ピッケルは11本も持ってるが(下記URL)、また1本買ってしまった・・・

そのピッケルは、アルピレッド(フランス製)です。
ピッケルが手造りの時代から、加工が楽な金属シャフトに変わり、
各社が一斉に金属シャフトでの製造に移行した頃に、異彩な存在のピッケルが出現。
それが、アルピレッドです。
現在でも、木製シャフトでピッケルを製造してるのは、
知る限りウイリッシュ・ベンド・二村より有りません。
シャフトの強度を求める為には、金属ですから当然に重くなります。
アルピレッド社は、当時の超音速旅客機コンコルドの骨材でシャフトを加工しまた。
コンコルドの骨材は、機体の軽量化を図る為に、超ジュラルミンを使用。


画像【上】の短いピッケルは、以前から持ってた
〝アルピレッド ルネ・ドメゾン モデル 〟60cm・700g
ドメゾンは、フランスの登山家で、ヒマラヤ・アンデス・アルプスで、
114もの初登頂や新ルートからの登頂を果たした、当時の登山界の雄です。


【下】は、ネットオークションに2000円で出品されて、希望者が無く落札した物。
70cm・730gのアルピレット オリジナルです。
イメージ 1
この歳で、今更ピッケル・・しかも同じ物を2本も要らない・・とも思いましたが、
ドメゾンモデルがバランス良く・使い勝手が良いし、2000円で不落は可哀想と。
クリックしてしまいました・・・到着後、爪ヤスリと砂消しゴムでクリーニング。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


両ピッケルの比較
         ピック・ブレード長 シュピッッェ長 ブレード幅 全長
ドメゾン モデル   30cm       8cm     6.8cm 60cm
オリジナル      27cm       6cm     5.8cm 70cm

画像【上】ドメゾン モデル 【下】オリジナル
ピックのカーブ差(オリジナルは、ドメゾン モデル以降の造と思われる)
頭部の凸部差(凸部は、ピックを氷に刺す為バイルで叩ける様に考案したと思われる
      これは、シモンにも同じ様な物が有るが、飾り程度のもの)
イメージ 2


シュピッッェ形状
ドメゾン モデルが、より刺さり易く造られている。
イメージ 3


アルピレッドの特徴は、ブレードの先が凹状。他のピッケルは凸か直線がほとんど。
カッティングの際に、角が先に当たる様に考案されている。
ドメゾン モデルの方がブレードの造りが大きい。
イメージ 4


シャフトの握りラバー(オリジナル画像) 
オリジナルには付いてるが、ドメゾン モデルには無し。
小生が、釣竿握り用の熱収縮ラバーを取り付け。
イメージ 5


縦走用には、丁度良い長さ・重さです。使う機会が有ればいいのたが・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。