3月5日(日)

2月28日の好天に、八甲田縦走をして以来の、待ちに待った好天予報です。
予報では、午前中は晴れ・昼から曇りでしたが・・・

朝6時に起床、朝飯を喰い6時45分に出発。
八幡平スキー場に向かいます・・・予報に反して山頂部には雲が・・・
流れも速い・・・路面も凍結してるので、4駆に切り替えて・・・
イメージ 1


山道に入ると、日差しは春でも路面は冬・・・
イメージ 2


8時過ぎに、八幡平スキー場に到着です。
ここのスキー場は、標高1000mに有り雪質は最高ですが、
寒さが厳しく、一般客はもっと下のスキー場で滑ってます。
今はまだ土日営業のみ・・・下のスキー場が雪解けで駄目に為る3月末から、
GWまでの間は毎日営業と言う不思議なスキー場です。

今日、八幡平を予定したのは、地元の鹿角山岳会が毎年主催の樹氷ツァー、
3000円の参加費で30名ほど山頂へ案内する企画が有った為。
普段誰も歩いて無いコースを、ラッセルしながら歩いては、日帰り往復が大変。
そこで、彼等のトレールを拝借して楽して山頂へ・・・と思った次第・・・
山装備をして、スキーハウス前に着いたら、御一行様がリフトに乗る準備中です。


リフト代250円が勿体無いので、早朝圧雪仕立てのコース脇をシール登行・・・
イメージ 3


8時45分スタート、滑走距離1250m・標高差250mのコースを直登して、
リフト上広場に9時10分着・・・御一行様は輪になって、準備体操をしてました・・
こっちは、ここまで登ったのが準備体操の様なもの・・・
イメージ 4


彼等のスタートを待ってても仕方ないので、蒸ノ湯に向かうルートに進むと、
シューやスキーの跡がバッチリ付いてるではないですか~
先行して進んでるグループが居たのです・・・これはラッキーでした・・・


八幡平アスピーテラインの蒸ノ湯駐車場に着きました。
トイレは屋根だけ出ています・・・道路標識も手を伸ばせば届く位置・・・
イメージ 5


観光道路から離れて、夏の登山道沿いに・・・最初は中々の急登です。
先行する男女ペァに追い着きました・・・リフトで上がったとの事・・・
トレールはバッチリで、快適ですが・・・
まだ風邪が完治して無く、鼻水ダラダラ・・・呼吸が苦しく最悪ですが・・・
イメージ 6


ツァー標識131番まで登って来ました、スタートの100番はスキー場TOPです。
300番標識は、八幡平山頂に立ってます・・・
背後に焼山山塊が見えます、春山スキーに最適な山塊です。
イメージ 7


岳樺の巨木に霧氷が、青空に映えて・・・
脇の青森トド松(おおしらびそ)は、この高さでは樹氷化しません。
イメージ 8


暫く進むと、青森トド松も樹氷らしく・・・・
途中会った人に50代後半かと聞かれ、今年70だと・・・
そんなに若く見えるか?  この病み上がりが・・・


暫く進むと、青森トド松も樹氷らしく・・・・
イメージ 9


八幡平独特の地形、四方八方樹氷大平原です。青森トド松の生育密度は日本一とか。
                    超パノラマ画像です、拡大してご覧を。
イメージ 10


振り返ると、焼山山塊の奥に、森吉山1454mが見えます・・・
イメージ 11


藤助森に来ると、八幡平山頂が見えます。     パノラマ画像拡大してご覧を。
イメージ 12


先行者に追い着きました。山頂の標識300番のポールが見えます。
展望デッキにも人影が・・・
イメージ 13


                              山頂部のパノラマ画像
イメージ 18



11時45分山頂着、登り始めて3時間、
体調不調ながら過去最高のタイムです\(◎o◎)/!病み上がりにしては上出来。
トレールが有ると無いとでは大違い・・・
膝上ラッセルで、150番標識で12時何て事も有りましたから・・・


この八幡と見える標柱は、5m物で4m位の積雪でしょうか~右は展望デッキ。
イメージ 14


山頂で、板を外し、テルモス珈琲・・・と、突然黒雲と風で天候急変です・・・
飯も喰わず、籐助森まで戻り・・・吹雪混じりの中、シールを外し、滑走・・・
雪の状態は良く、気分良く滑れた。
暫く滑走して林の中に入ると風も弱まり、ここで板を外して昼飯タイムです。


蒸ノ湯駐車場に戻り、シール装着中に単独シュー氏が降りて来た・・・
聞けば、8時にスタートしトップで山頂を越え、源太森往復との事・・・
45分早く出ただけで、源太森往復とは驚きのパワーだ・・・


スキー場TOPへの登り途中から、眼下の蒸ノ湯温泉です。GWまで冬期休業中・・・
イメージ 15


スキー場TOPに上がりシールを外し、スキー場内を滑走・・・
スキーハウス着が1時30分でした。
早速、売店で「温泉 割引券くれ」と言ったら、「1千〇円」と・・・
午後のリフト割引券と勘違いされたらしい・・・俺の訛りは最強か???
レジ係りのおばんは、地場の人間で無いらしい・・・
スキー場には1円も落として無いが、周辺温泉100円引きの券を貰って、
隣りの〝後生掛温泉〟へ・・・400円で冷えた身体を茹でて、一路家路へ・・・・
イメージ 16


今日のルート(赤線往復)
イメージ 17

今日の装備
板 ディナフィットPDG 800g   金具 デイナTLT 550g 
シール ポモカレースプロ 120g 
靴 ガルモント マスターライト1120g 標識旗120本(使用せず)


今回は、山頂部での天候急変と冷たい風で、指先が凍傷に為るかと思ったほど・・・
ヒマラヤ用に買ってた、-29℃対応のミトンを持って来るべきだったと。
年寄って、毛細血管まで老化したのか・・・・
取り合えず、内手袋交換してゴアオーバー手袋で対応・・・
この時期、こんなに冷えるとは思っても居なかった・・・おおいに反省。


明日からは、また週間天気予報が良くない・・・
次の晴れは秋田駒に往きたいのだが・・・