継 2.4m 120号。
リールは、ダイワ・スーパータナコン-S500DX。
PEは、6号300m巻。
ショックリーダーは、100ポンド5m 結束法はビニミツイスト。
 
竿の長さですが、
大きくシャクれる2.4mは、ジグの変化も大きく喰い付きも良し。
電動ならではの長さ、取り込みで船底に潜られても、
ラインの底擦れが防げます。
 
PEは、4号でも可能ですが他人との糸擦れや、
掛かった時の横走りを防ぎ、強引な取り込みをするには、
5~6号が欲しい処。
また巻量が多いのは、根掛かりでジグ回収が困難な時は、
カットし再結束使用の為。
100m前後の水深ですから、2~3回トラブっても大丈夫です。
 
ショックリーダーは、80ポンドで充分ですが、
使用率の多い電動には100ポンドを結束してます。
取り込みの際、船上で踏んだりして傷付いても100ポンドなら安心です。
リーダーが太いと魚に見きられると言う方も居ますが、
鰤なら関係有りません。
 
結束法 ライントラブルの際、
揺れる船上で素早く結べるビニミツイストが確実です。
結束で手間取ってる間に、次の鰤がゲット出来ますから・・・・
 
電動リールの利点 喰った水深が判るので、
次のフォール時に海底までジグを落とす必要が無い、
回遊ポイント上下を集中的に攻められる。
スピニング・ベイトリールに比べて疲れない~~
 
電動リールのトラブル
過去2回ほど巻き取り時の異音で、
釣具屋を介してメーカー修理に出しましたが、
ギァの磨耗が原因でした。
鰤のジギングに使われるとは、考えて居なかったらしく、
強烈な負荷が原因とか・・・
2回共、無償で部品交換して頂きました~ ダイワさん ありがとう~
 
電動リールの中にICチップがあり、
巻き延べメーター・延べ稼動時間が記憶されてますよ!!
流石、日本の物造りですね。
部品交換明細書に使用状況が記載されて戻って来ますし、
交換した部品も同封されて。
 
イメージ 1