1月27日
今朝、1時間半の雪寄せを終える頃から、珍しく薄日が射し青空が広がる。
今回の長い寒波襲来、毎日雪寄せでお疲れモードだが、
PCで〝雪雲〟の動きを確認すると、薄雲で降雪は少なそう・・・

即座に準備して、田代岳に向う。
出発時間が遅いので、山頂狙いは考えず(他の目的が有った)登山口へ・・・

途中の沢を渡る橋から、下を見ると・・・小滝が凍結してた!!!
イメージ 3

川筋も凍結してます・・・何年も来てるが初めて見る光景。
イメージ 4
こんなに凍結するほど、今回の寒波が強かったのか・・・

今まで、ここの眺めはこんな感じでした・・・
イメージ 31

この沢の奥地に、三菱重工のロケットエンジン燃焼実験場が有り、
機材や燃料を運ぶ大型車が通るので、毎日除雪完備です。
今日も、途中で大型重機が除排雪をしてました。
林道には所々に退避所が有り、対向車と交差出来る様に広げられてます。

納品を終えたトラック2台と何とか交差し、大広手の登山口に到着。
普段は、登山客の車が3.4台置けるスペースが確保されてるが、今日は無し・・・
車を前後させ、何とかスペース確保・・・土曜日なのに誰も居ません・・・
この寒波中に、好き好んで来る奴は居ないか~~

ここから登り始めます・・・
イメージ 1

新雪が深いと思い、今日は手持ちの中で一番幅広い板にシールを貼り、左手の尾根を登ります。

ブナの二次林を登る・・・
イメージ 2

フワフワの粉雪です・・・
イメージ 5

杉の造林帯に入ります・・・林の中はそれ程沈まないが・・・
イメージ 6

急斜面は、ジグ切って・・・
イメージ 7

途中で振り返ると・・・三菱重工の実験場。
人工衛星打ち上げ用のH2Aロケット等の燃焼実験をしてます。
昔、道幅が狭く車の旋回が出来ずに、中で廻そうと施設に入ったら、
ガードマンが束になって飛んで来ました(>_<)
イメージ 8

杉林を抜けると、間も無く尾根の上に出ます・・・
イメージ 9

尾根に上がりました・・・
イメージ 10

こんなのが、所々に有ります・・・
イメージ 11

尾根の下部は、傾斜が緩いので直登出来ますが・・・
イメージ 12

今日来た目的の尾根が、左手に見えて来ました~~
イメージ 13

黄点尾根の偵察が、今日の目的です。
赤点尾根は2016年の厳冬期中に既に踏破しました。
イメージ 28

黄点尾根(仮称直登尾根)は、昨冬に一度下部のみ踏み込みましたが、
体調不良も有りその後積雪期を逸してしました。
この厳冬期中に賭けてます・・・昨年の様子は

イメージ 30

尾根が急になって来ました・・・
イメージ 14

ジグ切って登ります・・・
イメージ 15

天候は薄曇、時折 小雪がチラチラと・・・尾根上部の斜度はこんな感じ。
イメージ 16

急登フワフワ雪でストックが、ズブズブ埋まります・・・
イメージ 17


2016年に通った赤点尾根(仮称・五色尾根)と黄点尾根(直登尾根)の合流点を確認。
イメージ 29


仮称・五色尾根の、1000mピークに直線で突き上げてます。
それで仮称・直登尾根と言ってます。

今日は、出発も遅かったし再確認もしたので、ここで昼飯です。
フワフワ雪を板で踏み固め、壷足で立つと・・・ズブズブ沈んで往きます・・・
ストックが、第二関節まで楽に刺さります・・・
埋まる板を持ち上げて、ジグ切るのが容易で無くなり、ここを終了点とする・・・

板に座って、テルモス珈琲・サンドイッチで、軽く昼飯。
おにぎり2個は、遭難時の非常食として手を付けずに・・・
僅か10分位の休憩たが、寒く体が冷えて往くのが判る。

イメージ 18


さて、帰り仕度です。
今日の装備は、ハガーン1250gの山板にディナ・スピードターンの軽量ビン、
ガルモント1020g兼用靴、テムレス防寒ゴム手袋(この冬の山行は全てこれ)。
風を通さない・濡れない・滑り止め加工・暖かい・安い・先の八甲田縦走で、
風速25m以上でロープが止ったが、冷たさは感ぜず、外気温は-15℃超えと思う。
イメージ 19

登って来た尾根を、粉雪蹴散らして、ドド~~っと滑走・・・
イメージ 20

登りは必死で斜面を見てたので、気付かなかったが・・・ブナの枝先に〝熊棚〟発見。
イメージ 21

幹には熊の爪跡が・・・爪跡からすると、小熊ですねぇ・・・
イメージ 22
イメージ 23

アッと言う間に、車着です・・・

帰路、沢に出来たマシュマロ群・・・
イメージ 25

流れの緩い処は、凍結してます・・・
イメージ 24

往路 除排雪してた重機が前を走ってました。
この冬の路面は、例年に比べ波打(うねり)が多く、スピードを上手く合わせないとジャンプして大変!!!
イメージ 26

凍結した山瀬ダム湖の橋から、田代が綺麗に見えました。
イメージ 27


今日の偵察で・・・・思った事
取り付きの小沢の雪はいい感じ、渡渉も楽と思う。
直登尾根へのアプローチは・・・ショートの軽量板を使う。靴は登山靴。
尾根上は板を背負い、カンジキで高層湿原へ。ピッケルの有無は考慮の余地有り。
雪庇は昨冬に比べて目立つのは無し、尾根上の積雪は豊富。
高層湿原からは、天気次第で山頂へ・・・又は大広手左尾根をスキー下降。

厳冬期の2月末までには、天気を選んで踏破したいと思ってる。