来年、バルトロ氷河を遡行し、
K2・ブロードピーク・ガッシャーブルムⅠ、Ⅱ等の8千m峰や、
ガッシャーブルムⅢ、Ⅳ峰・チョゴリザ・ムスダークタワー・マッシャーブルム等の
7千m峰を間近に眺めたいと思ってました。

3回目の海外遠征ですが、先立つ物の資金作り・・・
過去2回のヒマラヤ山行も、
県の埋蔵文化財センターが行なった、発掘調査の土方アルバイトで資金捻出。
今回も車で15分ほどの処で、工業団地造成に伴なう発掘調査で作業しました。
6月から今月の23日までの間、夏の暑さには参ったが、無事終了です。
これで約一ヶ月間のパキスタン行きの資金が集まりました。

70歳迄の歩ける内に、K2を観たいと思ってましたが・・・
資金の目途が経つにつれ、もう一回6千mクラスの山に登りたい欲も・・・
今回の発掘現場の隣地が、来年の調査地域で、更に隣地が再来年の調査区域です。
来年はヒマラヤ6千mに行き、再来年は又発掘バイト。
再々来年に、バルトロ氷河トレックにしてはどーかと・・・

もう一回登りたい6千mが、この山 ネパール ロールワリン・ヒマラヤに在る、
パルチャモ峰(6187mとも6273mとも言われてる、未だ測量技術が低い)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ネットで探した画像です、何とも魅力が有る山です。

ルクラから一週間のキャラバンで4800mのBCへ
CⅠを5100m付近に設置、HCを5600m付近に設置、アタックです。
登山期間は一週間、帰路一週間の日程で、延べ三週間。

春迄の間にカラコルム・バルトロ氷河にするか、
ヒマラヤ・パルチャモ峰にするか、
体力・技術の点でジックリ考えようと思ってます。

それと、話は変りますが・・・
栗城がエベレストの最終コメントをしたので、
栗城エベレスト・ウォッチの結論として、あとで私見を述べたいと思ってます。

今日は、孫(小1)の学習発表会(昔の学芸会)が有り、婆と鹿角まで行って来ました。
廊下に孫の絵が貼られてたので・・・
イメージ 6

題目は男子皆統一でしたが、画用紙いっぱいに描かれた絵です。
クワガタの角が強調されて、いいなぁ~と思った〝爺馬鹿〟です。