イメージ 1
イメージ 2
 
片足1.12Kg・26cmの軽量兼用靴、2010年モデルを格安で。
 
ディナフィットの最新軽量モデルは、
片足500gで30万 高嶺の花過ぎます・・・
人気のスカルパ最新F1でも9.5万・・・・重さはF1と同等です。
 
足首の稼動範囲が驚くほど。
イタリー設定のバックル位置では、駄馬の脛に入るはずも無く、
3mm六角レンチで1段広い穴に移設。(4段階に調節可が嬉しい)
 
TLT仕様だがAT金具にも装着可能、早速ジルブレッタに・・・
404・500共に問題なくセット出来た~
 
残るは、片足790gのディナフィット山岳レース用の、
PDG板が欲しいものだ・・・
最軽量のディナ・710g板は、
硬くて素人は乗りこなせないらしい・・・
どちらも旧モデルだが、40%引きで、
共に2本限定品が有るのだが・・・
 
追記 12月26日
 
今日の午後から、近隣のファミリーゲレンデで試乗 。
ウロコ板に履いて登行・下降を繰り返したが、軽くていい具合。
登行の際も足首に違和感が無く、下降もグラ付き感なく滑れる。
次回は、八甲田か森吉で本格使用をしたいもの。
 
追記 12月27日
 
八甲田・酸ヶ湯から、地獄湯ノ沢経由で仙人岱避難小屋へ。
上部は悪天で大岳は断念したが、靴の軽量化で登行は楽であった。
下降は深雪で苦戦したが、バックルの絞まりも良い。