関東まで入梅したとの報道です。
予報では、当地も夜から雨との事で、
昨日は最後の晴れ間かと・・・庭の草取りをしてました。

アゲハ蝶が飛んで来て、〝金柑〟と〝温州みかん〟の鉢植えの周りを飛んでました。
時々 葉に止まったりしてたので、後から見ると・・・

金柑の若葉に〝卵〟が・・・・
イメージ 1

こちらの、若葉にも・・・・
イメージ 2


これは温州みかん、ここにも〝卵〟が・・・・数の子と同じ大きさの卵です。
イメージ 3

温州みかんの〝花〟です。
イメージ 4

不思議な事に古い葉には、産卵してません・・・
ここ2週間くらいで生え始めた若葉にです。

卵から孵化した幼虫に、若葉を喰わせるためでしょうが、
蝶が葉の硬い・柔いの選別能力が有るとは驚きです。

それに、アゲハ蝶の幼虫が柑橘類の葉を喰うとは・・・

当地では、冬場の凍結・積雪で、露地栽培は出来ないので、
鉢植えにして観賞用として楽しんでます。


冬場は、家の中で・・・遅霜の心配が無くなるGWが明けてから、外置き。
温州みかんは今開花ですが、実も生ります。
鉢植えなので一枝一個に摘果すると、売り物と同じみかんが生ります。
収穫は、お正月明けの頃が酸味が抜けて美味い、育て方を調べると・・・
長く実を付けておくと、木に負担が有るそうで、早目の収穫と書かれてますが、
酸っぱいよりは甘い方が良いに決まってます・・・
金柑は、1月末頃まで生らしておくと、売り物と同じ味です・・・


毎年、毛虫に葉が喰われるので、見つけ次第殺生してましたが、
アゲハ蝶を見てから、どうしたものか悩みますねぇ・・・
家人は、「私の、みかんが駄目になるぅぅぅぅーーー」と騒いでます・・・
確かに苗木の購入は家人、管理は小生。

6月9日朝 追記
今朝〝卵〟を撤去、全面チェックしたら、25~30個・・・
アゲハ蝶には可哀想な事をしたが、
全てが孵化したら葉が丸裸に・・・・