イメージ 7

2月14.15.16日で、2泊3日の精密検査に往って来ました。

今までの経緯は、俎板の鯉



2月14日
入院検査の準備をして、朝9時に来るように云われてたので、
まだ薄暗い6時に妻同伴で出発・・・人生初の入院・・・・

個室を希望してたのですが、空いて無く大部屋でした・・・
後で見知ったのですが、個室は手術直後の方か・間も無く・・の方専用の様でした。


一通り担当医師と看護士から、検査期間中の説明が有り、
ベッドは幸い7階の窓辺で、外の見晴らしが良いのが気休めになります・・・
パジャマに着替え、24時間のモニター送信器を付けられる。
イメージ 1

イメージ 2
何と出て来た昼飯は、秋田郷土料理のキリタンポでしたが・・・不味いの一言。
家で喰うのは100倍も美味い・・・不味い昼飯を喰って、午後から一連の検査です。


①心臓弁と出入りの太い血管のエコー検査と、
 両手首からカテーテルを心臓までの通る太さかを調べる検査。
 検査技師が弁や太い血管には問題無いし、腕の血管も通せる太さだと。
 細いと股の付根から通すらしい、下半身の毛が剃られる事無く一安心・・・

②心筋シンチグラフィー検査
 放射性元素を注射し、冠動脈から心筋への血流や心筋の機能を調べる検査とか・・
 注射後1時間と3時間後に調べられました・・・

③内臓脂肪の面積(量)の検査
 臍の位置での断面で、内臓脂肪が判るそうです・・・
 正常値が1~99c㎡だそうで、66c㎡でした。

ここまでで、事前検査は終わりです。明日午後2時からカテーテル検査だと・・・
担当の看護士から、「風呂に入ってユックリしたら」と言われたが・・・
そんな精神状態では無い・・・妻がホテルに・・・心細さ倍増・・・



2月15日
うとうとと眠れぬ一夜を過ごし、洗顔・・髭剃り・・朝飯の時間・・・
看護士から夜間に心拍が少し下がると言われた、
ナースセンターのモニターで判るらしい・・・
イメージ 3

これも・・・不味いの一言・・・喰い終わった頃に・・・妻が来た・・・

2時からの検査なので、10時から水分を飲むなと・・・昼飯も抜きだと・・・
1時になると、変な紙の上着を着せられ、右腕に点滴・・・
2時少し前に、寝台に乗せられで7階から1階の検査室へ・・・
約1時間掛かるとか・・・もう完全に〝俎板の鯉〟状態。

検査室前で妻と別れ・・・中に運ばれると・・
眼鏡を取られてるので良く見えないが、多くの機器類とモニター画面が・・・
医師も看護士も頭にキャップを冠り・メガネ・マスクで男は白服・女はピンク服で、
総勢10人位・・・10対1では勝負に為らない・・・
寝台から別の台に、セーノで移される。
左腕全部を消毒され・・・担当医が「〇〇さーん、今から始めますよー」で、
首から足までカバーを掛けられ・・・
左手首と腕に麻酔を打たれた・・・チクッとしたが・・・我慢・我慢・・・
手首と腕の血管に〝穴〟を開けられた時は、麻酔で痛みは無かったものの、
「ブスッッー」と衝撃が・・・・
目の前で四角い機器が左右に動き・・・「〇〇何ミリ注入」とか聴こえて来る・・
「胸 苦しくないですか?」等と何回も聴かれるが・・・別に異常は無い・・・

「〇〇さーん、間も無く終わりますよー」で、やっと解放される・・・
1時間が経過したのか・・・・左腕の2箇所に止血の処理・・・これが凄い圧迫。
動脈から血が吹くのを防ぐ為らしい・・・

検査から出ると、妻が長椅子に座って居た・・・あぁ~やっと終わった・・・

7階の病室に戻り、寝台からベッドに移され、一安心だが・・・
左腕を朝まで曲げない様にと・・・右腕には朝まで3本の点滴をするとか・・・
朝8時の回診まで、ベットから降りられず・・・小便は尿瓶にだって・・・
                              哀れな左手の図
イメージ 5

                              哀れな右手の図
イメージ 6

夕方、妻がホテルに帰った・・・

晩飯の時間・・・左手が使えないので、右手で喰えるオニギリ他・串肉団子。
イメージ 4

不味い中で、この飯が一番美味く感じた・・・検査が終わった安堵感かも・・・

さて・・夜中、点滴を連続でされてるので、小便を片手で尿瓶にするのが至難技・・



2月16日
朝8時の回診で、左腕の止血が取れで・点滴も終了・・・
ベッドから降りてもOKとの事、前日の昼から寝たままなので腰が痛い・・・
洗顔・髭剃りをしてると妻が来た・・・担当医の結果説明が1時半からとの話し。


担当医の説明を妻同伴で聴く
カテーテルでの検査の結果は・・・
①血管が極端に細く為ってる部分は無く、ステントを入れる様な処は無かった。
②心臓の外側に有る3本の血管に試薬を流すと、全体的に細く収縮するので、
 狭心症や心筋梗塞になる心配が有る。
③収縮予防の為の薬を処方する。
④万一の為に、ニトロペン舌下錠も持っていた方が良いと、5錠処方して貰う・・・
 ニトロは2年間有効で、苦しく為ったら1錠・5分後治まらなかったら更に1錠。
 3錠で駄目なら救急車を呼べと・・・ニトロの期限が切れたら新しい物に交換。

最後に、担当医が・・・
「私は、この後・この件で、貴方とはお会いしたくない。」(再来者が多いとの事)
「自己管理で防げるので、今後塩分と煙草を控えるように・・」との、お話でした。

大館の紹介した医師宛の検査報告書を受け取り、お礼を言って帰路へ・・・
途中の店で、本鮪トロと真鯛刺身を買い、濁り酒300mℓで、ささやかな乾杯・・・



今回、生まれて初めて入院して・・・思った事
看護士はどの方も親切でした・・・
妻も娘も看護士をしてるが、特に娘は循環器病棟勤務、
小生が「風邪気味で具合が悪い・・・」と言うと・・
「寝てれば治る!!!」と、冷たいお言葉・・
あんなに親身に、患者に接してるのだろうか・・・と。

3日間 年休を取って付き添ってくれた妻には、感謝感謝・・・


今日は朝から雨・・・一気に家の周りの雪解けが進んでる・・・(>_<)