4月17日 
 
今日は晴れ予報。              
イメージ 1


黒石から酸ヶ湯に抜ける山道の途中の、開拓部落からの北八甲田連峰。
                      田茂萢岳↓      赤倉岳↓ 井戸岳↓八甲田大岳↓ 
イメージ 2


凄い天気です・・・土日なら、山越えしてシャトルバスで帰りたいのですが、
平日なのでそれも叶わず・・・
開通したゴールドラインの睡蓮沼から登るつもりで、酸ヶ湯のゲートへ・・・
8時半に着いたがゲート開放は9時。


ゲート前の地獄沼。風向きにより強烈な硫黄臭が・・・
                       八甲田大岳↓            硫黄岳↓    
イメージ 3


9時にゲートが開き、睡蓮沼にスタート。
睡蓮沼の駐車スペースは、あっと言う間に満杯です。準備をし、9時半に出発。
睡蓮沼の台地を登ると、北八甲田の山々がドーンと見えます。

                     石倉岳↓    硫黄岳↓八甲田大岳↓ 小岳↓      高田大岳↓
イメージ 4


珍しく無風です。雪面は晴天の照り返しで、偏光グラスをしてても目がクラクラ・・
それに照り返しの暑さ・・・冬装備で来たので汗ダク、アウターの上を脱いで、
少しは楽に・・・

振り返っての南八甲田の山々                 
イメージ 5


硫黄岳の東面、手前の青森トド松には昨日凍り付いた霧氷が・・・
日差しに、バラバラ落ちてます・・・
イメージ 6


シールの効きはOKで、高度が稼げますが・・・汗ダグ・・・   
                       八甲田大岳↓         小岳↓    高田大岳↓
イメージ 7


硫黄岳の東斜面、一人直登してます・・・
イメージ 8


11時に、仙人岱避難小屋に着きました。
      八甲田大岳↓              小岳↓     
イメージ 9


小屋前の青森トド松も氷を纏ってます。
イメージ 10


仙人岱の避難小屋
イメージ 11


天気がいいので、小屋に入らず小屋前で一休み・・・さて、一服と・・・無い!!!
ポッケからザックの中を探しても・・・無し!!!
車に脱いだフリースに入れたまま・・・戦意喪失です・・・
少々早いが、飯を喰って腹ごしらえ。


ロッカー板が重く(片足ビン付き2キロ)大変だったが、この自作半シールで、
小屋下の急登を登れたのが何より嬉しい~~
イメージ 12


無いと為ると、無性に欲求が・・・即、車に戻る決断。

小屋から硫黄岳東斜面の中間を巻き、睡蓮沼に滑ります・・・
雪面には強烈な日差しで〝サン クラスト〟が出来てて、
ターン毎にサラサラ音を発して流れ降ります。

クラスト(英)の種類
日差しで出来た物=サン・クラスト。  風で固まった物=ウィンド・クラスト。
踏んでバリッと割れる物=ブレーカブル・クラスト。 フィルム・クラストは和製造語。
イメージ 13


振り返って・・・大分滑って来ました。
途中、兎がビックリして、飛び跳ねて往きます・・・
雪質は新雪と古雪のミックスですが、新雪も強烈な日差しで腐ってグズグズです。
板にもブレーキが掛からず快調。
イメージ 14


アッとの間で、睡蓮沼に到着。
イメージ 15


積雪量は、ほぼ平年通り。
イメージ 16


車に戻り、装備を解いて一休み。
時間も早いので、帰路 大川原温泉200円に寄る。
昼なので客は誰も居ない・・・水を出し放しにして温くして、気分爽快でした~
日焼けの顔はヒリヒリしましたが・・・


さて、明日からは雨模様、土日晴れてくれたらツァーコースに往けるのだが・・・