この土日は、孫が泊まりに来る予定だったので、山は考えて無かったが・・・

土曜の午前中に来たが、母親が風邪気味で病院に・・・インフル的中で、
土曜日の夜勤は交代して貰い、2階で床に就いてた・・・夕方帰宅。
仕事柄、予防接種は受けてたらしいが・・・それでも罹患とは・・・
天気も良く、外遊び、ゴムを曳いて飛ばす飛行機に飽きて、近くの小山を散策。
ドングリの実が矢鱈落ちてて、中には根が2~3cm伸びてるものも・・・
少し拾って、家に帰って庭に植えると云う・・・リスが来るかもと。
日曜日の予定が、無くなってしまった・・・

今日(日曜日)は早く目覚めた、外は凄い朝靄と車の窓がバリバリに凍結。
山のライブカメラ画像を見ると、鳥海・秋田駒・森吉・岩木・八甲田がハッキリと。
秋田・青森全域が晴れです~ 急遽山へ・・・
用具他は常に車の中、コーヒーとメシが出来ればOK。

日帰り最短で往ける田代岳は、林道の雪が消え、ドロ道とのことで×
次の森吉山は、2月19日の遭難者がまだ発見されず×
結局、毎度の八甲田へ・・・


黒石ICからの岩木山、山頂部に薄雲が・・・
イメージ 1


日曜日で久し振りの晴れなのに、意外と少ない人出です。
ツァーの団体、滑走地点に・・・樹氷は少し甦り・・・
前回の13日より新雪が30cmほど増えてます~
イメージ 2


これから登る山のバノラマ         ↓八甲田大岳の裏までの1人ツァー
イメージ 4


南八甲田の山々も丸見えです。こんな天気は今シーズン初。
イメージ 5


トレイル通り往くと、八甲田温泉に降りてしまいます。
ツァーは回収バスが有るが、一般は歩き以外無し・・・大変な事に・・・
イメージ 6


最初の登る 赤倉岳パノラマ 夏道が山頂に伸びてるのが見える。
この辺は薄最中だけど、シールは効く。
イメージ 3
風は冷たいが・・・太陽カーン~
イメージ 7

赤倉岳の夏道が判る辺りまで登ると、ガリガリでシールが効きません・・・
前回13日と同様、板を背負い・ストックを1mに縮めキック・ステップで・・・
兼用靴は何回やっても登り難い、コバの確りした重登山靴なら1回の蹴り込みで、
ステップが決まるのだが・・・
でも、登山靴1.5キロ+板1.25キロ+金具1キロ=3.75キロ(片足)で重い!!
遊びで歩くには、軽量化されたものが楽チンです~
今日の道具は、兼用靴1.1キロ+板0.8キロ+金具0.55キロ=2.45キロ

赤倉岳山頂部は風が有りフードを冠る、風裏のいつもの場所で板を外して一休み。
一休みでも、ザック降ろして・板外して・座して一服しないと休んだ気に為らない。
最近はいつもそうだ・・・あぁ~田代岳初ルートの時は、余り休んだ記憶が無い。
あの時は偵察から完登まで、真剣に遣ってたなぁ~あんな緊張感が堪らない・・・


赤倉岳から井戸岳との鞍部にスキーでトラバースです。
ハイ松に雪が載ってて歩き易い。    井戸岳パノラマ
イメージ 8


右手に南八甲田の山々も目線の高さに・・・ パノラマ
イメージ 9


鞍部に着くと、高田大岳が姿を見せます。
イメージ 10


井戸岳の噴火口  正面南側に八甲田大岳がデ~ン~と見えます。
イメージ 11


井戸岳から八甲田大岳との鞍部に在る、大岳避難小屋へは、
夏道左下のハイ松帯をスキーでトラバース。
前回13日はハイ松帯に雪が無く通れないので、
板を背負い夏道を避難小屋まで歩きました。


大岳避難小屋からの八甲田大岳北斜面。
イメージ 12


八甲田大岳のパノラマ
イメージ 13

大岳避難小屋は誰も居なく、マドレーヌと饅頭でカロリー補給。
テルモスコーヒーを2杯。
いい気分で居ると男女混合ツァーがドカドカ15人ほど来た、
挨拶無し・板の間に靴で上がり込み、そこら一杯雪だらけ・・・
コンロを着けて飯を喰う様子。4人居たガイドも雪落して上がれの一言も無し。
ガイドは土間の椅子で飯・・・文句を言おうと思ったが・・・我慢・・・

北八甲田には大岳を挟んで、北にこの大岳避難小屋、南に仙人岱避難小屋が在る。
仙人岱小屋は、地元の山の会が常時使ってて管理が行き届いてるが、
ここは、冬戸も碌に閉めず中は雪だらけ・・・
客の質が悪いのか? ガイドが駄目なのか?

