八幡平アスピーテラインが開通してますが、夜間通行止めの解除が朝8時。
蒸ノ湯温泉入り口の駐車場に、ゲートが有ります。
車を止め、スキーの準備・・・
下から上がって来る、八幡平山頂行きのバスを待ちます~
山頂駐車場まで360円。

山頂駐車場から、シール登行30分で八幡平山頂へ・・・
少し霞んでたが周囲の山々   ↓岩手山          
イメージ 1

           ↓大深岳          ↓諸桧岳
イメージ 2

          ↓乳頭山・秋田駒ヶ岳 ↓モッコ岳
イメージ 3

パノラマ画像
イメージ 4
     
         ↓乳頭山                   ↓秋田駒ヶ岳 ↓モッコ岳
イメージ 5

彼方に、八幡平山頂の標識棒300番が見えました・・・   ↓
イメージ 6

標識と展望台 
山頂は青森とど松の樹林帯で、見通しが無いので展望台が有ります。
去年の冬シーズンは、300番の棒も・展望台も朽ちてたのが、
新品になってました。夏に改修したのでしょう~前より高くなってます。
この冬は膝ラッセルで途中敗退したので、山頂は踏めませんでした・・・
イメージ 7

山頂から西に600m離れた 籐助森 ↓ でシールを外し滑走です。
イメージ 8

山頂へは、何人かの足跡が有ったが、籐助森へはスキー靴一人の足跡のみ。
籐助森から見た山頂です・・・真っ平らな山様から、八幡平と・・・
イメージ 9

山スキーコース300番標識から逆に滑り降ります。
途中、西に 焼山山塊 ここも雪豊富そう~  その奥に うっすら森吉山が・・・・
イメージ 10

八幡平アスピーテライン
イメージ 11
イメージ 12

195番まで来ました・・・
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

青森とど松帯が終わり、岳樺・ブナ林になると、間も無く 蒸ノ湯駐車場。
雪がしっかり絞まってて、春スキーに最適です。
滑走時間約1時間。

道路への降り口も難なく・・・
車の脇に座り、板を乾かし、次のバスを待ちます・・・
シールが濡れて重いので、板をウロコに交換・・・乗車。
山頂駐車場着、ウロコでの登りはシールほど効かず時間を喰う。
だーれも居ない藤助森で昼飯を喰い、大休憩。
あっちに滑ったり・こっちに滑ったり2~3倍の距離滑って蒸ノ湯へ。

道路開通後の八幡平での山スキーは初めての試み、
延べ2時間も滑って、リフト代(バス代)720円はお得。
歩いて登れば3時間のコース・・・癖になりそうな感じです。

折角の八幡平なので、後生掛温泉で癒されて帰宅。

八幡平 ブナ森スキー場の様子。
綺麗に圧雪されてます、GW明けまで滑れそうな感じ。
積雪はまだ1.8mも有るとか・・・・
イメージ 16