2月4日 
今季2回目の八甲田スキー登山です。

天気予報(気象庁・気象協会・ウェザー)を見てても、先日まで晴れ・曇り予報が、
当日の朝はコロッと変わる不思議・・・
高額な気象衛星を打ち上げてる割りには、当たりませんね~

今朝の予報では、秋田〔曇り・雪〕、青森〔晴れ・雪〕です。
ならば、久々の八甲田と思い、出発・・・県境の矢立峠を越えると晴れてます。
高速の黒石を降りたら、津軽富士(岩木山)が・・・
イメージ 1

この冬は積雪が少なく、八甲田・酸ヶ湯で2.5m、平年の半分です。
高速も雪無し乾燥でしたが、黒石から酸ヶ湯の山道に入ると圧雪、4駆に切り替え。

酸ヶ湯から八甲田大岳か、赤倉岳から八甲田大岳への縦走か、悩んだが、
西側の岩木山が晴れてるなら、山頂部に雲が掛かってる北八甲田も晴れるだろうと、
予測して縦走コースを選択しましたが・・・

田茂ヤチ岳の湿原はガスが掛かり、視界は200m程で、
八甲田温泉ルートへ滑走のツァー客が歩いてます・・・
平年は積雪量も多く、この湿原の潅木は雪の下ですが、今年はこの有様です。
赤倉岳へは、このルートの右にある尾根を登ります。
イメージ 2

時々ガスが晴れて、青空が・・・千歳便の航跡も・・・
イメージ 3

今日の赤倉岳は無人です~ 
樹氷の間を抜ける風が造った巨大な風紋で直登出来ず、斜登の繰り返し・・・・
吹き溜まりは膝までの新雪と、風の通路はガリガリバーン。
陸奥湾と青森市が見えます、日が当たってるのが前岳。
イメージ 4

今年の樹氷は痩せてるのと、氷化してません・・・
イメージ 5

雲間にボンヤリ太陽が・・・
イメージ 6

登って来た田茂ヤチ湿原が眼下に・・・
イメージ 7

前岳もボンヤリ見えました・・・
イメージ 8

赤倉岳への中間まで登ると、突然晴れました~
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

青森市方向のパノラマ
地平線の灰色雲が、流れて来て猛吹雪に為るとは、
この時思ってもいませんでした・・・・
イメージ 13

これから登る赤倉岳方向。
イメージ 14

ここまで休み無しで登って来たし、晴れたので板を外して休憩。
10分もすると小雪がパラつき、風も・・・視界が無くなり、おっとコレはと撤退。
急いで板を履き降りました・・・

正面からの吹雪でフードを被り、登って来たトレイルを辿るが、
風で吹き消された処もあり、立ち止まって確認すること暫し・・・
映画〝八甲田山 死の彷徨〟の二の舞寸前(>_<)

1000m辺りまで降りると、視界が開け下界は晴れてました・・・・


今日の教訓  標識旗を持って往くべきだった。
今日の装備  ディナフィットPDG板+TLT+ポモカ・レース用シール
                    軽量で動き易かった