5月以来の山登り再開です。
汗を掻かない季節に為ったと・・・活動を再開したが、まだまだ暑かった(>_<)



11月2日

鳥海山・象潟口への、観光道路の冬季閉鎖が11月5日からです。
ここ数年は、道路閉鎖前に冠雪せずに、2015年以来往く機会が無し・・・
予報では3.4日と晴れ曇り、この晴れは逃せません。

今年は、閉鎖直前に3日程の寒波で、冠雪したとの知らせが有りました。
秋田市で市役所・法務局への用事も有り、朝食後に出発。
昼で用事も済ませて、いざ鳥海へ・・・

知り合いの写真家○籐氏が、御浜まで上がってて、夕方に合流する手筈。


鉾立からの〝稲倉岳〟と〝蟻の戸渡り〟、山頂は雲の中・・・    パノラマ画像
イメージ 1


日本海への落日
イメージ 2

観光道路は、夜間凍結の為夕方5時から翌朝8時の間は、閉鎖です。

ヘッ電を点けて、写真家○籐氏が降りて来るのが見えます・・・
酒宴の準備をして、久し振りの再会です~
上の雪が以外に有ると・・・

夜が更けるまで呑みました・・・


11月3日
4時半起床・・・少しフラフラ
5時過ぎに為っても7合目から上は、次々と南西から雲が流れて、見通し無し・・・
暫し様子見・・・8時に2合目ゲートが空き、登山客の車が上がって来ます。

身支度し8時半出発。
山荘の小屋番が、準備をしてた〝お嬢さん2人〟に、
この人達に着いて往けば大丈夫だからと・・・

見ると・・・スパッツ無し?? タイツに短パンのスタイルでした・・・おぃ夏か!!!
手袋も????の物  雪が出て来る辺りで、諦めて戻るだろうと・・・
〝賽の河原〟まで来ても、「メッチャ楽しい・雪 綺麗」等と・・・帰る気配無し。
酒が残ってるし・・・暑いし大汗です・・・
寒いと思い、ゴアのツナギを着て来てしまいました・・・サイドファスナー全開。


〝賽の河原〟上の斜面から・・・                 
イメージ 3


御浜〟に着く頃から山頂が見え始め・・・

〝御浜小屋〟からの山頂と〝鳥の海〟(噴火口池が凍ってる)
この後、雲の中に入りガスガスですが、休息後に彼女達が上に往きたいと・・・

                                
イメージ 4


写真家○籐氏も、駄目もとで〝扇子森〟から、山頂を狙って見るとの事・・・
それではと・・・進みます。


イメージ 5


〝扇子森1759m〟からの景色(A)
                    七高山↓ 新山↓    ↓荒神ヶ岳 ↓行者岳
イメージ 6


〝扇子森1759m〟からの景色(B)
               ↓外輪山    伏拝岳↓↓文殊ヶ岳
イメージ 7



扇子森1759m〟からの景色(A)+(B)              
イメージ 8


山頂(C)
               七高尾根↓                       ↓千蛇谷
イメージ 9


山頂(D)
イメージ 10


山頂(E)
イメージ 11


山頂(C)+(D)+(E)                       
イメージ 12



イメージ 13


山頂ズーム(A)
イメージ 14


山頂ズーム(B)
イメージ 15


山頂ズーム(A)+(B)                      
イメージ 16



写真家○藤氏の撮った画像
同じ場所からでも、手前に岩氷を入れたりして・・・迫力が違います・・・
イメージ 21


更にその場で粘る写真家氏を置いて、〝お嬢さん達〟と下山・・・
スパッツが無いので、靴は雪だらけ・・・
降りは、滑って転ぶは・凹部に嵌ったり・・・それでも楽しそうでした・・・
聞くと、地元で小学4年から中学3年まで、夏に6回も登頂したとか・・・

彼女達曰く、装備を買わなくては・・・
怪我もさせずに、降りて来れました。


展望台傍からの鳥海
イメージ 17


夕方の画像、ナナカマドの実越しに・・・
イメージ 18



写真家氏の撮った画像
イメージ 22



夕方に、山形在住の写真家〝○山氏〟が登場!!!
何年振りかで再会です・・・帰る予定を変更させて、飲み会に誘いました・・・
78歳だとか・・・上にはカメラを背負って登れないが、ここは気に入ってると・・・
夜又3人で、山談義して又深酒・・・夜は、満天の星空でした~



11月4日

夜明けはガスガスで、8時過ぎからの鳥海。            
イメージ 19


イメージ 20


今回 感じた事・・・
前回山登りしたのは、5月・・・以来、山を離れてました・・・
二日酔いが有ったものの・・・体力低下は確実・・・何とかしなくては、
森吉山・八甲田も歩けないかも・・・