1月20日  今日は〝大寒〟です。

この冬最大の寒波が去って、2.3日落ち着いた天気でしたが、
色々有って山に往けず仕舞いでした・・・
 
昨日の予報を見て、今日も夕方迄は安定する模様、森吉山の樹氷見物か?
迷ったものの、上空に薄雲が広がってるので、
1500mクラスは山頂部が雲の中と判断、低い田代岳に向かいました。
田代岳は、この冬初めて・・・標高が低い分 積雪量も少なく気に為ったが・・・
懸案のルート開拓の下見も兼ねて・・・

藪も埋まって、歩きも滑りも大丈夫だろう~


岩瀬ダムの五色湖に架かる橋の上からの、田代岳。湖面は凍結してます。
イメージ 1


8時に家を出て、三菱重工ロケットエンジン燃焼実験場まで除雪された林道を進み、
大広手登山口に到着、誰も居ません・・・早速準備。
今日の目的は、先日入手したディナフィット・シールの試しと、尾根偵察が主です。
板はPDG片足800gに貼り流し、立ち木が多いのでメットも用意・・・
ディナ・シールの事は、山スキー シール取り付け

イメージ 2


9時30分スタート、左の尾根に取り付きます。
イメージ 3


雑木林の中を帰りの滑りを考えで、なるべく木立の無い処を選んで登ります。
イメージ 4


雑木を抜け、杉造林を抜けると、尾根の上が見えます・・・
イメージ 5


広い尾根に上がりました~ ここまで30分。
イメージ 6


幅広の傾斜の緩い尾根を直進。新雪20cm程度の埋まり具合・・・
イメージ 7


沢を隔てて、向こう側に枝尾根が現われました。
ここまで1時間、1本立てます・・・大広手左尾根上の唯一の明確な分岐点。
イメージ 8


左手に2本の尾根が見えて来ました。今日の目的の偵察尾根です。
は、昨年厳冬期に〝初トレース〟であろう「仮称・五色尾根」。
が、今年の厳冬期中(2月)に完登したいと思ってる「仮称・直登尾根」です。
これの偵察に来ました・・・                  パノラマ画像
イメージ 9


五色尾根の取り付きよりも、更に沢上に位置し、
五色尾根の1000mピークに突き上げてる、痩せ尾根です。
スキーで登れるか? カンジキが良いのかの判断の為・・・
スキーでジグ切って登れるのか・・・立ち木が無ければ最高の尾根ですが・・・
イメージ 10


左に見える、〝仮称・直登尾根〟を偵察しなから登ると、先の勾配が急になります。
イメージ 11


ジグを切りながらの登り・・・ディナ・シールは期待通りの効き。
4600円はお買い得~~ この辺は雪深 30cm~膝 。
イメージ 12


標高1000m辺りに来ると、ブナの木に熊棚が・・・
昨年の秋はブナの実が不作の年で、山里に熊が異常に出没しましたが・・・
イメージ 13


〝仮称・直登尾根〟上部が良く見える処に来ました。
ここで11時半です、少し早いが昼飯タイム・・・
おにぎり1個・スイートポテト1個・テルモス珈琲・・・煙草・・・
尾根を見ながら・・・スキーは無理だなぁ~ などと考えながら・・・
イメージ 14


12時に為ってしまいました・・・偵察が主なので、ここから戻ろうとも思ったが、
折角来たから田代岳山頂を拝んで・・・と、歩き始めると 又 熊棚が・・・
イメージ 15


1000mピークに突き上げる基部に、一箇所だけ平な部分を発見・・・
これは、いい目標に為りそうです~
イメージ 16


熊棚の有るブナと別なブナですが、秋に付けられた新しい爪跡。
このブナに熊棚は無かった・・・実が有るだろうと登ったのかも・・・
イメージ 17


昨年登った 仮称・五色尾根上半です。             パノラマ画像
イメージ 18


ブナ林が終わると、岳樺が現われます・・・まもなく〝高層湿原〟です。
霧氷化粧のダケカンバ。
イメージ 19


高層湿原の先に、田代岳の山頂ドームと山頂神社が・・・12時半です。
林が無いので風がまともに当たり・・・寒い・・・
ここでシールを外し、来たルート沿いに滑ります~
その前に・・・田代岳の神様〝白髭大神〟に色々お祈りして・・・
イメージ 20


谷間に、三菱重工のロケット実験場が見えます。
周囲数10キロに民家が無く、轟音や爆発しても、害が無いと選ばれたとか・・・
ここで衛星を打ち上げる H2ロケットのエンジン燃焼試験をしてます。
大型タンクローリーが燃料を運ぶので、林道は常に除雪され快適に通れます。
イメージ 21


高層湿原下のダケカンバ霧氷化粧の図              パノラマ画像
イメージ 22


車に戻って、1時半でした・・・窓を鏡に一枚・・・
イメージ 23


渓谷のマシュマロ達・・・
イメージ 24

次回の田代岳は、〝仮称・直登尾根〟の取り付き偵察を・・・


土日は〝孫軍団襲来・・・、穏やかないい日に、山行出来ました。