4月10日
昨日9日から、春スキーシャトルバスが運行でしたが、
強風で八甲田ロープウェイが運休(風速25m以上)。
今日は、天候も回復の予報で、八甲田に向かいました。

黒石ICを降りると、黄砂予報通りに、岩木山が霞んでます。
イメージ 1


沖揚平まで来ると、北八甲田の全景が見えます。
                      井戸岳↓     ↓八甲田大岳
イメージ 2


シャトルバスの土日運行が始まったので、北八甲田の裏側(東側)に滑り込み、
バスで車まで戻る計画、行動範囲が広がります。

ロープウェイを使い、赤倉岳・井戸岳に登り、箒場岱に滑り込むか?
酸ヶ湯温泉から仙人岱避難小屋に登り、井戸岳から箒場岱に滑り込むか?
考えながら運転・・・
ロープWの回数券は残ってるが、勿体無いので酸ヶ湯から登ることに・・・
酸ヶ湯までのシャトルバスは最終便より無く、箒場岱発が14時40分。
時間はタップリ有ります。

酸ヶ湯温泉上の駐車場に着くと、登山客の車が多数停まってます、準備の人も・・・
準備を終えて9時15分出発。


真新しいツァー標識が付いてます。
〝山岳同人たかじょ〟(青森の山の会)の Iさんが、6日に5枚取り付けたとの事。
古いのや・欠落したのを、塗り直し、取り付けてるらしい・・・(同人HPより)
遭難予防と・・無償でしてるらしいが、頭の下がる思いです<m(__)m>。
イメージ 3
雪は締まって、シール登行も楽。
今朝歩いた先行者の足跡を見ながら、ドンドン登れます・・・
12本アイゼン跡・壷足跡・長大シュー・アルミカンジキ跡、等様々です。
何でこの雪質に・・・と、思いながら・・・足元が重くて大変でないかと・・・
ま~人其々でいいか・・・


木立越しに、山々が見えて来ました。パノラマ画像
       八甲田大岳↓                    ↓硫黄岳
イメージ 4


大岳環状ルートの竹竿標識が・・・この先ずーっと立ってます。
ここで降りて来た、お嬢さんと交差「速いですね」と言うと「うふっふっ」の返事。
アイゼンを履き・背にはシュー 早朝発・仙人避難小屋往復でしょうか・・・
イメージ 5


地獄湯ノ沢の降り口に来ました、先行者3名が見えます。
沢通しに往くのが大岳環状ルート、右へ上がると硫黄ルートです。
雪が安定してるので沢ルートを選択。
新雪が深い時は、右の林間から仙人岱避難小屋を目指す方が安全です。
イメージ 6

沢の中は照り返しで暑く、
ツナギの上を脱ぎ・腕を腹前で縛り・下のサイドファスナー膝まで開放・・・


地獄湯の沢 中間点、雪で埋まってるのに硫黄臭がします。
左上の夏道で、トラバースに苦戦中1名・・・
イメージ 7


喉 が見えます、銚子の口 と言う方も居ますが、沢が極端に狭く為ってる処。
新たな先行者3名が前方に・・・
イメージ 8


喉 で、振り返ると南八甲田の横岳が、どーんと・・・・
イメージ 12


喉 を越えた処に有る巨大な吹き溜まり。
イメージ 9


小岳が見えて来ます
イメージ 13

イメージ 10


10時30分仙人岱避難小屋到着、ここまで1時間15分は満足なタイム。
イメージ 11

天気が良いので、中に入らず小屋前で、板外して大休憩。

北側パノラマ     ↓八甲田大岳            小岳↓   ↓高田大岳
イメージ 14

3月27日のブログで、小屋から睡蓮沼に降りるコースには、
竹竿標識無しと記載しましたが、今日見たら設置されてました。


南側パノラマ 奥に南八甲田の峰々     ↓硫黄岳大斜面
イメージ 15


30分休憩して、11時に八甲田大岳と小岳の間を、井戸岳に向かって緩い登り。

八甲田大岳の東斜面 今日はまだ誰も滑って無いようです。
イメージ 16


大岳の裾を巻くと、井戸岳・赤倉岳が見えて来ました。
              ↓井戸岳       ↓赤倉岳
イメージ 17


井戸岳と赤倉岳                 ↓ここの稜線から箒場岱に滑る予定
イメージ 18


八甲田大岳の裾野の雪庇が崩壊してます・・・一度に落ちるとブロック雪崩が・・・
イメージ 19


小屋を発って小1時間、12時少し前に滑走予定地に到着。
滑り始める処からのパノラマ 雛岳の左裾野を巻いて、箒場岱まで6.3キロの滑走。
         ↓雛岳   ↓高田大岳   ↓小岳        八甲田大岳↓
イメージ 20

シールを外して滑走準備、ツナギの上を着込み、
兼用靴を滑走モードに絞め込みます。


箒場岱への滑走ルート
イメージ 22


竹竿標識を左右に見て・・・ザラメ雪ですが、日陰は少しカリカリ・・・
イメージ 21


手前の台地を巻いて、高田大岳の裾野目指して滑ります・・・
イメージ 26


箒場岱ルート標識板  林間に入ると竹竿標識が無く、標識板が目印です。
イメージ 23


大分降りて来ました・・・
イメージ 24


高田大岳の裾野を回り込むと、山容が一変します・・・
イメージ 25

ここ辺まで降りれば、後はブナ林の中を標識に沿ってほぼ真っ直ぐ。
12時半なので、此処で昼飯・1時過ぎまで大休止。
風も無く・日差しが心地良い・・・
50人位の大ツァーが降りて来たので、ボチボチ出発です・・・

箒場岱に着いたのが1時40分、滑り始めて休み込み1時間40分の滑りでした。
丁度、1時40分発の3便シャトルバスが止まってたが、
ロープウェイ駅止まりで、酸ヶ湯温泉までは往かず・・・
当初予定の、最終便2時40分発を待つ。

茶屋でバスの切符を1000円・ロング缶B480円購入。
缶B呑みながら、バックルを緩め、ストック畳んだり・・・
アスファルトに、ごろ寝・・・暖かい~1時間はすぐ過ぎます。

2時40分の便、客は10人ほど・・・途中のロープ駅で降り、
酸ヶ湯温泉まで乗ったのは1人だけ・・・酸ヶ湯着3時20分 40分のバス旅。
山越えして東側に降りても、路線バスが無いので、
昨日から始まった土日シャトルが、有り難い・・・
ガイドツァーに参加すれば、送迎バス付きだが、
コースも限定されるし、3000円が勿体無いのだ・・・・


次のスキー遊びは、15日開通の八幡平アスピーテライン。
16日から山頂までの定期バスが走るので、
晴れの日を選び、蒸の湯駐車場からバスで山頂へ・・・
時間的に、4キロの滑走×2回は可能です。

10日オープンの月山も気に為るが、遠いので去年並みに鳥海と併せて・・・
長距離運転も年々億劫に・・・


追記
八甲田ロープウェイHP4月9日付けに、城ヶ倉ツァーコースが閉鎖との記載有り。
理由は判りませんが、積雪量はまだ充分に有るはずですが・・・
滑り出しの南側急斜面に、亀裂が入ったのかも。
宮様コース側を巻いて、毛無岱廃小屋付近で合流すれば、南斜面を迂回出来ます。

北八甲田山岳スキールート図
(八甲田ロープ駅で貰えます)
イメージ 27