今日も暖かく、穏やかな一日。
午前中は夜露が乾いてから、降雪に備えて庭の枯れ草整理などしてたら・・・
3個目のカマキリの卵を発見。
なんと傍には雌のカマキリが卵を守ってます・・・

卵は地上10cm程度の高さに有りました。
カマキリは、卵を雪の下にならない高さに産むと言われてますが、
3個目の卵も低い位置に産まれてます・・・
この冬の降雪は超少ないのでしょうか???

イメージ 4


午後からホームセンターへ
冬物商品のコーナーで、-60度対応のゴム手袋を発見。
主に冷凍庫内で作業する人の為に、開発された手袋です。
作業員用品を扱う〝ワークマン〟が取り扱った商品ですが、
東北の一部の〝山スキー・キチ〟が、使って・濡れず・冷たさが無いとの評判。
噂を聞いてから2冬目です。
探すも品切れで入手出来ずにいましたが・・・1480円です。
イメージ 1


裏地には、ボア起毛が・・・
BD社の-29度対応の山用2重手袋を持ってるが、マン金です・・・
1480円なら一冬使い捨てでも、勿体無くないですね~
この冬は、これをメインにしてBDは予備で・・・
格好を気にしなければ、最高のアイテムかと。
見本を嵌めてみたが、Lで裏地の厚みがピッタリ、一回り大きいLLを購入。
イメージ 2




食用菊の〝もってのほか〟を摘んで、サッと湯通し・・
これが、サクサクして美味い!!
イメージ 3



追記

テムレスのゴム手袋に付いて、早速 山仲間から賛否の意見が有りました。

否意見の一人は、使った事が無いが、是からも使う気はなしとの事。
-60度でもゴムが硬化しないだけだと。
山用品は、其れなりのブランド品志向なのでしょう。

賛意見の一人は、中々使えると・・・
-15度程度の、当地の山域ではOKとの事です。

これだけで山に入る訳ではなく、予備としてBDの2重手袋を持つ訳ですから。
シール収納の際に毛糸手袋だと、糊に毛が付着する。
中綿入りの手袋では、ゴアゴアして保護シートが貼り難いし。

薄手のゴムの表面がザラザラ仕上げなので、ストックも握り易いかと。
この冬は、これをメインに・・・
駄目なら家での除排雪用に使えば良いかと・・・

因みに、山用にゴアテックスが主流な時代ですが、
これは元々米軍がベトナム戦争の頃に開発した物です。
雨期に衣服が濡れ・合羽では暑くてジャングル内を歩けない・・・
軍事機密でしたが、一般に開放した技術です。
GPSシステムも米軍の技術です。

春先に結果をお知らせします。