11月11日

戻り鰤ジギング2回目に往って来ました。 
結果は〝全打席・空振り三振〟。

10月21日の戻り鰤釣り①で、
釣れない原因を〝潮汐〟の差が少なく、潮の動きが悪いからないかと考えて、
過去の釣果とその日の潮汐を拾って見ました・・・それが潮汐表と釣果の関係です。

11日の潮汐表は、こんな状態でした。
イメージ 38
釣行中 潮が動くので、いいと思ってたのですが・・・

低気圧通過の余波で、北西風と大ウネリが有るものの、晴れて釣行日和でしたが、
11人乗船中釣果が有ったのは3人のみ・・・(スピニング1人・電動2人)

ジグも此処で実績が有る3種(色・形状・重さ)を交互に使って、
シャクリも強弱を付け、何時もの様に・・・(電動ですが・・・)
沖上がりまでの間〝カスリ〟もしませんでした・・・(自信喪失です・・・)

10月21日以降、この天然漁礁では、其れ為りの釣果は出てるのに・・・
帰路色々考えながら来ましたが、
①低気圧通過の荒れで、群れが南下してしまったから・・・(次の群れ到着まで空)
②平年より海水温(100mライン)が2℃高いからか・・・
③船長曰く、魚探の反応は有るが・・・(なぜジグを追わない・・・)
④魚が口を使わないのは、何故か??? 急激な水温低下?

当日は、ウネリが予想されて小型船は出れず・・・テリ場には我らのみ。
穏やかなら10~15隻が居て賑やかな漁礁たが・・・


釣れなかったので、帰路の海の様子を・・・キャタピラーエンジンの推力
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


今朝は、これから潮を被った道具の水洗いです・・・


次回は12月9日の予定ですが・・・自信を無くしてます・・・
メタルジグアングラーの方、こんな日の対処法、御教授宜しくです。