12月7.8日

男鹿半島・西海岸で、元職場の釣友達と、寒黒鯛釣り兼忘年会に参加。
OB2名現役5名が集まりました・・・

7日
早朝5時に家を出て、一路男鹿半島へ・・・
道路は凍結してたが、海沿いの能代市からは雪が無く・・・
7時に大桟橋展望台(だいさんきょう)駐車場に到着。
約束してた仲間が居ません・・・準備をしてると到着。
東風が吹いてて海面は穏やか~~沖に北海道へのフェリーが・・・
イメージ 1


駐車場で防寒具を着込み、撒き餌さ・竿ケース等15キロを背負子に付け・・・
150m下の〝孔雀ヶ窟〟へ急斜面を降って・・・中間地点の林間から磯が見えます。
今日は波も穏やかで良さそうと・・・
イメージ 2


下降ルートの核心部からの展望、手前の地磯は孔雀ヶ窟、沖磯は阿治ヶ島と小阿治。
男鹿半島屈指の磯です・・・
イメージ 3


北方向は、大桟橋の磯と加茂集落・桜島です。
イメージ 4


最後の崖をFIXロープ伝いに降りる・・・ここは両手で登り降りの場所なので、
荷物を背負う必要が有るのです・・・片手に物を持ち転落した者多数の名所です・・


イメージ 5


仲間の姿・・・

イメージ 6


コマセを撒き・・・釣れて来るのは小鯵のみ・・・コマセに群れて来ます・・・
餌が底に届く途中に鯵の餌食です・・・

暫くして、風が向きが南に変わり・・・竿を曲げるほどの強風に・・・
これでは釣り処では有りません・・・稲妻と共にアラレが叩き付け・雷鳴が・・・
カーボンの釣竿とアルミの背負子は危険なので、離れた場所へ仮置きです。
雷鳴は1時間ほどて通り過ぎたが、黒雲が流れて来るとアラレ・ミゾレ・雨。
ウエアがビショ濡れ・・・滲みて来ないだけ良いのだが・・・


天候が回復せず・・・昼飯の豚汁を煮て・・・ビールとワンカップで・・・
イメージ 7



3時前まで釣りましたが鯵のみ・・・本命の黒鯛の姿無し・・・止める事に。
荷物を背負い・・・急登・・・15キロからコマセを撒いた分は軽く為ったのだが、
雨を吸ったウェアが動きを鈍くします・・・


35分掛かって駐車場に登り返し・・・車に荷を積んでると仲間も到着・・・
4時前に今夜の宴会場の門前地区の民宿へ、まだ誰も来てませんが・・・
毎年の常宿で勝手は知ってます、何時もの部屋で浴衣に着替え・即風呂です。
冷えた身体を温めて・・・二人で風呂上りのビール中に1名が到着。

濡れたウェアは、明日に備えて部屋干し・・・暖房ガンガン燃やして・・・

5時半からの宴会なのに、後の者が来ません・・・辺りは暗く釣りはしてないはず。
5時頃来て聞くと、雷が鳴って釣りを止め・船川の街に昼飯を喰いに行き、
時間までパチンコしてて・・・大勝ちで台から離れられなかったとか・・・


5時半に宴会開始、全て〝男鹿産〟。美味かったのは、〝すごえもん〟の天婦羅。
カジカの一種だそうだが、此れは美味かったし、骨煎餅も初めての味。
イメージ 9


後の2人は、所要で遅れて来るとの事・・・釣れなくても此れが楽しいのだ・・・
イメージ 8


7名全員が集まり、呑みに呑みました~ 翌日まで。
仲間の1人が若女将と同期で、後片付けは明日の朝遣るから、
電気とストーブを消して貰えばOKとの事、ビールはストッカーからご自由にと・・



8日
起きたら・・・ミゾレが降ってます・・・海は北西風とウネリが・・・
入道崎のデータを見ると、北の風17m。これでは釣りに為りません。
朝風呂・朝飯後・・・釣りは諦め、9時まで話し込み・・・
年に2回 春黒鯛産卵時期と今の時期に、泊まりで釣り会をしてますが、
歳を重ねる毎に皆其々色々な出来事が・・・健康の事・嫁の事・等々・・・
話題が尽きませんねぇ~

次回は6月春黒鯛シーズンに若美地区のバンガロー貸切で、退職者も増す様子だ・・
再会を期して解散。


帰り掛けに、北浦港に寄りハタハタ漁の様子を見に・・・
大波が防波堤に打ち寄せてて、網入れが出来ずに岸壁に積まれてました・・・
この荒れが治まれば、季節ハタハタが接岸か???