ガイドが確り言えは、客は従うはず。
文句言われて嫌なら、遠路八甲田に来なければいいのだ。

ガイドが駄目なのだろう・・・
雪崩れる斜面滑らせて、死者だしたレベルだから・・・
夏場百姓して、雪降ればナンチャッテガイド・・・関係者見てたらご免デ


そんな小屋を早々に退散して、八甲田大岳の東斜面を巻いて仙人岱へ・・・
大岳環状ルートの標識竹が林立してます。
今回は、最初から大岳に登る予定では有りません。
雪が良ければ、仙人岱から睡蓮沼に滑るつもりでした。
高田大岳に向かってスタートです。ここでシールを外して滑走です~
イメージ 14


左手には、降りて来た井戸岳  パノラマ
イメージ 15


高田大岳の北西斜面パノラマ
小岳と大岳の間を通って仙人に向かうが、大岳側の高い位置を滑らないと、
途中で登り返しに為ります。
          雛岳↓   高田大岳↓       小岳↓
イメージ 16


八甲田大岳の東斜面、昼になると雪が腐ってズシズシ・・・・
板に乗った雪が重い・・・
イメージ 17


仙人岱避難小屋が見えます、後ろは硫黄岳。一面の雪原、雲が出始める。
小屋から睡蓮沼に向かっても、下部は斜度も無くグサグサに苦労するだろう・・・
観光道路の除雪は全部終わってると思うが、酸ヶ湯まで1時間の歩き・・・
イメージ 18

4月1日から谷地温泉⇔酸ヶ湯温泉間が開通なのに、
睡蓮沼までの竹竿標識が未設置。今までに無く遅い・・・・

睡蓮沼を止め、ツァーコースの硫黄岳ルートを帰路と。
仙人岱避難小屋に寄らず、硫黄岳との鞍部に滑り込みます。
雪が重くて回すのが大変・・・

鞍部手前から振り返えってのパノラマ
                小岳↓    ↓高田大岳の頭
イメージ 19

コース標識が付いてます。竹竿も・・・
これに沿って滑り、地獄湯ノ沢で大岳環状ルートと合流です。
イメージ 20


硫黄岳北斜面をワンペアが登ってます、東斜面を滑るのでしょう・・・
イメージ 21


ここはまだ日差しが有るが、西から怪しい雲が・・・・
イメージ 22

この辺で、バランス崩して横転倒・・・首がギクっと鳴った・・・今の所大丈夫そう


南八甲田の山並みパノラマ
イメージ 23


岳樺(だけかんば)
この木の冬姿が好き、この色合いが好きだ。高い処の奇形よりも。
其々の木肌の色合いが微妙に違うのだ・・・
成長に従って樹皮が剥げるが、油分が有って濡れてても燃えるし、
以外に火力を得られる。遭難対策用か???
イメージ 24

此処まで来ると、酸ヶ湯までは5分位。
板外して、おにぎり二個を喰う・・・時間は1時を回った、バスは酸ヶ湯発2時。
風も無く暖かいので、ゆっくり休んでると、外人ペアがシューで登って来た。
ザックの大きさと・時間からして仙人小屋泊か・・・
三沢市に米軍基地があるので、八甲田に来る外国人は多いし、日本語も達者。
子供で方言を喋るワラシも居る位だ・・・
「チワーー」「コン 二チ ワァ~」


バス時間も迫って来たので、酸ヶ湯に降りると駐車場の除雪をしていた。
4月1日に道路開通なので、駐車場の整備。
イメージ 25


2時発のバスに乗り、390円で車回収。

帰る途中、城ヶ倉トンネル(登り勾配・直線で約50m)に入った途端、
車が180度回転した・・・
朝は道路が凍結してて4駆で通過したが、帰り解けてたので4駆を解除してた。
対向車が無く良かったが、あの狭いトンネルの壁が目の前に来た時は、
あぁー壁に衝突するー と、まだ車は90度より回転してなく、その後の90度は、
横転する錯覚に陥った・・・
反対車線に止まったので、一旦トンネルから走り出て方向転換、
4駆に切り替えて再突入・・・入り口10m位がブラックアイスバーンだった・・・

登り坂だったので、何気に加速したのが原因だべぇ~
冬場何回も通った場所だったから油断も有ったべなぁ~
気を付けなければ・・・


帰路 黒石の大河原温泉200円で一風呂。