21日の登攀を、忘れない内に記しておこう。

東面取り付き迄
①男岳西尾根は、予想に反して雪面が絞まっておらず、
 踏み貫き等の体力消耗が有った。
 最近まで降雪が続いてた為だが、カンジキ・ストックを使い、
 時間・体力ロスを防ぎ、男岳にデポすべきだった。
②男岳着が昼近くだったので、準備を急ぎ、昼飯を抜いてしまった・・・
 少しでも腹に入れた方が良かった。

東面でのルート変更
 予定してたⅠリッジの取り付き岩稜が、
 あんなにボロボロとは思わなかった。
 アイゼンを立てると崩れる状態、
 隣のⅡリッジも見た感じ同様と思われる。
 凍結してる早い時期に登るか、アンザイレンが必要。

登攀用具の選択
①ルンゼルートに変更したが、雪に絞まりが無く、
 直登ルートの時の様にピックを刺して登れる処は少なかった。
 ほとんどはシャフトを深く刺し、支点として使った。
 由って持参したバナナピックのバイルよりは、
 ノーマルを選択すべきだった。
 50cm・57cmの長さ選択は良し。
イメージ 1

②アイゼンは12本爪を使ったが、日差しが当った雪は、
 巨大団子化し落とすのに一苦労。
 スノーガードは付けてたが気休め程度・・・対策を考えなくては・・・
 靴にピッタリ設定よりは、
 縦横2mm程度の隙間が有った方が良かったのかも・・・

秋田駒ヶ岳・東面(仮)1ルンゼ登攀記録は下記↓