元職場の釣り仲間から、11月25.26日に忘年会を兼ね、
男鹿で磯釣りの誘いが有りました。

現役の頃からの磯釣り仲間6名で、春黒や寒黒釣りに夢中に為ったものです。
忘年会釣行は毎年12月でしたが、今年は11月末の様です。
朝から各自好きな岩場で釣り、夕方に門前地区の民宿に集合です。
仲間に、この民宿の女将と同級生だった者がいて、
宿入り時間・飲み会終了時間等、気にせず勝手に振舞える利点あり。
ビール等は、家人が寝てからでも冷蔵庫から持ち出して飲む始末・・・
翌朝の朝食後、仲間全員で同じ磯で釣行です。
荒れてない時は沖磯に渡り、沖磯が無理な時は地磯からの釣りです。

昨年の暮れ以来の磯釣りです・・・
今日は穏やかな陽気だったので、外で竿・タモを伸ばして点検。
針・ハリス・浮き・リール・スカリ等の小物も・・・

イメージ 1

今回使うのは、
タモ網 7.2m(釣り座が高い処が多いので)
磯竿中通し1号5.3mと外ガイド1.5号5.3mです。(予備に2本携行)
中通し竿は、風が巻く時ラインがガイドに絡まない利点が有ります。
リールはレバーブレーキに2号PE200m巻き、他には100m巻いてます。
男鹿の磯では、黒鯛仕掛けに真鯛が喰ったりするので、PEを使ってます。
ハリスは1.5号か2号を使用、円錐浮きは3B~2号まで用意。
地磯でも、足元から竿2本等のドン深な釣り場が多く、荒れてると3Bでは無理。
一般的な細仕掛けよりは、真鯛にも対応出来る仕掛けにしてます。

竿ケース・背負子も古いが大丈夫そうなので、着るもの含めて準備完了です。
後は、前日に沖アミ・集魚材・付け餌を買えばOK・・・・

当日の天候が気掛かりです・・・・